エルピス4話のネタバレ感想とあらすじ〜恵那(長澤まさみ)の作戦が大成功!?

2022年のドラマ

ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』第4話は、恵那(長澤まさみ)の独断による作戦が思わぬ反響を呼ぶ。恵那と拓朗(眞栄田郷敦)は、次に目撃者への取材を試みるが応じようとはせず、司法の高い壁が立ちはだかる・・・。
この記事は、エルピス4話の感想とネタバレあらすじをお伝えします。



エルピス〜希望、あるいは災い〜4話のあらすじ

ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』第4話のあらすじは、番組ホームページより引用してお伝えします。

第4話「視聴率と再審請求」

恵那(長澤まさみ)の画策により、被害者遺族ら事件関係者にインタビューした映像が『フライデーボンボン』で放送された。

拓朗(眞栄田郷敦)すら知らなかった恵那の“奇襲”に、村井(岡部たかし)たちスタッフはぼうぜん。オンエア後、放送不適切と判断されたVTRを独断で流した恵那は、名越(近藤公園)から厳しい叱責(しっせき)を受ける。一方で、特集への反響は想像以上に大きなものとなっていく…。

恵那たちが次に着目したのは、犯人逮捕の決め手にもなった重大な目撃証言。事件当時、目撃者の西澤正は、「男が慌てたように山道から駆け降りてきて、自転車で立ち去る様子を見た」と証言したが、恵那らが申し込んだ取材にはかたくなに応じようとせず、拓朗は西澤の言葉にどこかうさんくささを感じる。

そして、証言がうそなら再審もあり得るはずだと息巻くが、そこには“開かずの扉”と呼ばれる司法の高い壁が…。

そんな矢先、恵那は弁護士の木村(六角精児)から、松本死刑囚(片岡正二郎)に関する衝撃の事実を聞かされる。

引用元:https://www.ktv.jp/elpis/story/04/

ついに覚悟を決めた恵那は、独断でインタビュー映像の放映に成功します。

恵那の決意は固いようですね。

はたして、その反響は?恵那の立場はどうなっていくのでしょうか!?

ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』第4話は、2022年11月14日(月)よる10時放送予定です!どうぞお楽しみに〜〜!!

☆第3話の振り返りは、こちらからどうぞ。

エルピス3話のネタバレ感想とあらすじ〜拓朗(眞栄田郷敦)がファインプレー!
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』3話は、恵那(長澤まさみ)は一刻も早く冤罪を証明しようとするが、取り調べを行った刑事の所在がつかめずにいた。そんな中、拓朗(眞栄田郷敦)が思わぬ方法で居場所を突き止め、インタビューを行うが・・・。 ...



エルピス〜希望、あるいは災い〜4話のネタバレと感想

エルピス〜希望、あるいは災い〜4話のネタバレ

局長から不適切な映像と判断され、放送できなくなった八頭尾山連続殺人事件のインタビュー映像を、独断で放送した大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)。

本番中、恵那が差し替えた映像が流れ始めると、番組プロデューサーは大慌てで何とか放送をとめようとしたが、チーフプロデューサーである村井喬一(岡部たかし)が「全部流せ」と言って最後まで放送された。

放送終了後、何の相談もなく単独行動をとったことをとがめる新米ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦)に、責任問題になった時に巻き込みたくなかったと恵那は答える。

納得できない拓朗がさらに恵那に詰め寄っている時、不意に恵那の携帯が鳴った。

相手は、事件被害者遺族として映像にも出演してくれた被害者の妹で、番組を見た姉の親友が被害者は下着を売るような子じゃないのに・・・と悔しく思っていたけど、それが晴らされてうれしいと実家に連絡してきてくれたのだという。

恵奈はそれを聞いて、号泣した。

放送に対する世間のリアクションは好意的なものが多く、制作の墓場と呼ばれ低迷している「フライデー・ボンボン」の視聴率も、事件の特集の間だけ跳ね上がっていた。

視聴率もとれたことで自信を深め、勢いづく拓朗とは対照的に、恵那は結果を出してしまったせいで、局長をはじめとする番組責任者側のメンツとプライドを傷つけてしまったと話す。

このことで、さらに事件の放送許可が出づらくなるのではないかと不安になっていたのだ。

2人で話していると、廊下に局長の姿を見つけた恵那が、今回の放送の件を謝罪した。

しかし、対する局長は放送に反対はしておらず、むしろ面白かったから世間が覚えているうちに、早く次の映像を出した方がいいと恵那の背中を押して去って行った。

 

実は、局長に映像チェックを受け、放送不適切だと言われたというのは名越公平(近藤公園)プロデューサーの嘘だったということがわかった。

恵那は、名越への不信感や憤りを感じながら、表面上は謝罪に徹した。

番組の会議で勝手な言動を謝罪した恵那だったが、事件特集の第2弾を放送するために協力して欲しいと呼びかける。

それを聞いた名越をはじめとする数名が難色を示すが、恵那が局長からの応援もあったと伝えると渋々納得してくれた。

 

次回の放送に向け、「首都新聞」政治部の記者・笹岡まゆみ(池津祥子)から話を聞くと、つい最近起こった八頭眉山で発見された少女の事件は、定年間近のような人ばかりで捜査チームが組まれ、警察の捜査自体があまり行われていないとのことだった。

その少女の発見状況が12年前の事件とよく似ているため、やはり松本死刑囚(片岡正二郎)が犯人ではなく、警察はその犯人を捕まえると、過ちを認めなくてはならなくなるため、事件を解決するつもりがないのではないかと笹岡は続けた。

 

事件特集第2弾は、事件発生直後によく聞かれていた長髪で背の高い男性の目撃証言と矛盾について取り上げ、その視聴率は前回の数字を更新した。

勢いに乗る恵那は、事件の資料を提供してもらうために、松本の担当をしている木村弁護士(六角精児)に会うが、そこで松本の再審請求が棄却されたことを知る。

その原因に自分が番組で取り上げたことも入っているのではないかと責任を感じた恵那は、事件の特集を中断すると拓朗に伝えた。

拓朗は諦めようとする恵那を何とか説得しようとするが、「あんたには勝てっこない」と聞く耳を持ってもらえなかった。

 

その夜、スタッフルームで調査を進める拓朗が1本の電話を受ける。

番組を見たという視聴者からの連絡で、被害者と文通をしていた他校の彼氏を名乗る相手は、当時の手紙に犯人の名前が書いてあるというのだ。

情報料として5万を振り込み、送ってもらったFAXは字がつぶれて読めなかったが、原本はわかるから郵送するという。

思わぬ有力情報に大喜びの拓朗は、急いで恵那に電話をかけた。

一方、恵那は放送直前に訪ねてきた斎藤正一(鈴木亮平)に、放送を中止させるために来たのではないかと詰め寄る。

そのこと自体は認めるが、その理由は結局うやむやにされてしまった。

 

電話に出ない恵那にしびれを切らした拓朗が、恵那のアパートを訪ねると玄関で斎藤と遭遇。

送られてきたFAXと状況から、斎藤にガセネタだと教えられた拓朗は意気消沈し、村井と焼肉を食べにいく。

そこで人生の勝ち負けの話になり、自分は本当は負けているんじゃないかと言う拓朗を見た村井は、店を出てある場所に向かった。

 

建物の屋上で、眼下には拓朗が通っていた学校が見える。

村井は、いじめで自殺したかい君の事件を取材したのだと言うと、その現実と向き合わない限り、お前は負けたままだと拓朗に詰め寄った。

追い込まれた拓朗は、友達だったかい君を裏切った自分を後悔し、泣き崩れた。

 

その日から拓朗は食事が喉を通らなくなり、仕事もままならなくなっていった・・・。

心と身体を蝕まれていく拓朗の変化に気付いていない恵那が、アパートから斎藤が出てきたことを誰にも言わないでと伝えると、その瞳に全てを見透かされたような恐ろしい気持ちになった。

 

事件をきっかけに、少しずつ環境や自分自身に変化が訪れる2人。

そんな中、地面に倒れる人物が1人。

それが誰なのか、事件なのか事故なのか、その原因は・・・?

 



エルピス〜希望、あるいは災い〜4話の感想

今回から次回にかけては、拓朗が主軸になった話になっていくのかもしれませんね。

そして、少しずつ村井が2人を見守っている、良い人説がちょっとずつ出てきた気がします。

拓朗の過去を知っており、恵那の放送を止めさせなかった村井。

今思うと、最初の会議であれだけ反対しておきながら、いざ前回の放送内容の会議でも村井は「いいんじゃない?」と放送をとめさせようとはしていませんでした。

彼が、これからどう物語に関わっていくのかも楽しみです!

 

そして、やっぱり斎藤ですね。

優しそうに見えて、実は悪い男なんだろうなぁという片鱗が出てきました。

斎藤が一体どこで誰と繋がっていて、何を抱えているのか。

それは最終回までに明かされるのか・・・

 

恵那と拓朗を取り巻く人と環境が、ゆっくりと重い扉を開けるように動き出した4話。

少し動きが鈍いという意見もあるようですが、これを助走として5話で一気に物語が展開していくような気がしています。

来週も楽しみですね!

第5話の続きはこちらからどうぞ〜。

エルピス5話のネタバレ感想とあらすじ〜拓朗(眞栄田郷敦)の直感が功を奏す!?
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』5話は、再審請求が棄却されたことで恵那(長澤まさみ)は大きな力に従わざるを得なかった。一方、納得ができない拓朗(眞栄田郷敦)の直感と執念が功を奏する!?この記事は、エルピス2話の感想とネタバレあらすじ...

☆ドラマを一気見したい方は、ぜひこちらから!

エルピスの最終回は?結末までネタバレ感想、全話あらすじのまとめ
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』は長澤まさみさんが主演を務め、眞栄田郷敦さんと鈴木亮平さんが共演します。物語はテレビ局を舞台に、冤罪疑惑の真相究明に奮闘する姿を描いた本格的社会派ドラマです。 この記事ではエルピスの感想やネタバレあ...

 

☆ドラマの原作や脚本、キャスト、登場人物・相関図は、こちらの記事にまとめていますので、ぜひご覧ください♪

エルピスの原作は実話?脚本やネタバレあらすじ、キャスト・相関図は?
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』は長澤まさみさんが主演を務め、眞栄田郷敦さんと鈴木亮平さんが共演することで話題となっています。また、エルピスの原作は実話をもとに作られたものと言われていますが、はたしてその真相は!? この記事ではド...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました