100万回言えばよかった1話の感想と考察!口コミや評判、視聴率は?

2023年のドラマ

TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』第1話の感想と考察、口コミ評価や評判、視聴率も合わせてご紹介!
この記事ではドラマ『100万回言えばよかった』第1話放送後に、ネタバレあらすじ、感想と考察、SNSの口コミ評価や評判、視聴率についてお伝えします。



100万回言えばよかった1話のネタバレあらすじ

100万回言えばよかった1話のあらすじ

TBS金曜ドラマ『100万回言えば良かった』第1話のあらすじは、番組ホームページより引用してお伝えします。

第1話 「出会いと別れのハンバーグ」

幼馴染でお互いを運命の相手だと確信していた相馬悠依(井上真央)と鳥野直木(佐藤健)。

悠依にプロポーズしようと決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれてしまう。

最愛の人が突然姿を消した悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す中、悠依は刑事・魚住譲(松山ケンイチ)と出会う。

後日、譲は街中で直木の姿を見つけて話しかけるが、なんと直木は幽霊の姿となっていたのだった…。

直木は、自身の存在を唯一認識できる譲に、自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼むが…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/100ie_tbs/story/

☆TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』の原作や脚本、キャスト・相関図についてはこちらの記事にまとめていますので、ぜひご覧ください!

100万回言えばよかった原作は漫画や韓国ドラマ?脚本やあらすじは?
ドラマ『100万回言えばよかった』は、井上真央さん主演のファンタジーラブストーリー。 原作は漫画や韓国ドラマ?脚本やあらすじも気になります。 記事では『100万回言えば良かった』の原作は漫画や韓国ドラマなのか?脚本やネタバレあらすじ、キ...

 

100万回言えば良かった1話のネタバレ

相馬悠依(井上真央)は中学生のころ、家庭の事情で里親に預けられた。
その時、同じく里親のもとで暮らしていた鳥野直木(佐藤健)と出会う。

物怖じせず、素直に言葉にする悠依と、口数は少ないが思いやりのある直木。
2人はすぐに打ち解けた。

その後、高校に進学するため、悠依は母親と仙台へ。
直木は進学校で寮生活を送ることに。

 

やがて時は流れ、20年後・・・。
美容室ミーレの店長として働く悠依は、ランチに訪れた洋食店で偶然にも直木と再会する。
直木は洋食店・ハチドリのシェフとなっていた。

運命の再会から2年が経ち、すでに恋人同士となった2人は、何気ない日々を過ごしていた。
そんなある日、直木の部屋で彼の帰りを待っているが、いつまで待っても帰ってこない。

この日は悠依の33回目の誕生日。彼女にとっては特別な日だった。
仕事を休んでおめかししたのは、プロポーズの言葉を期待してたから・・・。

すると突然、直木が現れ、いつの間にか眠ってしまっていたという。
冷蔵庫には一緒に食べるはずだった、直木が作ったハンバーグとプリン。
何度も謝る直木だったが、明日仕事があるからと帰ってしまう。
どうやら、悠依には彼の声は届いていないよう・・・。

その後、3日が過ぎても直木は行方知れずのままだった。
心配した悠依が、警察に行方不明者の届け出をするも、大人の場合は自分の意思でいなくなった可能性がある。何かなければ動けないと言われる。

 

一方、直木は自分の身に起きたことが理解できずにいた。
他人には自分の姿が見えないらしく、話ができる人を探し回っていた。

するとそこへ、先浜警察署の刑事・魚住譲(松山ケンイチ)が通りかかる。
直木は事情を説明し、自分に変わって悠依に伝えて欲しいと頼み込んだ。

ところが、譲自身も霊となった直木の姿が、突然見えるようになり混乱していた。
譲の実家は寺で、代々霊が見える家系だったのだ。

姉・叶恵(平岩紙)の話では、今になってその能力が開花したのだろう。
修行だと思って助けてやりなさいと諭される。

 

譲は悠依のもとを訪れ、直木が隣にいることを伝えるが、当然信じてもらえるはずもない。

ファミレスに場所を変え再び説得するが、悠依はあきれ顔で、きっとふられたんだろうと言って席を立つ。

帰ろうとする悠依に「直木が “白いねこ” と伝えて欲しいと言っている」と話すと、悠依は少し驚いたようすだったが、そのまま店を出て行った。

白いねこは、悠依が大好きな絵本「100万回生きたねこ」に登場するキャラクターだった。


どうすれば自分の存在を悠依に伝えることができるのか?
考えた末に直木が思いついたのは、ハンバーグを食べてもらうこと。

ハンバーグは悠依が初めて里親のところに来た日に、直木が作った夕飯のメニューで、美味しいととても喜んでくれた。

そして、20年後に悠依が洋食店で食べた懐かしい味に、あの時のハンバーグ!と気づいたことで2人は運命の再会を果たす。

その後、悠依の誕生日には、バカの一つ覚えと言って直木がハンバーグを作り、いっしょに食べるのがお決まり。

2人にとっては想い出のハンバーグだった。


直木は譲の身体を借りて、悠依の大好きなハンバーグとプリンを作った。

譲は直木が自分に憑依して作ったものだと説明し、味はどうですかと尋ねる。

すると悠依は、塩っぱいプリンの味で、直木が作ったものだと確信する。

去年の誕生日に、直木が入れ間違えた塩っぱいプリンを食べたから。

直木の姿は見えず、声も聞こえないが、直木が側にいてくれていることを感じる悠依。

しかしそれは、彼の死を意味すると涙ぐむ・・・。


数日後、西山町女性絞殺事件を捜査していた譲は、録画された監視カメラに写る直木の姿を目にする!?

 



100万回言えば良かった1話の感想と考察

100万回言えばよかった1話の感想

何とも切ないラブストーリーですね。
ハンバーグに秘められた、2人だけの大切な想い出・・・。
初回から涙腺崩壊です。

幼なじみの悠依(井上真央)と直木(佐藤健)が運命の再会を果たし、恋人同士になっていく様子はとても自然で好感がもてます。ラブラブなシーンも爽やかで素敵ですよね。

そして、2人の間を取り持つことになった譲(松山ケンイチ)の存在が飄々として、これまたいいキャラなんですよね〜。

さすが、演技派の俳優陣が揃ったという感じで、見応えがあります。
今後の展開に目が離せませんね!

私的には、真央ちゃんが恋愛ドラマに帰ってきてくれたことが、何より嬉しい!!

 

100万回言えばよかった1話の考察

第1話の最大のナゾは、直木はなぜ突然姿を消したのか?

霊能力がある譲の姉・叶恵(平岩紙)によると、おそらく直木はすでに亡くなっている。
しかもそのことを自覚しておらず、この世をさまよっていると。

直木自身も悠依の誕生日にプロポーズするつもりだったのに、なぜか眠ってしまったようで記憶がないと話していました。

直木は死んでしまったのか?意識不明の状態で幽体離脱している可能性もありますよね?

1話のラストで、譲が捜査している女性絞殺事件に、直木が関係しているような意味深なシーンはいったいどういうことなのか?

やはり、直木は事故か事件に巻き込まれた可能性が高いようですね。

さらに、度々直樹と遭遇する謎の男(板倉俊之)が怪しすぎる!(笑)



100万回言えばよかった1話の口コミや評判は?

100万回言えばよかった第1話に寄せられた口コミや評判について、ご紹介します。

ツイッターの口コミや評価は、ほとんどの皆さんは高評価をしているようです。

井上真央さんをはじめ、キャスト陣の演技力が素晴らしい。
とても感動して涙したという感想が多かったようです。

ハンバーグがめっちゃ美味しそう!という感想もあちこちで上がっていましたよ〜♪

私も、ドラマに感動しながら、ハンバーグ食べたいっ!って思いましたもん(笑)


100万回言えば良かった1話の視聴率は?

TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』の視聴率についてお伝えします。

第1話7.4%
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
最終回

 

 



☆第2話、続きはこちらからどうぞ〜〜。

100万回言えばよかった2話の感想と考察!口コミや評判、視聴率は?
TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』第2話の感想と考察、口コミ評価や評判、視聴率も合わせてご紹介! この記事ではドラマ『100万回言えばよかった』第2話放送後に、ネタバレあらすじ、感想と考察、SNSの口コミ評価や評判、視聴率につい...

☆TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』視聴後のネタバレあらすじや感想・考察などをイッキ見したい方はこちらからどうぞ〜!

100万回言えばよかった感想とネタバレあらすじ!最終回結末まで全話まとめ
2023年1月スタートのTBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』は、主演の井上真央さんに佐藤健さん、松山ケンイチさんが共演するファンタジーラブストーリ! 記事ではドラマ『100万回言えばよかった』の感想とネタバレやあらすじを最終回の結...

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました