大豆田とわ子と三人の元夫 7話のネタバレ感想!オダギリジョーが恋人に?

2021年のドラマ

『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話は5月25日(火)夜9時から放送されました。
いよいよ第2章の幕開けです!
ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。



『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話のあらすじ

『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話のあらすじをお伝えします。

最後の恋のはじまりは突然に

かごめ(市川実日子)が亡くなってから1年・・・
とわ子(松たか子)は自宅で一人暮らしを始めていた。
高校に進学した唄(豊嶋花)が通学しやすいように、旺介(岩松了)の家に引っ越したからだ。

娘がいない寂しさを抱えながらも生活を楽しもうと試行錯誤するとわ子は、ある日公園で、朝のラジオ体操をしている時に、謎の男・X(オダギリジョー)と出会う。

そんな中、とわ子はしろくまハウジングのオーナーが外資系ファンドに会社の株を売却しようとしていることを聞かされる。
もし、会社が外資の傘下になってしまったら利益重視の経営に変わり、コスト削減のために人員整理が行われてしまうかもしれない。
会社としてのこだわりや職人気質の社員たちを守るためにはどうすればいいのか悩むとわ子。

心配した慎森(岡田将生)、鹿太郎(角田晃広)が続けざまにとわ子のマンションを訪れる。
一方で、八作(松田龍平)はレストランの仕事を休み、一人で旅に出ていた。

後日、唄への届け物を渡すために外出したとわ子は、謎の男・Xと偶然再会する。
夢中になれることや仕事についての会話で徐々に打ち解けていく2人だったが、ひょんなことから話題はかごめのことに。
すると、とわ子の口からずっと胸に秘めていた親友への思いが止めどなくあふれていき・・・



『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話のネタバレ感想!

 

『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話のネタバレ感想をお伝えします。

しろくまハウジング存続の危機と慎森(岡田将生)の想い

しろくまハウジングでは外資系の傘下に買収される話が持ち上がっていた。
とわ子はオーナーの息子・城久間悠介(平埜生成)から「父が会社の株を売ろうとしている」と聞かされ悩んでいた。相手は外資のマディソンパートナーズ。外資の傘下に入れば、コスト削減のために真っ先に人員整理されることは目に見えている。

後日、マディソンパートナーズの社員らが視察に訪れた。
とわ子が心配していた通り「量産できる低価格に特化した物件にして人件費を削減したほうがいい」との提案だ。とわ子は抵抗するが、状況は厳しく銀行からの融資を止められそうだという。

マディソンパートナーズについて調べてきたと、慎森がお土産を持ってとわ子の家を訪ねてきた。
しろくまハウジングの特許を狙う企業買収の悪魔というやつがいるという。
「業績の悪化は君のせいじゃない。社長なんかやめてしまえばいい。建築士としてもっと自由に働くほうが向いている」と助言するが「やれるところまでやるって約束したから。これが私のやるべき仕事なんだよ」ととわこ。慎森は顧問弁護士として何でも協力すると伝える。

一人暮らしになったとわ子に「寂しいでしょ」と慎森。「自分こそ一人暮らしじゃない、野菜食べなよ」と話をそらすとわ子。「僕は一人が好きだし、自分のペースで生活したいから。でも、そうじゃない時もあったけど。あれはあれでね、うるさくてめんどくさかったけど、あれはあれでね」
昔を懐かしむ慎森は、まだとわ子に未練があるようす。
慎森が帰ろうと玄関から出ると、入れ違いで鹿太郎(角田晃広)がやってきたが「彼女は忙しいから」とそのまま慎森に連れていかれる。
2人はオペレッタに立ち寄るが、八作(松田龍平)は1人旅に出ているという。

とわ子は、松林カレン(高橋メアリージュン)がマディソンパートナーズの担当者と会っていたことを聞きカレンに尋ねる。カレンは会社のためにやったという。
とわ子はカレンにしばらくの間停職処分にと告げるが「もとはと言えば1年前の契約破棄が原因で負債を返せていないから、社長の責任だ」と責めるカレン。
1年前、かごめの死を知らされたとわ子は交渉を打ち切ってその場を退席したのだった。

翌日、マディソンパートナーズとの話し合いが行われる。
話し合いを前にして、とわ子は冷静に丁寧に説明していこうと社員たちに伝えていたのだが、コストの削減ばかり求めるマディソンパートナーズの担当者・若木(川口覚)に対し、六坊仁(近藤芳正)は声を荒げて社員たちの思いをぶつけた。とわ子は話し合いを打ち切り、交渉は決裂する。
「ついカッとなった」と謝罪する六坊に「自分が言いたかったことを先に言われて悔しい。ここにいる社員全員がそう思っている」と、とわ子がいうと社内から拍手がわき起こった。
社員たちを明るく勇気付けるとわ子だったが、先行きは厳しく思わずため息をついた。

そんなとわ子を気遣い、慎森は会社の屋上にとわ子を誘う。2人は紙コップでワインを飲んだ。
マディソンパートナーズとの交渉が決裂したことで、何か意見されると思っていたとわ子は、
「今日は僕もスカッとした。六坊さんに怒鳴られたときのアイツらの顔、最高だったね。利益をあげることは大事だけど一番大事なのはそこで働いている人だよ」という慎森の意外な言葉に驚く。
「雑談はいる?お土産はいる?」先日とわ子の家を訪ねてきたときのことを持ち出すとわ子。
「雑談もお土産もいらない。でも、好きな人との雑談は楽しいし、好きな人にお土産をもらうのも嬉しい。好きな人となら紙コップで飲むワインもおいしい」その返事に思わず飲んでいたワインにむせるとわこ。慎森は話を続ける。「僕はやっぱり君のことが好きだ。焼肉が好き。焼肉は僕のこと好きじゃないけど、僕は好き。キミは今、僕のことどう思っている?」慎森らしい告白だったが、
「元気でいてほしい。ちゃんと睡眠とってほしい。野菜食べてほしい」とわ子はそう答えた。
「好きだって言って、野菜食べなって言われると思わなかったな・・・」慎森はそう言い残して戻っていった。

八作(松田龍平)と久しぶりの再会

夜、八作がとわ子を訪ねてきた。
北海道土産の松前漬けを届けにきてくれたのだ。
久しぶりの再会に「元気?」とわ子の問いかけにふっと笑う八作。
とわ子はボサボサ頭でヒゲの手入れもしていない八作の様子が気になり、とわ子の家でご飯を食べることに。2人はたわいもない会話をする中、ふと八作がトロフィーを目にする。
それには「佳作・空野みじん子」と書かれている。かごめのペンネームだ。
お互いにそのことには触れずに話をそらした。
帰り際に、八作は唄の入学祝いをとわ子の家に送るという。そうすれば会いに行けるからと、とわ子を思いやる。
「元気?」という八作。そして「ごめんね」と・・・
とわ子もまた「ごめんね」と返した。

八作が帰った後、とわ子はお土産を小分けにしながら、いつもかごめが座っていた椅子を見つめる。
その時、唄から電話が入り世界史の教科書がいるという。とわ子は翌日届けることに。

その頃、鹿太郎と慎森はいっしょに食事をしていた。
焼き肉を食べながら話題はとわ子のことに、最近のとわ子は二人の身体のことを気にかけているという。やはり、今でもかごめのことが忘れられずにいるのだろうと。八作がかごめととわ子のことを以前から知っているのだから、励ますのは八作がいいだろうと話す二人。
「僕たちには何もできないのかな」と鹿太郎がつぶやく。

謎の男・X(オダギリジョー)と偶然の再会

翌日、とわ子は世界史の教科書を届けに行くが唄は不在。
帰りにシナモンロールを買いバスに乗る。

ふと隣を見ると、謎の男・X(オダギリジョー) が座っている。
X は乗り合わせた乗客の動きを数式で解いていた。どうやらあくびをしている人と足をプラプラさせている人と背中をかいている人の動きが何秒後にそろうのかを計算しているようだ。

数学に興味があるとわ子もその数式を解き始めるが、気がつくとかなり乗り過ごしてしまった。
あわててバスを降りると、Xも降りてきた。

さっき買ったパンをうっかりバスに忘れてしまったとわ子。Xは走ってバスを追いかけ、パンをとってきてくれた。「この前のお礼です」とラジオ体操でのやりとりを覚えていたのだった。

二人はベンチに座り、シナモンロールを食べながらバスの中で解いていた数式の話やとわ子の仕事の話を始める。そこからの流れでかごめ(市川実日子)の話に。
とわ子は幼稚園で見たマジックショーでの出来事がかごめの死と重なり、かごめが亡くなった日のことを思い出して次々とかごめへの思いが溢れ出てくる・・・

黙ってとわ子の話に耳を傾けていたXは、人生には二つルールがあるという。
一つは、亡くなった人を不幸だと思ってはならない。
そして、もう一つは生きている人は幸せを目指さなければならない。人は時々寂しくなるけど人生を楽しめる。人生を楽しんでいいに決まってると。
思わず涙がこぼれたとわ子に、Xはハンカチを差し出した。

その夜、久しぶりに夢を見たとわ子。
その夢には好きな子が出てきてくれた・・・

謎の男・Xの正体は!?

