「SUPER RICH」3話ネタバレと感想〜衛(江口のりこ)の秘策とは?

2021年のドラマ

ドラマ『SUPER RICH』第3話は、私財を投げうって一から出直すことにした衛(江口のりこ)と衛を慕いついてきた仲間たち。そこになぜか優(赤楚衛二)の姿も・・・!?
会社を再起させるため、新たな秘策を打ち出すのですが・・・。
この記事では、第3話のネタバレ感想とあらすじについてお伝えします。



SUPER RICH(スーパーリッチ)3話のネタバレ

SUPER RICH  3話のあらすじ

フジテレビ系、木曜劇場ドラマ『SUPER RICH』(スーパーリッチ)の第3話は、2021年10月28日(木)よる10時から放送される予定です。ドラマのあらすじについては、番組HPから引用してお伝えします。

SUPER RICH 3話のあらすじ


氷河衛(江口のりこ)はオフィスビルを引き払い、従業員を整理して、古い一軒家を借りて、新生『スリースターブックス』をはじめることにした。

衛についてきたのは宮村空(町田啓太)や今吉零子(中村ゆり)たち役員と、なぜか田中リリカ(志田未来)たちインターンの3人。

また、会社の核となる電子書籍編集部の碇健二(古田新太)、鬼頭流星(嘉島陸)も加わる。

だが、空たち全員が不思議なのは、春野優(赤楚衛ニ)の存在。

ただで雑用もするというので、好都合だと、衛は優を重宝しているようだが、会社にいっしょに住むと聞いて空は気が気ではない。

新生『スリースターブックス』の初仕事として、衛は"ビッグバン作戦"を提案。
有望な新人作家を自社で発掘するため、漫画コンクールを開催するという。

鮫島彩(菅野莉央)や豪徳尊(板垣瑞生)は疑問に思うが、碇は乗り気。

また、衛は並行して最近漫画を描いていない漫画家や、まだ電子書籍化していない作家にも仕事のオファーをするといい、誰もが知っているが近頃は作品を発表していない、北別府K(松田美由紀)に目星をつけていた。

さっそく、衛が北別府に会いに出かけると、優がついてくる。

一方、衛が留守の会社には、1人の紳士が訪ねてくる。
投資家だと名乗る紳士は今吉たちにある提案を持ちかけて・・・

 

 

 



SUPER RICH  3話のネタバレ感想

フジテレビ系、木曜劇場ドラマ『SUPER RICH』(スーパーリッチ)は、2021年10月28日(木)よる10時から放送される予定です。3話の感想については放送後に追記します。



SUPER RICH  3話のまとめ

フジテレビ系、木曜劇場ドラマ『SUPER RICH』(スーパーリッチ)第3話は、2021年10月28日(木)よる10時から放送される予定です。3話のまとめについては放送後に追記します。

木曜劇場ドラマ『SUPER RICH』に原作はあるのか?
それともマンガや韓国ドラマのリメイクなのか気になりますよね〜!

そこで、このドラマの原作やキャスト、主題歌などについてこちらにまとめてみました。
盛りだくさんでお伝えしますので、どうぞご覧ください。

スーパーリッチの原作は韓国ドラマ?漫画?あらすじ・キャスト・主題歌などまとめ
2021年10月から放送のドラマ『SUPER RICH』(スーパーリッチ)は、主演に江口のりこさん、相手役に赤楚衛二さんが出演することが決定しました。 このドラマ『SUPER RICH』は韓国ドラマのリメイク?それともマンガや小説なのでし...

 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました