一橋桐子の犯罪日記の原作や脚本は?ネタバレあらすじ、相関図、放送日はいつ?

2022年のドラマ

2022年10月から放送のNHK土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』の主演は松坂慶子さん。
このドラマは孤独な老人、一橋桐子が終(つい)の住みかを刑務所に選び「長く刑務所に入っていられる犯罪」を模索していくという終活ならぬ “ムショ活” 物語です。
この記事ではドラマ『一橋桐子の犯罪日記』の原作や脚本、キャスト・相関図、ネタバレあらすじ、放送日についてまとめてみました。



一橋桐子の犯罪日記(ドラマ)の原作は?

NHK土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』の原作は原田ひ香(はらだ ひか)さんの小説『一橋桐子(76)の犯罪日記』を実写化したものです。

原作者の原田ひ香さんは神奈川県出身で1970年生まれの52歳。
29歳で結婚した後、独学でシナリオを学びます。

フジテレビヤングシナリオ大賞に応募し最終選考に残り、その後フジテレビのプロットライターとして活動します。

プロットライターとは脚本を書く前に作るあらすじのようなもので、つまり企画書作りといったところでしょうか。

代表作は『三千円の使い方』『一橋桐子(76)の犯罪日記』『母親からの小包はなぜこんなにダサいのか』『そのマンション、終の住処でいいのですか?』など。

タイトルが主婦目線でとてもユニーク!
脚本家としてのキャリアも感じさせますよね〜。



一橋桐子の犯罪日記(ドラマ)の脚本は?

NHK土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』の脚本を手がけるのは、ふじきみつ彦(ふじき みつひこ)さん。

横浜市保土ヶ谷区出身で1974年12月19日生まれの47歳。

広告代理店に勤務した後、30歳で作家活動を開始します。

テレビドラマや映画、コント、舞台と様々なジャンルで脚本や台本を担当しています。

また、作詞家や俳優としてマルチに活動しているそうで、驚きですよね〜。

代表作は映画『子供はわかってあげない』、テレビドラマ『きょうの猫村さん』『有村架純の撮休』『バイプレイヤーズ』『世にも奇妙な物語』『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』など。

人気作品を手がけていますので、本作『一橋桐子の犯罪日記』も期待が持てそうですね!



一橋桐子の犯罪日記(ドラマ)のネタバレあらすじは?

NHK土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』のあらすじ

年老いた親の面倒を見てきた一橋桐子(ひとつばし きりこ)は、気がつけば未婚のまま76歳になっていた。

両親を見送り、わずかな年金と清掃のパートをしながら細々と暮らしているが、貯金があるわけではない。

唯一の親友だった、同居人のトモに先立たれ、このままだと孤独死して人に迷惑をかけてしまうと絶望していた。

そんなある日、高齢の受刑者が刑務所で介護されているテレビ番組を見て、衝撃を受ける桐子。

刑務所で死期を迎えるという姿に「これだ!」と光明を見出した桐子は、「長く刑務所に入っていられる犯罪」とは何なのか?

万引きや偽札、闇金、詐欺、誘拐、殺人!?

桐子はあらゆる犯罪を模索し始める・・・。



一橋桐子の犯罪日記(ドラマ)のキャスト・スタッフは?

一橋桐子の犯罪日記のキャスト・スタッフ一覧

<キャスト>

一橋桐子:松坂慶子
久遠樹:岩田剛典
榎本雪菜:長澤樹
友岡明子:片桐はいり
寺田一男:宇崎竜童
斎藤薫子:木村多江
宮崎知子:由紀さおり
三笠隆:草刈正雄

<スタッフ>

原作:原田ひ香『一橋桐子(76)の犯罪日記』
脚本:ふじきみつ彦
音楽:長谷川智樹
制作統括:高橋練、清水拓哉
演出:笠浦友愛、黛りんたろう、加地源一郎

 

 



一橋桐子の犯罪日記(ドラマ)の登場人物・相関図は?

NHK土曜ドラマ『』の登場人物・相関図は後日追記します。

 



一橋桐子の犯罪日記(ドラマ)の放送日はいつから?

NHK土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』はいつから放送になるのでしょうか?
詳しい放送日についてまとめてみましたのでご覧ください。

<放送予定日>

第1話 10月8日
第2話 10月15日
第3話 10月22日
第4話 10月29日
第5話 11月5日

初回放送日はNHK総合で2022年10月8日(土)よる10時からスタートです。
全5回の放送になりますので、最終回は2022年11月5日の予定になります。

あくまでも放送予定日なので、急な変更がある場合もございます。
その際は、番組ホームページでご確認くださるようお願い致します。



コメント

タイトルとURLをコピーしました