しろくまハウジングがマディソンパートナーズに買収されることが決まった。
とわ子は、これから本部長がやってきて取締選任会議を行うことになったと社員たちに告げる。

神妙な面持ちで出迎えるとわ子たち。
そして、やってきたのは、何とあの謎の男・Xだった!
謎の男・Xの正体はマディソンパートナーズの本部長・小鳥遊大史(たかなし ひろし)だったのだ。

唖然とするとわ子に、小鳥遊はとわ子の社員に対するパワハラ問題について、場合によってはとわ子を解任すると告げた。

翌朝。
いつものようにラジオ体操に出かけたとわ子に「この間はどうも」と声をかけてきた小鳥遊。
どうしてそんな風に話せるのかと不思議がるとわ子に「昨日はビジネスでしょ。これはプライベート」平然と答える小鳥遊。
さらに「おかかとツナマヨのどっちがいいですか?」とお弁当を差し出してきた。

第8話に続く・・・

オダギリジョー!!
やってくれますね〜 いやぁ〜最高です!
でも、ビジネスとプライベートがこうも違いすぎると普通だったらちょっとヤバいかも!?(笑)
三人の元夫たちともそれぞれにいい関係が築けて、思わず涙ぐむシーンがあったりして。
この先、とわ子の恋はどうなってしまうのでしょうか?
とわ子には幸せになってほしいのですが・・・
と、その前に、しろくまハウジングの行方は?
とわ子は社長を解任されてしますのでしょうか!?

ドラマの原作やキャストについて各話ごとのネタバレ感想については、こちらにまとめていますので、どうぞご覧ください。

大豆田とわ子と三人の元夫の原作は漫画?脚本・キャスト・相関図のまとめ
2021年春の新ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」がいよいよスタートします。脚本:坂元裕二 × 主演:松たか子のタッグでおくるロマンティックコメディ!ドラマのキャストや気になる情報をお届けしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫のナレーションは誰?1話の感想とあらすじ
2021年の春の新ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』がフジテレビ系で4月13日火曜夜9時からいよいよスタートしました。脚本家・坂元裕二さんと主演の松たか子さんのタッグでおくるロマンティックコメディ!記念すべき第1回目のゲストは斎藤工さん!こ...
大豆田とわ子と三人の元夫の主題歌はラップ?2話の感想とあらすじ
『大豆田とわ子と三人の元夫』第2話は、三番目の元夫・慎森(岡田将生)にスポットをあてたストーリーになっています。 ドラマのあらすじやネタバレ感想について、また早くも話題になっているこのドラマの主題歌についても詳しくお伝えしたいと思います。...
大豆田とわ子と三人の元夫3話のゲストは神尾楓珠〜ネタバレ感想とあらすじも!
『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話は2番目の元夫・鹿太郎(角田晃広)にまつわるストーリーになっています。ゲストは神尾楓珠さん! ドラマのネタバレ感想やあらすじ、ゲストの神尾楓珠さんについてもお伝えしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫のオペレッタシェフ役に長岡亮介(浮雲)が登場!
大豆田とわ子と三人の元夫5話ネタバレ感想!スカパラ谷中敦が登場!
『大豆田とわ子と三人の元夫』第5話は5月11日夜9時から放送予定です。 第5話は、4度目のプロポーズ「もう一度結婚するならあなたがいい」〜三人の元夫たちの憂鬱と題してストーリーが繰り広げられます。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感...
大豆田とわ子と三人の元夫6話ネタバレ感想!市川実日子”かごめ”の死
『大豆田とわ子と三人の元夫』第6話は5月18日(火)夜9時から放送予定です。 第6話は全員集合地獄の餃子パーティーと題してストーリーが繰り広げられ、第1章が完結します。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思い...
大豆田とわ子と三人の元夫 8話のネタバレ感想!とわ子の恋の行方は?
『大豆田とわ子と三人の元夫』第8話は6月1日(火)夜9時から放送予定されました。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫9話ネタバレ感想!4度目の結婚はあるのか!?
『大豆田とわ子と三人の元夫』第9話は6月8日(火)夜9時から放送予定です。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫最終回ネタバレあらすじ感想!
『大豆田とわ子と三人の元夫』第10話(最終回)は6月15日(火)夜9時から放送予定です。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました