鎌倉殿の13人とは誰?原作は小説?あらすじ・キャスト・相関図のまとめ

2022年のドラマ

2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は小栗旬さんが主演をつとめ、三谷幸喜さんが脚本を手がけることで話題となっていますよね〜。タイトルの13人とはいったい誰なのか?
また、このドラマに原作本や小説などはあるのか?気になりませんか〜!?
この記事では、鎌倉殿の13人とは誰なのか、原作やネタバレあらすじ、キャスト、相関図についてお伝えします。



鎌倉殿の13人の原作は小説なの?

2022年放送予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ですが、小栗旬さんが主演をつとめるということで話題になっていますよね〜。

このドラマの原作は既存の歴史小説といった原作本ではなく、脚本家・三谷幸喜(みたに こうき)さんによるオリジナル作品です!

劇作家としても有名な三谷さんですが、過去の大河ドラマ『新撰組!』『真田丸』を手がけていましたよね〜。

どちらも三谷さんによる原作・脚本でしたが、オリジナル作品とはいっても歴史を覆すようなものではなく、史実では明らかにされていない部分にスポットを当てたストーリーで、まさに奇想天外な三谷ワールドとして人気を博しました。

本作『鎌倉殿の13人』も『吾妻鏡』という当時の記録が克明に記された文献をもとに、これに書かれていることに沿って物語を作り、書かれていない部分に関して三谷さんが想像した物語をプラスして作られた作品となっています。

三谷さんいわく、『吾妻鏡』が原作のつもりで書いたそうですよ〜。

2020年1月に制作発表が行われましたが、今回が3回目の大河ドラマとあって、当初から三谷さんの気合の入れようはハンパなかったようです(笑)

なにせ、前作では出演者の不祥事による降板、代役、再撮影が続きましたもんね〜。

三谷さんは当て書きと言われる、先に役者を決めてからその役者をイメージしながら台本を書くそうで、出演者が変わることによって脚本を書き直すことは必須なのだそう!

今回の制作発表の際には「もし、俺ちょっとやばいかな?俺、スネに傷をもってるかなっていう人がいたら、ぜひオファーを断ってください」との発言があったそうです。

さすが三谷さんらしいユーモアを交えたけん制のようですが、切実な思いが込められていたようですね〜(笑)

 



 

鎌倉殿の13人とは誰のこと?

鎌倉殿の13人の鎌倉殿とは?

まずはじめに、タイトルの読み方ですが、『鎌倉殿の13人』は「かまくらどのの13にん」と読みます。「かまくらでん」ではないですよ〜。

鎌倉殿(かまくらどの)とは鎌倉幕府の棟梁(とうりょう)という意味で、鎌倉幕府そのものを示すこともあります。

棟梁といえば大工の親方というイメージがありますが、この場合は武家(武士)の統率者を意味しています。

つまり、鎌倉殿とは鎌倉幕府時代の将軍(征夷大将軍)のことですね〜。

ちなみに「平家物語」では源頼朝(みなもと の よりとも)を示しており、歴史的には頼朝に深く結びついた言葉となっています。

歴代の鎌倉殿(将軍)を一覧にしてみましたが、何か歴史の授業を思い出しませんか〜?
だいぶ昔の話ですけど〜〜(笑)

源氏将軍
・源頼朝(みなもと の よりとも)
・源頼家(みなもと の よりいえ)
・源実朝(みなもと の さねとも)

摂家将軍
・藤原頼経(ふじわら の よりつね)
・藤原頼嗣(ふじわら の よりつぐ)

宮将軍
・宗尊親王(むねたかしんのう)
・惟康親王(これやすしんのう)
・久明親王(ひさあきしんのう)
・守邦親王(もりくにしんのう)

 

 

鎌倉殿の13人の13人とは誰のこと?

鎌倉殿の13人とはいったい誰のことなのでしょうか?

戦乱の世を制し、鎌倉幕府を切り開いた源頼朝(みなもと の よりとも)は、初代征夷大将軍として実権を握りますが、7年後、51歳という若さでこの世を去ります。

頼朝の亡き後、息子の頼家が第2代将軍(鎌倉殿)となりますが、頼家は当時18歳という若さでその若さゆえに独裁的政治を行うようになり、御家人(頼朝に仕えた武士)たちの間では不満が爆発!

それに危惧した母・北条政子が、頼家に代わって政務を行う目的で発足させたのが「13人の合議制」です。

「13人の合議制」は鎌倉幕府を支える集団指導体制として13人の御家人たちで構成されました。

13人のメンバーはいずれも頼朝の側近や家臣たちで、それぞれの役職を担って鎌倉幕府を盛り立てていくことになります。

実は「13人の合議制」はヤンチャな息子をおとなしくさせるための母・政子の策略だったわけですね〜。

やがて政子は尼将軍として実権を握り、鎌倉殿として扱われるようになったわけですが、その時代の女性はとても強かったようですね!

13人については次の章で詳しくお伝えします。

 

 

鎌倉殿の13人の主人公は?キャストは?

源頼朝の死後は息子の頼家が第2代将軍の座につきますが、やがて頼家の暴走がきっかけとなり、13人の家臣たちは激しい内部抗争を繰り広げることになります。

その中で最終的に権力を手中におさめたのは、今回のドラマ『鎌倉殿の13人』の主人公・北条義時と言われています。13人の家臣とキャストを一覧にしてみました。

鎌倉殿の13人 家臣13人とキャスト一覧

北条義時(ほうじょう よしとき):小栗旬
北条時政の次男。
父の跡を継いで鎌倉幕府の第2代執権の座に就き、確固たる地位を築く。

北条時政(ほうじょう ときまさ):坂東彌十郎
北条義時の父。初代鎌倉幕府の執権。

比企能員(ひき よしかず):佐藤二朗
源頼朝の側近。

大江広元(おおえ の ひろもと):栗原英雄
公家の出身で鎌倉幕府の行政長官。

梶原景時(かじわら かげとき):中村獅童
御家人の筆頭として源頼朝を支えた武将。

安達盛長(あだち もりなが):野添義弘
鎌倉幕府将軍直属の武士で、源頼朝の従者。

和田義盛(わだ よしもり):横田栄司
鎌倉幕府の軍事長官。御家人の統括担当機関の長官。

三善康信(みよし やすのぶ):小林隆
鎌倉幕府の司法長官。下級貴族の出身。

三浦義澄(みうら よしずみ):佐藤B作
源頼朝と強い信頼関係にあった武将。
北条時政とは悪友の仲。

中原親能(なかはら の ちかよし)
公家の出身で源頼朝の側近。

二階堂行政(にかいどう ゆきまさ)
政所執事を納めた公家の出身。
下級貴族から鎌倉幕府の要職を歴任。

足立遠元(あだち とおもと)
歴代の源氏に仕えた武将。
文武両道に優れた人物。

八田知家(はった ともいえ)
歴代の源氏に仕えた将軍直属の武士。

鎌倉殿の13人の登場人物・相関図は?

登場人物・相関図については人数が多すぎるため書き切れません(笑)

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のHPをご覧いただくとわかりやすいので、詳しくはそちらをご参照ください。

 

 



鎌倉殿の13人のネタバレあらすじ

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、平安時代末から鎌倉時代前期を舞台に繰り広げられた、源平合戦による平氏政権の崩壊から鎌倉幕府が樹立するまでや、鎌倉幕府の初代征夷大将軍である源頼朝の死後に発足した「十三人の合議制」を構成する13人の御家人たちの権力争い、そして最終的にその権力を手中におさめ、実力者となった北条義時を主人公に描いた物語です。

ですが、『鎌倉殿の13人』というタイトルですので、源頼朝が死んでからがこの物語の本当のスタートになります。

原作・脚本の三谷幸喜さんは、「強い権力を持った人が突然死んだあと、残された人たちがどうしていくのか」が最大のテーマと語っています。

そして、このドラマの主人公は北条義時。

伊豆国の平凡な一豪族・北条時政の次男として生まれますが、義時が15歳のころに姉の政子が伊豆の流人だった源頼朝の妻になったことから、波乱の人生を送ることになります。

頼朝の死後に鎌倉幕府内の権力闘争が激化すると、次第に頭角を現すように・・・。

降りかかる災難に振り回されながらも、自分の身と親族を守るために戦い続け、最高の権力者となるまでの生涯を描いた物語となっています。

 



 

鎌倉殿の13人のまとめ

いかがでしたでしょうか?最後にこの記事をまとめてみますと・・・。

このドラマ『鎌倉殿の13人』は原作本や小説が元になっているわけではなく、脚本家・三谷幸喜さんによるオリジナル作品です。

タイトルの『鎌倉殿の13人」とは、鎌倉殿=将軍、すなわち将軍を支えた13人の御家人(家臣)という意味です。

あらすじは13人の中のひとりとなる北条義時(小栗旬)が主人公。

ごく平凡な一豪族の次男に生まれますが、姉・北条政子が鎌倉幕府の初代将軍となる源頼朝と結婚したことから、波乱万丈の生涯を送ることに。

やがて起こる、頼朝亡き後の権力争いをどのようにして勝ち抜き、最終的にトップの座を手にしたのかを描いた物語となっています。

三谷さんのオリジナル作品とはいっても『吾妻鏡』という史実に基づいて物語は作られ、さらにそこには載っていない部分を三谷さんのユニークな想像力をプラスして作られた作品となっていますので奇想天外な三谷ワールドにぜひ期待したいですね〜!

最後までご覧いただきましてありがとうございました♪

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました