ドラマ・ハコヅメのネタバレ!原作者やあらすじ、キャスト、登場人物のまとめ

日テレの7月期の新水曜ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』は2021年7月7日(水)よる10時から放送予定です。主演は戸田恵梨香さんと永野芽郁さんのW主演!
この記事では、ドラマのあらすじや登場人物、原作者の泰三子さんについてお伝えします。



ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜の原作は?

 

https://twitter.com/morningmanga/status/1400950359791603714

2021年7月7日からスタートする、日テレ水曜ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』は、漫画家・泰三子さんが描いた『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』が原作になっています。

泰三子さんとはいったいどのような方なのでしょうか?wikiプロフィールをまとめてみました。

泰三子プロフィール wiki

泰三子(やす みこ)

職業:漫画家
活動期間:2017年
ジャンル:青年漫画
代表作:『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』
受賞:第66回小学館漫画賞、一般向け部門『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』

原作者の泰さんは、県警に10年間勤務した後、2017年に漫画家としてデビューするという異色の経歴の持ち主。

警察官をやめて漫画家になった動機については、漫画家になりたかったのではなく、警察のことをもっと知って欲しかったからだそう。

県警に勤務していた頃は、交番勤務や防犯の広報などを行なっていました。また、似顔絵捜査官をしていたため人間の顔を描くことが得意で、愛読漫画「聖☆おにいさん」を参考にして漫画を描いているそうです。

1ページ漫画の「交番女子」が掲載され話題となった『モーニング』誌上で、2017年11月より『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』の連載を開始。

この作品は、女性警察官であった自身の自身の経験をもとにしたものです。

2019年『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』が漫道コバヤシ漫画大賞グランプリを受賞。

2021年に第66回小学館漫画賞一般向け部門を受賞し、第45回講談社漫画賞総合部門にもノミネートされました。

現在も『モーニング』で連載中の人気漫画です。

秦さんは、今まで漫画を描いたことはなく、この作品は警察をやめて漫画家に転身してから初めて描いたものだそう。

いきなり『モーニング』で週刊掲載されるとは、ちょっと信じられないようなサクセスストーリーですよね〜!

しかも、警察官という安定した仕事をやめてから漫画を描き始めるなんて驚きです!

この作品がドラマ化されるにあたって、泰さんがコメントを寄せていますのでご紹介します。


原作者・泰三子さんのコメント

10年後の新任警察官に、「ここまでひどくねぇわ」と鼻で笑われる作品にしたくて、下手な漫画を描いてきました。
ドラマの企画をいただいた時は、「泥臭い原作に対して豪華俳優陣すぎる・・」と、正直とても不安でしたが、女性プロデューサーさんが、「大丈夫です!」とほほ笑んで、ガッツポーズをしてくれたので、「テレビのフィルターで原作の泥をきれいにしてくれるのか!」と安心しました。
先日、1 話目の脚本を拝読し、あの愛らしいガッツポーズが、「豪華俳優陣を泥まみれにする」方の意味だった事に気づき、大変驚愕しております。
働く人々への敬意と、制作陣の愛と熱意が溢れる、ちょっと変わった警察ドラマをどうぞお楽しみください。



ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜のあらすじについて

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』のあらすじについてお伝えします。

安定した収入を求めて警察官になった新米刑事の川合麻依(永野芽郁)。
街の住人たちのために懸命に働いているはずなのに全く感謝もされず、ただただハードな毎日の交番勤務。川井は身も心もボロボロになり、ついに辞表を出そうとしますが・・・

そんな追い詰められた精神状態の川合の前に現れたのが、刑事課のもとエース刑事・藤聖子(戸田恵梨香)。藤はパワハラが原因で、この街の交番勤務に移動させられたというが・・・。
この出会いが川井と藤の人生を大きく動かすことに。

突然ペアを組むことになった2人が、お互いに支え助け合いながら事件を解決していきます。
また、恋愛には全く無縁な二人ですが、時には恋にも奮闘する!?凸凹交番女子ペア!

やがて、藤が交番に来た本当の理由がしだいに明らかになっていきます・・・

ワケありの元エース刑事と天然新人刑事の最強ペアが繰り広げる、「お巡りさんの仕事って、本当にこんななの〜!?」と思わせるような、やけにリアルな交番エンターテインメントです!

 



ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜のキャスト・登場人物は?

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』の主演を演じるのは、戸田恵梨香さんと永野芽郁さん。
今回W主演を務める二人は、本作品がドラマ初共演だそう。他にも豪華キャストがこのドラマに集結!ドラマに出演するキャスト・登場人物についてお伝えします。

<キャスト・登場人物>

戸田恵梨香・藤聖子(30)

あることがきっかけで地域課に移動になり、町山交番勤務を命ぜられた、もとエース刑事。警察学校を首席で卒業するという極めて優秀な刑事で、その性格は思ったことは忖度なしではっきりいうサバサバした女性。仕事は優秀だが、実は寂しがりやで男心がわからず、恋愛下手な一面を持つ。

永野芽郁・川井麻依(20)

地域課の警察官として町山交番に配属になった新任警察官。自分では気づいていないが、かなりの天然で、その場の空気を読まず自分の意見をバシッといってしまうことも。料理が苦手でファッションにも疎い。少女漫画で恋愛の勉強をしているが、それを活かす機会に今まで一度も恵まれたことはない。

三浦翔平・源誠二(30)

捜査一係の刑事。ふだんは山田とペアを組んでいる。藤とは警察学校の同期で、優秀な藤とは対照的に成績はビリ。地域住人からも広く慕われており、誰からも好かれる存在。また、被疑者を “落とす” 能力は署内ピカイチで「取り調べの天才」と異名を持つ。藤を唯一「聖子ちゃん」と呼び親しそうだが、実は二人は警察官としての反りが合わず、嫌味を言い合い口喧嘩ばかりしている。しかし、誰よりも藤のことをフォローし支えている。

山田裕貴・山田武志(29)

捜査一係の刑事。源とペアを組んでいる。警察学校では藤と源の一期後輩。警察学校の頃から二人にしごかれ、今なお都合よく使われている。正義感が強く、真面目で努力家だが、優秀な先輩二人に “凡人コンプレックス” を抱いている。ふだんは藤と源のいざこざを仲裁し、いざという時には二人をうまく誘導して事件を解決に導くなど機転を利かせることもあり、先輩二人の潤滑油的な役割を果たしている。

西野七瀬・牧高美和(27)

捜査一課、紅一点の刑事。「新撰組オタク」から警察官を目指したというちょっと変わったところがある。頭は良いが、運動神経は壊滅的な鈍さ。仕事に対しての責任感が強く、他の同僚たちからも認められている。

平山祐介・北条保(48)

捜査一係の係長。強面で物言いも強く、見た目はかなり怖いが実は部下想いで優しい。常に怒鳴り散らしているのも部下を守るためで、無理しすぎるところがある。子だくさんで机に子供たちの写真を飾る子煩悩な一面を持つ。

千原せいじ・吉野正義(51)

警察署の副署長。機動隊出身で柔道の猛者。副署長でありながら、様々な訓練の講師もしており、上からの圧力と下からのワガママに挟まれて悩んでいる中間管理職。

ムロツヨシ・伊賀崎秀一(46)

町山交番の所長で藤と河合の直属の上司。部下からは「ハコ長」と呼ばれている。いつものらりくらりと、とにかく楽に仕事をすることを第一優先に考えている。ふだんは人の良いおじさんに見えるが、藤や河合のことをさりげなくフォローし、誰よりも見守っている存在。「最小限かつ無難に仕事をこなすため」と署内の未解決事件は全て頭に入っている。

 



ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜 のまとめ

ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』は漫画家・泰三子さんの原作マンガをドラマ化したものです。

原作者の泰三子さんは元警察官から漫画家に転職するという異色の経歴の持ち主!

このドラマはごくありふれた日常で怒った事故や事件に、ごく普通の女性警察官が喜怒哀楽といった人間の感情をあらわにしながら立ち向かっていくという実体験を元にした物語になっています。

戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが、W主演を務めます!

2021年7月7日からいよいよスタートです〜。どうぞお楽しみに〜〜!



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました