アトムの童(こ)8話のネタバレ感想とあらすじ〜那由他は特許を守れるか!?

2022年のドラマ

TBS日曜劇場『アトムの童(こ)』第8話は、那由他(山崎賢人)はアトムの童の特許を取り戻すため、興津(オダギリジョー)に協力することに。一方、隼人は一人でシアトルに向かうと決め、またしても2人は決別してしまう・・・!?
この記事ではドラマ『アトムの童』第8話のあらすじやネタバレ感想をお伝えします。



アトムの童8話のあらすじ

TBS日曜劇場『アトムの童』第8話のあらすじについては、番組ホームページより引用してお伝えします。

第8話「最終章・前編〜アトムロイド奪還計画」

「宮沢ファミリーオフィス」による「SAGAS」の買収問題が浮上する中、「アトムの童」の技術を取り返すためにも、宿敵・興津(オダギリジョー)のもとでゲーム開発をすることを決めた那由他(山﨑賢人)。

隼人(松下洸平)は一人シアトルへ向かうことを決め、二人の溝は深まり、決別することとなった。

「SAGAS」の経営存続を賭けた株主総会までに、新作ゲームの開発に取り組む那由他だが、期日が迫る中、アイデアが浮かばず行きづまってしまう。

不利な状況を察した興津は、最後の頼みの綱である、ある男(山﨑努)の元へ向かうが…。
そんな中、運命の株主総会が開幕する。

引用元:https://www.tbs.co.jp/atomnoko_tbs/story/

次のステージに向け、アトムの童を退社しシアトル行きを決意していた那由他(山崎賢人)と隼人(松下洸平)。

ところが、SAGASが宮沢ファミリーオフィスに乗っ取られそうになり、那由他は「アトムロイド」の特許を守るため、興津(オダギリジョー)に協力することに。

一方、隼人は宿敵である興津に協力はできないと、またしても那由他と決別してしまう・・・!?

はたして、那由他はアトムロイドの技術を取り戻し、アトムの童に恩返しすることができるのでしょうか?

いよいよラストに向け、最後の戦いが始まるようですね〜!!

TBS日曜劇場『アトムの童』第8話は、2022年12月4日(日)よる9時放送予定です。

どうぞお楽しみに〜〜!!

☆第7話の振り返りは、こちらからどうぞ〜。

アトムの童(こ)7話のネタバレ感想とあらすじ〜コンビはついに決別へ!?
ドラマ『アトムの童(こ)』第7話は、アトム玩具は「アトムの童」に社名を変更し、新たにスタートする。そんな中、大企業SAGASUに買収のピンチが迫っていた。興津(オダギリジョー)は那由他(山崎賢人)たちのもとを訪れて・・・。 この記事ではド...

 



アトムの童8話のネタバレと感想

アトムの童8話のネタバレ

新会社「アトムの童」を離れ、シアトルに行くことを決めた安積那由他(山崎賢人)と菅生隼人(松下洸平)。

しかし、アトムの特許技術である「アトムロイド」を返すというSAGASの興津晃彦(オダギリジョー)の言葉を信じた那由他は、SAGASでのゲーム制作に参加する道を選んだ。

返却の条件として興津が提示したのが、2週間後に控えた株主総会でのデモゲームの発表。

「アトムロイド」を使ったゲームの開発を進める那由他たち、SAGASのゲーム開発メンバーだったが、その進捗は思わしくないまま、時間だけが過ぎていくのだった。

 

そんな矢先、技術の市場開放のためSAGASの買収をすすめる投資会社「宮沢ファミリーオフィス」は、SAGASに対して「プロキシーファイト」を仕掛けた。

「プロキシーファイト」とは、株主総会における議決権行使の委任状争奪戦のことで、会社の経営陣に対して不満がある際に株主が行使できるもの。

今回、ファミリーオフィスはSAGASに対して、経営陣の退任を求めたのだ。

委任状を集めて回るSAGASだが、ファミリーオフィスに一歩及ばず、雲行きは怪しい。

この戦いに勝つためのカギを握るのが、SAGASの株式を8%を所有する伊原総一郎(山崎努)。

伊原の選択によって風向きが変わると読んだ興津は、さっそく小山田(皆川猿時)を使って伊原と会う約束を取り付けるよう、指示をした。

一方、ティムと共にシアトルに向かう飛行機を待つ隼人。

搭乗に向かう隼人の元に現れた背広の男性は、隼人にある人物に会って欲しいという。

彼に連れられて向かったのは、伊原の自宅。

実は、「アトムの童」再建の資金となったシリアスゲームを買ってくれたのが伊原であり、隼人に目をかけている人物だったのだ。

それを聞きつけたファミリーオフィスが、パイプ役として隼人に伊原との間を取り持つよう依頼したのだった。

SAGASがある限り、自由にゲームを作れないと考えた隼人は、その依頼を受けSAGASをゲーム業界から追放する手伝いをすることに。

隼人が伊原の自宅を訪ねると、出てきた興津と鉢合わせる。隼人がファミリーオフィス側についたことを悟った興津は、那由他を呼び出し、隼人と連絡を取らないよう忠告した。


ゲームに行き詰っている那由他は、原点であるあのアパートで打開策に頭を捻っていた。

すると、そこに現れたのは興津。

文句や要望ばかりの興津にイラつく那由他だったが、興津は一緒にゲームをしながら本心を語り始める。

那由他側からすれば、自分たちのゲームを奪った相手かもしれないが、興津は那由他のゲームに惚れたから守りたいと思ったのだという。

興津が一番大切にしていたのは、日本の技術を海外から守ることだったのだ。

那由他に話すことで初心を思い出した興津は、翌日、伊原の元を訪ねてその想いを伝えた。


その頃、那由他は富永海(岸井ゆきの)らがいる「アトムの童」の事務所を訪ねていた。

複雑な感情を向けるメンバーたちに、那由他は興津が技術を守りたいという想いは本当だと思うと告げ、再度協力を求めた。

 

後日、会長の富永繁雄(風間杜夫)は正式に断るためSAGASを訪れる。

繁雄は画面で動く「アトムロイド」のキャラクターを目にすると、あまりの稚拙さにしびれを切らし、キャラクターとしての動きのコツや見せ方を伝授し始めたのだった。

「アトムの童」のメンバーはジオラマやキャラクターの技術を伝授し、ゲーム制作は一気に加速していった。

そして迎えた株主総会の日。

結局、伊原の委任状はファミリーオフィスに渡ってしまい、SAGAS存続のためには総会に出席した全員の委任状を獲得しなければならなくなった。

当日プレゼンを務めるのは、那由他と海。

気を引き締めて会場へ向かう興津率いるSAGASメンバーだったが、その前に立ちはだかったのは警察だった。

連行されて興津不在のまま始まった総会に、株主は激怒。

静まらない会場で、まっすぐ手をあげたファミリーオフィス社長の宮沢沙織(麻生祐未)。もはや総会は必要なくこの場で決議をとるべきだと発言すると、一気に賛同の声があがった。

舞台袖からその様子を見ていた那由他は、静かにステージの真ん中に立ち、マイクを握った。

意を決したような表情をした那由他が発する言葉とは?

そして、険しい表情で歩き続ける隼人が向かう先とは・・・!?

 

 



アトムの童8話の感想

いよいよフィナーレ!

最後はどういう展開が待ち受けているのでしょうか?

ここが一番の見せ場の展開なはずなんですけど、なんとなく全体的に弱い印象が・・・

 

前半の那由他がゲーム制作に戻るまでが、感動的で丁寧に描かれていたからなのか、興津の人間味や隼人の葛藤もあんまり見えなかったのが残念だなぁと。

繁雄さんが協力するまでの葛藤やモヤモヤしたところがもう少し見たかったですね。

 

そもそも、ファミリーオフィスの社長はなぜ技術の公開にそんなに執着するのか・・・とか。

そして、人を大切にすると言いながら、一緒に働こうと言ったティムのことは勝手に白紙に戻してしまっているけど・・・。

個人的にはそこが一番気になりました(笑)

隼人は蹴りがついたら行くことにしているとか、裏設定があるのかもしれないですが。

 

それでも、モノづくりはやはり楽しんでするのが一番なんだなと思いますね。

「アトムの童」のメンバーが参加した途端、みんなの表情がイキイキとして、子どものように目を輝かせて取り組んでいました。

そういうのを見ていると、チームの雰囲気や一緒にいる人は大切なんだと思わされます。

 

隼人と那由他の掛け合いが好きな私としては、最後は2人で冗談を言いながら画面に向かっていて欲しいなぁと願うばかりです。

次回、最終回。この物語を最後まで見届けたいと思います。

第9話、最終回の続きはこちらからどうぞ〜〜!

アトムの童(こ)最終回のネタバレ感想とあらすじ〜激動のラストはどうなる!?
TBS日曜劇場『アトムの童(こ)』最終回は、興津(オダギリジョー)が警察に連行され大混乱の中、株主総会の壇上に上がる安積那由他(山崎賢人)だったが・・・。 ゲーム業界の未来を賭けた戦いの結末は!? この記事はドラマ『アトムの童』最終回の...

 

☆『アトムの子』全話を一気に観たい方はこちらから!!

アトムの童(こ)の感想とネタバレあらすじ全話のまとめ!
TBS日曜劇場『アトムの童(こ)』は山崎賢人さんが主演を務めます。 ドラマは、若き天才ゲーム開発者が廃業の危機にある老舗玩具メーカーと手を組み、因縁の大企業に挑んでいく姿を描いた物語。 記事ではドラマ『アトムの童(こ)』の感想やネタバレ...

 

☆ドラマの原作や脚本、キャスト・相関図、放送日については、こちらに詳しくまとめています。
ぜひご覧になってくださいね〜♪

アトムの童の原作は漫画?脚本家は?あらすじから最終回、結末予想!
山﨑賢人さんが主演のドラマ『アトムの童(こ)』の原作は漫画?それとも小説でしょうか?脚本家は誰なのかも気になりますよね? この記事はドラマ『アトムの子』の原作は漫画や小説なのか?脚本家やキャスト・相関図のまとめと、あらすじから最終回結末を...



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました