エルピス3話のネタバレ感想とあらすじ〜拓朗(眞栄田郷敦)がファインプレー!

2022年のドラマ

ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』3話は、恵那(長澤まさみ)は一刻も早く冤罪を証明しようとするが、取り調べを行った刑事の所在がつかめずにいた。そんな中、拓朗(眞栄田郷敦)が思わぬ方法で居場所を突き止め、インタビューを行うが・・・。
この記事は、エルピス3話の感想とネタバレあらすじをお伝えします。



エルピス〜希望、あるいは災い〜3話のあらすじ

ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』第3話のあらすじは、番組ホームページより引用してお伝えします。

第3話「披露宴と墓参り」

恵那(長澤まさみ)は、一刻も早く松本良夫死刑囚(片岡正二郎)の冤罪(えんざい)を証明しなければと焦りを募らせる。そんななか、弁護士の木村(六角精児)から新聞記者の笹岡まゆみ(池津祥子)を紹介された恵那と拓朗(眞栄田郷敦)は、新聞社が保有する当時の事件資料を手に入れることに成功。まゆみは政治部の記者だが、聞けば、一連の殺人事件の現場となった八頭尾山に思い入れがあり、事件について個人的に調べたところ、真犯人による犯行の可能性に行きついたという。

強力な助っ人の登場に勢いづいた恵那は、早速、資料をもとに12年前に事件の捜査に関わった八飛署の刑事・平川勉を訪ねる。しかし平川は、すでに最高裁で判決が下されていることを理由に、「犯人は松本で間違いない」の一点張り。実際に取り調べを行った刑事にも話を聞こうとするが、すでに退職して所在は不明だった。

ところが2週間後、拓朗が思わぬ方法で居場所を突き止め、恵那は松本の自供を引き出したとされる山下守元警部にインタビューを敢行。核心をつく質問に、どこか歯切れの悪い返答をする山下の様子を見て、恵那は当時の取り調べに、ある疑念を抱く。そして、撮影した映像を拓朗と編集していると、編集室のドア越しに、斎藤(鈴木亮平)が中の様子をうかがっていて…。

引用元:https://www.ktv.jp/elpis/

松本死刑囚の死刑執行がいつ行われても不思議ではないと焦りを募らせる恵那に、心強い助っ人・新聞記者のまゆみが現れます。

そして、拓朗のファインプレーで、ようやく12年前の捜査に関わった刑事の居場所を突き止め、インタビューを試みる恵那。その中で何か不審な点を見つけたようですね・・・。

ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』第3話は、2022年11月7日(月)よる10時スタートです!どうぞお楽しみに〜〜!!

☆第2話の振り返りは、こちらからどうぞ。

エルピス2話のネタバレ感想とあらすじ〜新たな事件は模倣犯か、真犯人の仕業か?
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』2話は、かつての連続殺人事件を彷彿とさせる事件が発生。犯行手口や現場が同じことから、模倣犯かそれとも真犯人の仕業か!?冤罪の可能性に恵那(長澤まさみ)は、ついに始動する! この記事は、エルピス2話の...



エルピス〜希望、あるいは災い〜3話のネタバレと感想

エルピス〜希望、あるいは災い〜3話のネタバレ

なんとか連続殺人事件を放送しようと奔走する大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)と新米ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦)。

死刑が執行された3人に松本死刑囚(片岡正二郎)がいないとわかると、木村弁護士(六角精児)に紹介された「首都新聞」政治部の記者、笹岡まゆみ(池津祥子)と会うことにした。

彼女は、子どもの頃よく八頭尾山にハイキングに行っていた。その思い出の場所が連続殺人の現場として有名になってしまったことが残念で、事件について独自に調べていた。そして、先日起こった少女の殺人事件を見て、松本が犯人ではなかったのではないかと疑念を強めていたのだ。

彼女に会って勢いづいた恵那は、当時取り調べをした刑事に会ってみようと言い始める。


新聞記者である彼女の資料はとても詳細で、被害者の部活や趣味嗜好まで調べてある。
完璧な資料を読み込んだ恵那は、さっそく地元警察へと向かった。

12年前に事件の捜査に関わった八飛署の刑事・平川は、松本が犯人で間違いないと断言しながらも、「当時は新人だったため、事件のことはほとんど覚えていない」という。

覚えてないのに松本が犯人だとなぜ言い切れるのかと問い詰める拓朗に、平川は迷惑そうな顔で「最高裁の判決が出ているから」と話を切り上げ立ち去った。

平川に果敢に攻め込む拓朗を見て、恵那は「空気を読まないって強い」と呟いた。


そんな最中、友人の結婚式に参列した拓朗は、二次会で友人に「かい君の墓参りに行く?」と聞かれる。

「行く」と当たり前のように答える姿に複雑な表情をする母親に、友人は盛り上がる新郎新婦とその取り巻きたちを眺めながら、いじめを苦にして亡くなった人間がいたことを一刻も早く忘れ、長いものに巻かれて生きていくことが人生の勝ち組への道なんだと寂しそうに話した。

後日、拓朗は警部の連絡先を突き止めようと電話帳に載っている連絡先に片っ端から連絡し、1週間をかけて本人へとたどり着いた。

早速、恵那と取材に向かい、カメラを回して当時の取り調べについて質問をすると、実際にメインで動いていたのは山下と及川、最初は否認していた松本も最後は「ゆるしてくれ」と言って泣きわめきながら土下座をしたと話す。

その「ゆるしてくれ」の真意を、平川の時のように問い詰めてくれるかと期待した恵那だったが、拓朗は気付くことができずに取材は終了した。

VTRをチェックする2人の元に斎藤正一(鈴木亮平)が現れ、恵那にこれからの取材方針や企画について矢継ぎ早に質問を重ねた。

被害者遺族への取材は難しいという恵那に、斎藤は被害者遺族が真実を知りたがっているという形が一番いいとアドバイスした。


下見のために被害者遺族の家を訪れた恵那と拓朗は、父親に見つかってしまい水をかけて追い返されてしまう。

逃げ込んだカフェの店主に、当時の取材のひどさを教えてもらった恵那は、作戦を変更しようと言って喫茶店を一足先に出る。

店の前ですれ違った女子高生に吸い寄せられるようについていくと、寂れた商店街の中に怪しげな雑貨に囲まれた怪しい男の店に辿り着く。

事件について何か知らないかと尋ねる恵那だったが、意味深な返答を続ける男に吸い込まれそうになっていた。

拓朗からの電話の音で正気に戻った恵那は、喫茶店に戻り、もう一度その店の方へ向かうが、店を見つけることはできなかった。

その後、恵那は何度も手紙を書いて被害者遺族へ送るが、ついに父親から迷惑だと電話で断られる。

諦めかけた時、被害者の姉だという人物から連絡があり、接触に成功した。

姉は、被害者が自分の下着を売るために松本と会っていたというのがどうしても納得できず、犯人が別にいると言われて救われた気がしたのだという。

彼女はインタビューをとらせて欲しいと訴える恵那の提案を承諾し、涙ながらに当時の想いを話してくれた。

その映像を撮った責任の重みに怯む拓朗に反し、恵那はこのインタビューをきっかけに自信をつけ、やるべきことを淡々と片付けて行った。

そして出来上がった映像を見た「フライデー・ボンボン」の若手社員たちは前のめりだったが、プロデューサーなど責任者たちは放映に後ろ向きで、最終的には局長から放送不適切と判断されてしまう。

やけになった恵那が、飲めないお酒を流し込んで吐きそうになりながら寝転がっていると、斎藤が訪ねてくる。

映像を放送できなくなったと投げやりに言った恵那は、トイレに籠って吐いた後、キッチンでタバコを吸う斎藤の隣で口をすすぎながら、悔し涙を流して座り込む。

そんな彼女を斎藤は優しく包み、慰めた。

恵那を置いて先に家を出る斎藤が向かった先にいたのは、あの大物政治家だった。


次の収録日、恵那は自分のコーナーVTRを差し替え、事件の取材映像を勝手に放映した・・・。



 

エルピス〜希望、あるいは災い〜3話の感想

果たして、この映像は誰かに何かを伝えることができたのでしょうか・・・?

本格的に物語が動き始めると共に、少しずつ恵那を取り巻く人々にも変化が出てきましたね。

恵那本人は食べることも寝ることもままならなかったのに、拓朗のカレーを食べたり、飲み物が水だけでなく飲むゼリーに変わったりしましたね。

拓朗は軽薄さや適当さが影を潜めて、芯を持った力強さのようなものを感じるようになった気がします。

最初は見向きもしなかった2人の行動に、番組スタッフやメディア嫌いの弁護士が気持ちを動かされ、当時は言えなかった疑問や疑惑が少しずつ集まってくるようになりました。

そして、斎藤が恵那の元を訪れた目的も気になりますし、これからの2人の関係にも期待しちゃいますね。

商店街で出会った謎の男・・・斎藤が教えてくれた目撃情報の男の特徴に当てはまりそうですが、彼はいったい何者なのでしょうか。

終始、拓朗の独白形式で物語が進むことで、少し客観性を持った映像になっているのかなぁと感じました。

突っ走る恵那とそれを見守る拓朗。

2人がこれから見つける事件の真相は、いったいどんなものなのでしょうか?

来週も目が離せません!!

 

第4話の続きはこちらからどうぞ〜。

エルピス4話のネタバレ感想とあらすじ〜恵那(長澤まさみ)の作戦が大成功!?
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』第4話は、恵那(長澤まさみ)の独断による作戦が思わぬ反響を呼ぶ。恵那と拓朗(眞栄田郷敦)は、次に目撃者への取材を試みるが応じようとはせず、司法の高い壁が立ちはだかる・・・。 この記事は、エルピス4話...

☆ドラマを一気見したい方は、ぜひこちらから!

エルピスの最終回は?結末までネタバレ感想、全話あらすじのまとめ
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』は長澤まさみさんが主演を務め、眞栄田郷敦さんと鈴木亮平さんが共演します。物語はテレビ局を舞台に、冤罪疑惑の真相究明に奮闘する姿を描いた本格的社会派ドラマです。 この記事ではエルピスの感想やネタバレあ...

☆ドラマの原作や脚本、キャスト、登場人物・相関図は、こちらの記事にまとめていますので、ぜひご覧ください♪

エルピスの原作は実話?脚本やネタバレあらすじ、キャスト・相関図は?
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』は長澤まさみさんが主演を務め、眞栄田郷敦さんと鈴木亮平さんが共演することで話題となっています。また、エルピスの原作は実話をもとに作られたものと言われていますが、はたしてその真相は!? この記事ではド...

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました