100万回言えばよかった原作は漫画や韓国ドラマ?脚本やあらすじは?

2023年のドラマ

ドラマ『100万回言えばよかった』は、井上真央さん主演のファンタジーラブストーリー。
原作は漫画や韓国ドラマ?脚本やあらすじも気になります。
記事では『100万回言えば良かった』の原作は漫画や韓国ドラマなのか?脚本やネタバレあらすじ、キャスト・相関図をまとめてみました。



100万回言えばよかったに原作はある?原作は漫画や韓国ドラマ?

100万回言えばよかったの原作は漫画や韓国ドラマ?

2023年1月にスタートするTBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』に原作はあるのでしょうか?

ドラマの原作は漫画や小説?それとも韓国ドラマのリメイクなのでしょうか?

実は、このドラマ『100万回言えば良かった』に原作はありません。

脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナルドラマです。

原作がない分、ストーリーを考察していく楽しみもありますよね〜♪

 

100万回言えばよかったの原作が話題に!

ドラマ『100万回言えばよかった』は、主演の井上真央さんに、佐藤健さんと松山ケンイチさんが共演するファンタジーラブストーリーということで話題となっています!

豪華出演者の共演にどのような物語なのか?ドラマの原作に注目が集まっているようですね〜。

しかも、2023年1月期のTBSの金曜ドラマ枠で、安達奈緒子さんが脚本を手がけるいうことで、さらに期待も高まりますよね!

脚本家・安達奈緒子さんについては、次の章で詳しくご紹介します!

 

 



100万回言えばよかったの脚本は安達奈緒子!

先ほどお伝えしましたが、ドラマ『100万回言えばよかった』は脚本家・安達奈緒子さんが手がける完全オリジナル作品です。

安達奈緒子さん脚本ドラマと言えば、2021年前期のNHK朝ドラ『おかえりモネ』が大ヒットし、話題となりました。

ほかにも、皆さんがご存知のテレビドラマも数多く手がけています。

そんな人気脚本家・安達奈緒子さんの経歴プロフィールや代表作品について、記事にまとめていますのでどうぞご覧ください!

安達奈緒子(脚本家)高校大学、学歴は?年齢や夫・子供、代表作まとめ
NHK朝ドラ『おかえりモネ』の脚本家・安達奈緒子さん。2023年1月から放送の井上真央さん主演のドラマ『100万回言えばよかった』を手がけることで話題になっています。 脚本家・安達奈緒子さんとはどのような方なのでしょうか? 今回は安達奈...



100万回言えばよかったのあらすじや見どころは?

100万回言えばよかったのあらすじは?

TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』はどんな話なのでしょうか?ネタバレあらすじや内容については、番組ホームページより引用してお伝えします。

幼馴染だったが、大人になってから偶然再会し、改めてお互いを運命の相手だと確信した相馬悠依(井上真央)と鳥野直木(佐藤健)。

運命のいたずらなのか・・・悠依にプロポーズしようと心に決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれ突然悠依の前から姿を消してしまう。

悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す悠依だったが、実は直木は自分が死んだとわからないまま魂となって現世をさまよい続けていた。

自分の声が悠依に届かず、何かがおかしいと不安を感じている彼の前に現れたのは、唯一直木の存在を認識できる刑事の魚住譲(松山ケンイチ)。

直木は譲に、自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼むのだが・・・。

一番愛している人にきちんと「ありがとう、さようなら、愛している・・・」を言えないまま別れることになってしまった直木は、その“思い残し”を果たすことができるのか・・・。

(引用元)https://www.tbs.co.jp/100ie_tbs/archive/20221117/

100万回言えばよかったドラマの見どころは?

愛する人を突然亡くし、事実を受け入れられない主人公・悠依(井上真央)と、プロポーズを決めた矢先、想いを伝えることができないままこの世を去ってしまった恋人・直木(佐藤健)。
そして、何の因果か、そんな2人の間をとりもつことになった刑事・譲(松山ケンイチ)・・・。

まるで、映画『ゴースト〜ニューヨークの幻〜』のパクリ?なんて声も聞こえてきそうな感じですよね!?

映画『ゴースト』は、暴漢によって命を奪われた男性が、幽霊となって霊媒師を通じて恋人を守るというストーリーでした。

当時は世界的に大ヒットし、日本でも大きな話題となりましたよね〜。

確かに、『ゴースト』の内容と似ているところもありますが、本作『100万回言えばよかった』は、愛する人との日常が当たり前と思っていても、それは決して当たり前ではない。

その当たり前がどんなに愛おしくて、かけがえのないものなのか?

当たり前の日常に感謝し、愛する人に今の気持ちを精一杯伝えることの大切を改めて感じさせてくれる、そんなファンタジーラブストーリーとなっています。



100万回言えばよかったのキャスト・相関図は?

100万回言えばよかったのキャスト・スタッフ一覧

<キャスト>

相馬悠依:井上真央
鳥野直木:佐藤健
魚住譲:松山ケンイチ

ソン・ハヨン:シム・ウンギョン
樋口昌通:板倉俊之(インパルス)
田島宏一:少路勇介
村中望海:穂志千尋
広田美貴子:桜一花
広田勝:春風亭昇太
池澤英介:荒川良々
魚住叶恵:平岩紙

☆脳神経内科医のソン・ハヨン役で出演するシム・ウンギョンさんについて、こちらの記事でご紹介しています。よかったら覗いてみてくださいね〜!

シムウンギョン日本語や歌が上手いのはなぜ?日本に来た理由は?
子役時代から韓国ドラマで活躍していた女優のシムウンギョン さん。 最近は日本のドラマや映画に出演し、日本語や歌が上手いと評判です! そんなシムウンギョンさんが日本に来た理由とは、なぜでしょうか? 記事ではシムウンギョンさんが日本になぜ...
シムウンギョンはイモトに似てる?画像で比較!他にもそっくり芸能人が!?
韓国で子役デビューし、絶大なる人気を得た女優のシムウンギョンさん。 日本でも活躍中のシム・ウンギョンさんですが、お笑いのイモトに似てる!と話題になっています。 そっくりな芸能人はほかにも!? 今回はシム・ウンギョンさんはイモトに似てる...

<スタッフ>

脚本:安達奈緒子
プロデューサー:磯山晶、杉田彩佳
演出:金子文紀、山室大輔、古林淳太郎
編成:中西真央、吉藤芽衣
政策:TBSスパークル、TBS

100万回言えばよかったのキャスト 相馬悠依:井上真央

相馬悠依(そうま ゆい):井上真央

主人公。有名美容院の系列店の店長。
中学生時代、家庭の事情で里親に預けられた過去がある。
その頃に、運命の相手・直木と出会う。

井上真央(いのうえ まお)さんはTBS連続ドラマで主演を務めるのは、2005年に放送のドラマ『花より男子』以来、実に16年ぶりになります。花男♡懐かしいですね〜!

子役時代から多くのドラマに出演し、人気女優として活躍してきた井上真央さん。

花より男子が大ヒットして以降、出演するドラマを厳選していたのか?あまりドラマでお見かけしなかったように感じていました。

それでも、最近はドラマ『少年寅次郎』(NHK)や『二月の勝者–絶対合格の教室–』(日本テレビ)に出演し、改めて演技力の高い女優さんだなと思っていました。

本作は大人のラブ・ストーリーということで、期待していますよ〜!

100万回言えばよかったのキャスト 鳥野直木:佐藤健

鳥野直木(とりの なおき):佐藤健

料理人。
大人になり再会した運命の人・悠依にプロポーズを決意した矢先、
不可解な事件に巻き込まれ亡くなる。
思いが伝えられなかった「思い残し」から幽霊となって現世をさまよう。

佐藤健(さとう たける)さんといえば、2020年に放送のドラマ『恋はつづくよどこまでも』が大ヒットし話題となりましたよね〜!

恋つづは、胸キュンのラブストーリーで、佐藤健さんが演じた毒舌でドSなドクターキャラが人気を博しました。

本作では突然事件に巻き込まれ、死んだ記憶がないままこの世をさまよう幽霊ということで、ちょっと変わった役どころですね。

どんな新しいラブ・ストーリーを演じてくれるのか?期待が高まります!

100万回言えばよかったのキャスト 魚住譲:松山ケンイチ

魚住譲(うおずみ ゆずる):松山ケンイチ

刑事。
実家は千年続く寺で、代々霊媒の家系。
とある事件を追っているうちにその才能が開花し、現世をさまよう直木の霊と
コンタクトできるようになる。

映画をメインに活躍している松山ケンイチさんですが、最近ではドラマ『聖☆おにいさん』(NHK)や『日本沈没–希望のひと–』(TBS)に出演していました。

時代劇からホームドラマ、刑事ドラマにSF、コメディと、あまり一貫した役柄のイメージがないように感じます。

それもそのはず。作品ごとの役柄をガラリと変えてしまうことから「カメレオン俳優」「憑依型俳優」と称され、日本のジョニー・デップといわれたこともあるそう!

本作ではどんなくせ者を演じてくれるのか?楽しみです。

 

100万回言えばよかったの相関図は?

TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』の登場人物・相関図については、ごちらをご覧ください。



100万回言えばよかった原作は漫画や韓国ドラマ?脚本やあらすじは?のまとめ

いかがだったでしょうか?

記事では、TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』の原作や脚本、ドラマのあらすじやキャスト・相関図についてお伝えしました。

簡単にまとめてみると、このドラマ『100万回言えばよかった』の原作は漫画や韓国ドラマ、小説ではありません。

脚本家・安達奈緒子さんが手がける完全オリジナル作品です。

ドラマのあらすじは、突然、運命の相手を失った主人公・相馬悠依(井上真央)と、その彼女に思い残しがあるためこの世をさまよう幽霊となった彼氏・鳥野直木(佐藤健)。

そして、なぜか2人の間を取り持つことになる刑事・魚住譲(松山ケンイチ)。

数奇な運命に翻弄されながらも、奇跡を起こそうとする3人の姿を描いた物語です。

切なくて温かい、ファンタジー・ラブストーリーにどうぞご期待ください!

☆TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』視聴後のネタバレあらすじについては、最終回結末まで全話、こちらにまとめています。こちらもぜひご覧ください!

100万回言えばよかった感想とネタバレあらすじ!最終回結末まで全話まとめ
2023年1月スタートのTBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』は、主演の井上真央さんに佐藤健さん、松山ケンイチさんが共演するファンタジーラブストーリ! 記事ではドラマ『100万回言えばよかった』の感想とネタバレやあらすじを最終回の結...

☆2023年1月期は、TBS金曜ドラマ『100万回言えばよかった』のような恋愛ドラマをはじめ、ヒューマンドラマ、医療ドラマに刑事ドラマにといった定番のものから、毎年話題になる大河ドラマなど、期待される作品ばかりです!

こちらの記事にまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね〜♪

2023年冬ドラマのおすすめは?1月スタート新ドラマ情報まとめ!
2023年(冬ドラマ)1月からスタートの新ドラマが続々登場しています!人気漫画やベストセラー小説が原作のドラマや新進気鋭の脚本家が手がけるオリジナルドラマ、人気俳優が主演の話題のドラマなど目白押し! この記事では2023年(冬ドラマ)1月...



コメント

タイトルとURLをコピーしました