しもべえの正体は?ネタバレ原作や最終回結末、キャスト・相関図、放送日は?

2022年のドラマ

NHKドラマ『しもべえ』は、村田博之さんの同名マンガが原作です。
主演は安田顕さんで、ヒロイン役の女子高生・白石聖さんのピンチを助ける謎のおじさん・しもべえを演じます。しもべえの正体とはいったい何者なのでしょうか?
この記事では原作やネタバレあらすじから最終回の結末を予想、キャストや登場人物・相関図、放送日などまとめてお伝えします。

NHKのドラマはU-NEXTで観ることができます。
しかも、31日間無料でお試しできますよ〜!
ぜひこの機会に、こちらのバナーからどうぞ〜♪
↓↓↓


無料期間内ならいつでも解約OKです!

 

しもべえの正体は何者?

2022年1月からスタートするNHKドラマ10『しもべえ 』。

ごく普通の女子高生・ユリナ(白石聖)がアプリをダウンロードしたことで、謎のおじさん・しもべえ(安田顕)が突然現れ、無言でピンチを救ってくれるという物語です。

何やら面白そうなストーリーですが、ピンチの時に助けてくれる「しもべえ」の正体とは何者なのでしょうか?

「しもべえ 」は「しもべ」という意味ですが、いうなれば「アラジンと魔法のランプ」のジーニーといったところでしょうか?

「ハクション大魔王」も似てますが、こちらではなさそうですね。あまり役に立たないから!(笑)

明らかに人間ではなさそうですが、何か秘密が隠されているようですね〜!?

原作の漫画は完結しているので最終回の結末には、その正体が何者なのかが明らかにされると思いますが、それまではいろいろ考察しながらいっしょに楽しみましょう〜♪

しもべえを演じる安田顕さんですが、あらすじを読んでみるとまさにピッタリな役どころなんですよ〜!

しかも、マンガのキャラクターにも激似なんです!!

無言であらわれて無言で去っていく・・・。

安田顕さん演じる、しもべえのようすが思い浮かびます 〜(笑)



しもべえの原作は?

2022年1月からNHKドラマ10で放送予定の『しもべえ』は漫画家・村田ひろゆきさん原作によるマンガ作品をテレビドラマ化したものです。

『しもべえ』は2019年にマンガ雑誌『週刊ヤングマガジン』(講談社)と後に『月刊ヤングマガジン』(講談社)にて掲載され、人気となったマンガ作品です。

原作者の村田ひろゆきさんは、埼玉県出身の漫画家でヤングマガジン月間新人漫画賞入選後に、1981年『学園仕置人』で第4回ちばてつや賞ヤング部門努力賞を受賞。

翌年の1982年の『馬っこきブルース』で、第5回ちばてつや賞ヤング部門佳作を受賞し、漫画家デビューをはたします!

村田さんの作風はユニークなキャラクターたちが荒唐無稽なストーリーを繰り広げるという村田さんならではの世界観が魅力の一つとなっています。

また、コマ割りといわれるマンガにおける構図にも、村田さん独特の手法が使われていて特徴的なものになっています。

1986年に連載を開始した『ころがし涼太』が大ヒットしたことで、人気漫画家となりました。

主な代表作品には、『工業哀歌バレーボーイズ』『好色哀歌バレーボーイズ』『かぶノミ荒矢』『ドクター早乙女』『ネオンさん』『しもべえ』などがあります。

村田さんは2010年に病気療養のため、当時連載中だった『好色哀歌 元バレーボーイズ』を一時休載していますが、後に休載の原因ががんの治療だったことを明かしており、その時の治療の経過を詳細に描いた作品が『ドクター早乙女』なのだそうです。

作品を読んだことはありませんが、村田さんの実体験に基づく作品ということでとても興味を引かれます。機会があれば、ぜひ読んでみたいですね!

『しもべえ』が、NHKのドラマ10でドラマ化されることで、今後、他の作品にも注目が集まりそうですね〜。



しもべえのネタバレあらすじは?

NHKドラマ10『しもべえ』のネタバレあらすじについては、番組ホームページより引用してお伝えします。

しもべえのネタバレあらすじ

鴨志田ユリナ(白石聖)、17才。明るくて、のんきで、将来のことをまじめに考えない、母・康子(矢田亜希子)とふたり暮らしの女子高生。

いつもスマホをいじっている今どきの17才のユリナが、ある日発見した「しもべのしもべえ」というアプリを何気なくダウンロードする。

その日から、ユリナが柄の悪い男子に絡まれたり、カフェで所持金がないことに気がついたり、困った状況に陥ると、どこからか中年のおじさんがやってきて、男子を倒したり、お金を払ってくれたりと、ユリナを助けてくれるようになった。

おじさんはいつも無言であらわれ、そして無言で去っていく。

おじさんはいったい誰なんだろう・・・?

そんなユリナの高校に、転校生の佐々木辰馬(金子大地)がやってきた。
子供の頃に仲の良かったタッチャンだ!

再会を喜ぶユリナだったが、辰馬はユリナのことなど覚えておらず、近寄られるのも嫌な様子。

ユリナは戸惑いながらも、辰馬との再会によって子供の頃の夢を思い出す。
それは医者になること。

いまのユリナの成績では現実味はほぼないが、ユリナは夢へ走り出す。

謎のおじさん・しもべえに助けられながら、平凡だったユリナの学校生活は、友人の亜紀(矢作穂香)や多田(内田秀一郎)も巻き込んで大きく動き始める。

しもべえは何者なのか?

そして、ユリナの夢はかなうのか?

引用元:https://www.nhk.jp/g/drama/

 



しもべえの最終回結末を考察!

先にお伝えしたとおり、原作漫画は完結しているので結末ははっきりしていると思いますが、漫画を読んでいないので、私なりの結末を考察したいと思います。

このドラマは母親と暮らす高校生・ユリナが、幼なじみと再会したことで子供のころに医者になるという夢を思い出し、夢に向かって走り出すというもの。

しかし現実は厳しく、落ちこぼれのユリナにとって1人で立ち向かうことはとうてい困難な話です。
母子家庭で大学に進学するにも金銭的な問題も出てきますよね〜。

ここで気になるのが、父親はいるのか?現在どうしているのか?という点です。
母親と二人暮らしであることはわかっていますが、父親に関しては何も明かされていませんよね〜。

未婚の母だとか幼い頃に亡くなっているのであれば、最初に話が出るハズですよね!

そうなると、父親は何か事情があっていっしょに暮らすことはできないが、ユリナの夢の実現のために陰で応援しているのでは?

ズバリ、『しもべえ 』が父親の代わりになって手助けをしているのではないでしょうか?

ですが、しもべえ 自体は人間ではなさそうですよねぇ・・・。

何れにしても、平凡な落ちこぼれの女子高校生・ユリナがしもべえの助けを借りて努力、奮闘した結果、夢を実現させる。

つまり結末は、医者になって今度は他の人を助けるという物語なのではないでしょうか?



しもべえのキャストは?

NHKドラマ10『しもべえ』のキャスト・スタッフ、登場人物・相関図をご紹介します。

しもべえのキャスト・登場人物、スタッフ一覧

<登場人物・キャスト>

しもべえ:安田顕
鴨志田ユリナ:白石聖
佐々木辰馬:金子大地
北島亜紀:矢作穂香
多田礼央:内藤秀一郎
鴨志田康子:矢田亜希子

<スタッフ>

原作:村田ひろゆき『しもべえ』(月刊ヤングマガジン/講談社)
脚本:荒木哉仁、遠山絵梨香
演出:大内大典、神谷楓
音楽:大友良英
制作統括:谷口卓敬(NHK)、小林宙(共同テレビジョン)

 

しもべえのキャスト しもべえ:安田顕

しもべえ:安田顕

ユリナがピンチの時に無言であらわれ、助けた後は無言で去っていく謎のおじさん。

安田顕(やすだ けん)さんは北海道出身で、1973年12月8日生まれの48才。劇団ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、俳優業のほかにもタレントや声優としても活躍中です。

幅広い役柄をこなし、数多くのドラマに出演している安田顕さんですが、2021年はドラマ『ドラゴン桜』第2シリーズで太宰府治という個性的すぎる塾の特別講師を演じて話題となりましたね〜!

またドラマ『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』では、主演の田中圭さんとの名コンビが人気となり、早くも続編を望む声が上がっています!

安田顕さんが出演するドラマ『ドラゴン桜』『『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』について、こちらに詳しくまとめていますので、よかったらご覧になってみてくださいね〜♪

らせんの迷宮は韓国ドラマ?原作・脚本・主題歌のまとめ
田中圭さんが主演を務める、ドラマ『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』がいよいよ放送になります。新型コロナの影響で1年以上もスタートが遅れたため、楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか? ところで、このドラマの原作をご存知でしょうか...
ドラゴン桜2のネタバレ!原作の漫画との違いは?脚本・キャストのまとめ
TBSの日曜劇場「ドラゴン桜」がいよいよスタートしますね〜! 前作から15年後を描いた続編ドラマということで、新たに豪華キャストも発表され話題となっています。この記事では原作の漫画との違いや、ドラマの脚本、キャストについてまとめてみました...

しもべえのキャスト 鴨志田ユリナ:白石聖

鴨志田ユリナ(かもしだ ゆりな):白石聖

母とふたり暮らしの17才。明るくて、のんきな今どきの女子高校生ですが、

ある日、「しもべのしもべえ」というスマホアプリを何気なくダウンロードしてしまう。

白石聖(しらいし せい)さんは、神奈川県出身で、1998年8月10日生まれの23歳。

高校2年生の時に原宿の竹下通りでスカウトされたことがきっかけで、芸能界デビューします。

2019年に美少女タレントの登竜門ともいわれる結婚情報誌『ゼクシィ』の12代目のCMガールに選ばれています。

テレビドラマや映画・CMで活躍中の白石聖さんですが、代表作にはドラマ『PRINCE OF LEGEND』『 I’s 』『絶対正義』『恐怖新聞』など。

2021年はドラマ『ガールガンレディ』で主演を演じて話題となりましたね〜!

これからの活躍がますます期待される若手女優の1人です!



しもべえのキャスト 佐々木辰馬:金子大地

佐々木辰馬(ささき たつま):金子大地

ユリナの幼なじみでユリナの通う高校に転校してくる。

金子大地(かねこ だいち)さんは、北海道出身で1996年生まれの25歳。

2014年に所属事務所のアミューズが主催するオーディションで、俳優・モデル部門を受賞しデビューします。

2019年4月に放送されたNHKのよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告る。』でテレビドラマ初主演をつとめ、第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞で新人賞を受賞!

2021年には映画『猿楽町で会いましょう』で初主演をはたしました〜。

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、源頼家役で出演か決まっており、これからますますの活躍が期待される若手俳優です!



しもべえのキャスト 北島亜紀:矢作穂香

北島亜紀(きたじま あき):矢作穂香

ユリナの友人。

矢作穂香(やはぎ ほのか)さんは、千葉県出身で1997年3月7日生まれの24歳。

小学6年生の時にスカウトされ、2009年からファッション雑誌『ラブベリー』の専属モデルとして芸能活動を開始します。

 

2016年までは未来穂香(みき ほのか)の芸名で活動していましたが、女優としてステップアップするためニューヨークへ留学後、映画『花筐/HANAGATAMI』に出演する際に、本名で活動をしていこうと決意し改名をしたそうです。

主な出演作品は、テレビドラマ『仮面ライダーオーズ/○○○』『鈴木先生』『おしゃ家ソムリエおしゃ子』、映画『リアル鬼ごっこ4』『江ノ島プリズム』『マリア様がみてる』などがあります。



しもべえのキャスト 多田礼央:内藤秀一郎

多田礼央(ただ れお):内藤秀一郎

ユリナの友人。

 

内藤秀一郎(ないとう しゅういちろう)さんは、埼玉県出身で1996年5月14日生まれの25歳。

2015年から読者モデルBoys&Girlsオフィシャルチーム『FLASH TOKYO』のメンバーとして活動していました。

2017年にAbemaTV『真夏のオオカミ君には騙されない』にドラマ初出演、2020年にはドラマ『仮面ライダーセイバー』の神山飛羽/仮面ライダーセイバー役で主演をはたします!

佐々木辰馬役の金子大地さんとは、NHKのよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告る。』で同じクラスメイト役で共演していましたね〜。



しもべえのキャスト 鴨志田康子:矢田亜希子

鴨志田康子(かもしだ やすこ):矢田亜希子

ユリナの母親でユリナと二人暮らし。

矢田亜希子(やだ あきこ)さんは、神奈川県川崎市出身で1978年12月23日生まれの42歳。中学2年生の時に原宿でスカウトされたことがきっかけで芸能界入りします。

1995年ドラマ『愛していると言ってくれ』で主人公・榊晃次を演じた豊川悦司さんの義妹・栞役で女優デビューをはたします。懐かしいですね〜!もう25年以上も経っているんですねぇ。あの頃の矢田さんはめっちゃ可愛かったなぁ〜。あ、今もですよ!(笑)

数多くのテレビドラマや映画に出演し、すっかりベテランの矢田さんですが、最近ではバラエティ番組でもお見かけするようになりましたね〜。

笑顔がチャーミングな素敵な女優さんです!



しもべえの相関図は?

しもべえの登場人物・相関図については、後日わかり次第追記します。

 



しもべえの放送日はいつから?

NHKドラマ10『しもべえ』の放送は、2022年1月7日(金)からスタートの予定です。

放送予定日については下記の通りです。
(追記)オリンピック放送のため、一部変更になりましたのでご了承ください。

第1話 2022年1月7日
第2話 2022年1月14日
第3話 2022年1月21日
第4話 2022年1月28日
第5話 2022年2月25日
第6話 2022年3月4日
第7話 2022年3月11日
第8話 2022年3月18日
(最終回)

NHK総合、毎週金曜日よる10時〜10時44分(全8話)の放送となります。

どうぞお楽しみに〜〜!!



しもべえの正体は?ネタバレ原作や最終回結末、キャスト・相関図、放送日は?のまとめ

いかがでしたでしょうか?
これまでをまとめてみると・・・。

NHKドラマ10で放送予定の『しもべえ』は、漫画家・村田ひろゆきさん原作による同マンガ作品をテレビドラマ化したものです。

しもべえについては「しもべ」という意味ですが、その正体は原作漫画を見ていないためわかりませんが、ドラマを見ながら考察していきたいと思います。

あらすじは、謎のおじさん・しもべえ(安田顕)はいつも無言であらわれ、女子高生ユリナ(白石聖)のピンチを救い、そして無言で去っていくというもの。

『しもべえ』に出演するキャストは、主演の安田顕さんにヒロイン役の白石聖さん、金子大地さん、矢作穂香さん、内藤秀一郎さん、矢田亜希子さんらが共演します。

ドラマ10『しもべえ』の放送予定日は、2022年1月7日(金)からスタートで、NHK総合、毎週よる10時〜10時44分、全8回の放送となります。

笑いと涙があふれるこのドラマ、どうぞお楽しみに!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました〜!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました