大豆田とわ子と三人の元夫最終回ネタバレあらすじ感想!

2021年のドラマ

『大豆田とわ子と三人の元夫』第10話(最終回)は6月15日(火)夜9時から放送予定です。

ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。



『大豆田とわ子と三人の元夫』第10話(最終回)のあらすじ

『大豆田とわ子と三人の元夫』第10話のあらすじをお伝えします。(番組HPより引用)

「好きになれる自分と一緒にいたいし、一人でも幸せになれると思うんだよね」――。考えた末、四度目の結婚には踏み切らず、一人で生きていく道を選んだとわ子(松たか子)。八作(松田龍平)や鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)ら3人の元夫との関係は相変わらずで、しろくまハウジングも買収前の平穏な日常を取り戻していた。

ある日、オペレッタでとわ子は初恋の相手・甘勝岳人(竹財輝之助)と偶然再会する。親しげに思い出話に花を咲かせる甘勝に嫉妬した鹿太郎は、抑えきれない感情を共有するために慎森に電話をかけるが…。

それからしばらくして、とわ子は自宅に置いていた亡くなった母の荷物が詰まった段ボール箱を偶然見つけ、中から旺介(岩松了)と離婚する前の母が書いた一通の手紙が出てくる。母の思わぬ一面に動揺するとわ子だったが、同時にこの手紙を出せなかった胸中を思って複雑な気持ちになる。すると、同じく手紙に気付いた唄(豊嶋花)が、送り先の人物に会いに行こうと提案する。



『大豆田とわ子と三人の元夫』第10話(最終回)のネタバレ感想!

『大豆田とわ子と三人の元夫』第10話のネタバレ感想をお伝えします。

あれはやっぱり詐欺だった!?

朝5時前、慎森(岡田将生)からの電話に起こされるとわ子(松たか子)。慎森は仕事の関係でハワイにいるという。慎森のたわいのない話に、聞いているふりをしてまた眠るとわ子。

会社で、結婚詐欺のネットニュースを見て盛り上がる社員たち。その詐欺師は被害者の女性の写真を撮ってこっそりネットにアップしているという。その写真を見ながら社員たちは言いたい放題、騙された女性たちを笑いものにして楽しんでいる。
顔にモザイクはしてあるが、明らかにあの時の自分だと気づいたとわ子は、ちょっと動揺している。あれは、盗まれたバックを取り返してくれたイケメンの船長(斎藤工)との偶然の出会い。危うく騙されそうになったが、寸前でレストランのウェイターから詐欺師だと教えられ事なきを得た苦い思い出だ。被害にあったのがとわ子だと勘づいた六坊(近藤芳正)は、あわてて社員たちにそんなもの見るんじゃない。人として最低だ、被害者の気持ちを考えなさいと一喝する。

 

とわ子の初恋の人現る!

とわ子がオペレッタで飲んでいると、鹿太郎(角田晃広)がやってきた。
鹿太郎が広島に出張している間に起きた出来事を持ち出し、自分はまだとわ子のことを諦めていないと話す。鹿太郎の話を軽くかわすしながら相手をするとわ子。
するとそこに、後ろの席で飲んでいた男性がとわ子に声をかけた。「豆子ちゃんだよね?」
男性は中学生時代のとわ子の初恋の相手、天勝岳人(竹財輝之助)だった。ヘリコプターの操縦士をしているという。久しぶりの再会に盛り上がる2人。
とわ子の初恋の相手だと聞いて、やきもちを焼く鹿太郎と八作(松田龍平)。鹿太郎は耐えられないといって慎森に電話をかけるが、案の定出る気配はない。八作は慎森がこの場にいなくて逆によかったという。2人は慎森が逆上して事件沙汰になる場面を勝手に想像していたのだ。

 

娘・唄の反抗

その後、娘の唄(豊嶋花)の宿題を教えるため、鹿太郎と八作といっしょにとわ子の家に行くが、Wi-Fiが繋がらないと説明書を探し出すとわ子。探し物をしていると段ボールの中から母・つき子の手紙を見つける。それは、つき子が書いたラブレターだった。その手紙の内容にショックを受けるとわ子。手紙の最後には「マーに会いたい。夫と娘の面倒を見るだけの人生なんて」と記してあったのだ。

付き合っている彼・西園寺の宿題を代わりにやっているという唄に、間違っていると話すとわ子。
唄は、自分が医者になるより、医者の後を継ぐ彼の奥さんとして支える方が現実的だという。八作も唄が医者になることを後押しするが、今の唄には通じない。
その時、唄の携帯が鳴る。西園寺からの電話でどうやら飲み物を買ってきてと頼まれているようす。とわ子は、唄の携帯を取り上げ自分で買いに行くように話すが「いい奥さんになるための練習」と言われて思わず言い返した。「大学なんて、落ちてしまえ!」

西園寺から別れると言われた唄は激怒する。
さすがにとわ子も反省し、鹿太郎は誤り方をとわ子に教えいっしょに練習をはじめた。

 

とわ子謝罪に行く!?

次の日、とわ子は唄の彼・西園寺の家に謝罪に行く。
手土産に持っていったカステラに、有名店のカヌレが食べたいという西園寺。
とわ子はあわてて買いに行くが、何時間も並んで買ったというのに違う味だといわれ、またもや買いに行く羽目に。あいにく売り切れて違う味のカヌレになってしまったと伝えると「じゃあ、いいです」とインターフォン越しに門前払いにされてしまう。とわ子は何度もインターフォンを鳴らし謝罪しようとするが、
なかなか話を聞いてもらえない。ようやくインターフォンに出た西園寺に、とわ子はまたしても言ってしまう「落ちてしまえ」

 

母・つき子の手紙

家に帰ると、怒った唄は部屋にこもりきりで出てこない。
唄を迎えにきたとわ子の父・旺介(岩松了)が、「唄はとわ子に似ていつも機嫌が悪い。父親は辛いよ」という。とわ子は「父親してもらった記憶がない」と言い返し、母・つき子のことを幸せにできなかったことをどう思っているのか聞くと、旺介は話をごまかした。

唄はもう1日、とわ子の家に泊まっていくという。そして、おばあちゃんの手紙を読んだことを伝える。「可哀想なおばあちゃん。可哀想そうなおじいちゃん。可哀想そうなママ… 」
唄はその手紙を届けに行こうという。手紙の相手マーさんに会って話を聞きたいというのだ。

あくる日、とわ子と唄はマーさんを訪ねた。アパートのドアを開けるとそこにはマーさんという女性が住んでいた。驚くとわ子と唄。とわ子は大豆田つき子の娘であることを伝える。
母親つき子がマーさんと呼び、結婚した後も想いを寄せていた人は、國村真(風吹ジュン)という女性だった。唄が祖母の恋人かという問いかけに否定はしなかったが、小学生の頃近所のバレエ教室で出会い、お互いの持ってないところを嫉妬しあってケンカすることで距離が近くなり、何でも話し合える仲になったという。そして、つき子は家庭を愛していたのも事実、自由になれたらと思っていたのも事実で、矛盾してはいるが結果は家族を選んだだけで自分を選ばなかった。しかし、それが正解だったと話す。そして、つき子はとわ子や家族のことを愛していたと伝え、とわ子の不安を取り除いた。ふたりは意気投合し、とわ子は時々遊びに来てもいいかと申し出る。

マーさんからの帰り道、唄は勉強して医者になると宣言した。その言葉に安堵するとわ子。

 

父・旺介との和解

 

その夜、とわ子は旺介と母・つき子のことを話す。旺介は、つき子に想いを寄せる人がいたことを知っていた。そして、ふたりに悪いことをしてしまったという。とわ子に自転車の乗り方を教えてあげられなかったのも、その頃から家に帰りたくなくなったからだと。

とわ子が転んでも1人で起きる子にしてしまったのは自分のせいだと。お母さんは悪くないと話す。
とわ子は、今はひとりだけど、みんなに起こしてもらったという。田中さんも佐藤さんも、中村さんも、私が転んだときにみんな起こしてくれた。そして、お父さんだってそう。支えになってると。
お互いのわだかまりが解けたようだ。

長かった1日が終わりその夜、初恋の相手、天勝からメールが届き、ヘリコプターに乗せてもらうことになった。

 

とわ子初恋の人とデートする

鹿太郎はオペレッタでいつも以上に八作に話しかけている。とわ子と天勝のデートが気になって仕方がない様子。

その頃、とわ子は天勝とデートで食事をしていた。「男が10人いたら9人は好きになっちゃうんじゃない?」ととわ子をべた褒めするが、自分はその10人のうちの1人の方でとわ子には友情しか感じないと告げる。「そうだね、友情しかないね」と作り笑いでごまかすとわ子。

デートの帰り、なぜか自動ドアに挟まれるとわ子。カップルにニヤニヤされながら助けてもらい家に帰ると、慎森が訪ねてきた。

とわ子の幸せとは?

ドアを開けた瞬間、慎森の顔を見て大笑いするとわ子。慎森はハワイのお土産を届けにきたと家に上がり込む。夜遅いからと追い返そうとするとわ子を怪しむ慎森。
そこに、鹿太郎と八作がやってきた。ふたりも慎森の顔を見て笑い出す。日焼けした慎森を見て、健康的に見える慎森は不健康だといい爆笑する。

初恋の相手がとわ子の部屋に隠れていないことを確認した元夫たちは、初恋はしょせん初恋でしかないととわ子にいい、朝ごはんを食べようと作り始める。夜中だが、時差ボケの慎森にとっては朝ごはんだという。食事しながら楽しそうに話す元夫たち。慎森が鹿太郎と八作にもお土産を渡す。
鹿太郎が袋から取り出したお土産は英字新聞がプリントされたTシャツだった。八作が取り出したのも同じTシャツ。とわ子も同じTシャツを手にして呆れた顔。
鹿太郎にのせられ、4人はお揃いのTシャツを着て人間ボーリングをはじめる。
「あなたが好き」と言ってボールを投げるフリをするとわ子。三人の元夫たちはボーリングのピンに扮して嬉しそうに倒れる。不機嫌だったとわ子も大はしゃぎで楽しんでいる。

いつのまにか眠ってしまったとわ子。とわ子は三人からもう一度プロポーズされる夢を見ていた。
「やめて、私のために争わないで」と話すところで目が覚めたとわ子。

辺り一面にろうそくが立てられ、炎が揺らめく中、元夫たちはとわ子のようすを嬉しそうに見ていた。とわ子は三人に何を話してたのと尋ねると「僕たちはみんな君のことが好きだってこと。大豆田とわ子は最高だってことだよ」と八作。

「ありがとうね」というとわ子に、ほかにいうことがないかと促す慎森。
「私の好きは、その人が笑ってくれていること。笑っててくれたら、後はもう何でもいい。そういう感じ」とわ子がそう話す。

元夫たちは嬉しそうに微笑む。そして、みんなでキャンプに行こうと話し出す。
「何でそういうことになるの!?」とわこはまた呆れ顔。

そしてまた、いつもの日常がはじまる・・・

『大豆田とわ子と三人の元夫』おしまい。

 

最終回を迎えての感想

あ〜、ついに終わっちゃいましたね。

坂元ワールド全開の素敵な大人のラブストーリーでした。

登場人物は、個性的で少し変わった人ばかり。サイテー!と思うところもあったけど、最後は皆いい人で丸くおさまった感じかな。

とわ子は三度結婚して三度離婚したけど、みんなに愛されて幸せな人生ですね。

これもとわ子の人徳。思いやりがあって、さりげなく気配りができて、誰にでも優しくて、自分に正直で。落ち込んでもポジティブに捉えて粘り強く頑張る。

ちょっと変わったところもあるけど、明るい性格でやることもいちいち可愛い(笑)

そんなとわ子だから、元夫たちは離婚をしたあとも、とわ子のことが好きでほっとけないのですね〜。ずっと、このままの4人の関係性でいてほしいけど、そうはいかないって鹿太郎も言ってたっけ?

まだまだ語りつくせませんが、ぜひ続編を期待します!ということで、この辺で終わりにしたいと思います。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました!!

ドラマの原作やキャストについてや各話ごとのネタバレ感想については、こちらにまとめていますので、どうぞご覧ください。

大豆田とわ子と三人の元夫の原作は漫画?脚本・キャスト・相関図のまとめ
2021年春の新ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」がいよいよスタートします。脚本:坂元裕二 × 主演:松たか子のタッグでおくるロマンティックコメディ!ドラマのキャストや気になる情報をお届けしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫のナレーションは誰?1話の感想とあらすじ
2021年の春の新ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』がフジテレビ系で4月13日火曜夜9時からいよいよスタートしました。脚本家・坂元裕二さんと主演の松たか子さんのタッグでおくるロマンティックコメディ!記念すべき第1回目のゲストは斎藤工さん!こ...
大豆田とわ子と三人の元夫の主題歌はラップ?2話の感想とあらすじ
『大豆田とわ子と三人の元夫』第2話は、三番目の元夫・慎森(岡田将生)にスポットをあてたストーリーになっています。 ドラマのあらすじやネタバレ感想について、また早くも話題になっているこのドラマの主題歌についても詳しくお伝えしたいと思います。...
大豆田とわ子と三人の元夫3話のゲストは神尾楓珠〜ネタバレ感想とあらすじも!
『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話は2番目の元夫・鹿太郎(角田晃広)にまつわるストーリーになっています。ゲストは神尾楓珠さん! ドラマのネタバレ感想やあらすじ、ゲストの神尾楓珠さんについてもお伝えしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫のオペレッタシェフ役に長岡亮介(浮雲)が登場!
大豆田とわ子と三人の元夫5話ネタバレ感想!スカパラ谷中敦が登場!
『大豆田とわ子と三人の元夫』第5話は5月11日夜9時から放送予定です。 第5話は、4度目のプロポーズ「もう一度結婚するならあなたがいい」〜三人の元夫たちの憂鬱と題してストーリーが繰り広げられます。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感...
大豆田とわ子と三人の元夫6話ネタバレ感想!市川実日子”かごめ”の死
『大豆田とわ子と三人の元夫』第6話は5月18日(火)夜9時から放送予定です。 第6話は全員集合地獄の餃子パーティーと題してストーリーが繰り広げられ、第1章が完結します。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思い...
大豆田とわ子と三人の元夫 7話のネタバレ感想!オダギリジョーが恋人に?
『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話は5月25日(火)夜9時から放送されました。 いよいよ第2章の幕開けです! ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫 8話のネタバレ感想!とわ子の恋の行方は?
『大豆田とわ子と三人の元夫』第8話は6月1日(火)夜9時から放送予定されました。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫9話ネタバレ感想!4度目の結婚はあるのか!?
『大豆田とわ子と三人の元夫』第9話は6月8日(火)夜9時から放送予定です。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました