大豆田とわ子と三人の元夫9話ネタバレ感想!4度目の結婚はあるのか!?

2021年のドラマ

『大豆田とわ子と三人の元夫』第9話は6月8日(火)夜9時から放送予定です。

ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。



『大豆田とわ子と三人の元夫』第9話のあらすじ

 

『大豆田とわ子と三人の元夫』第9話のあらすじをお伝えします。(あらすじは番組HPより引用)

ビジネス上は敵対関係にありながら、心を通わせるとわ子(松たか子)と大史(オダギリジョー)。ところが、社長からの恩義に縛られることなく生きることを選んだ大史は、かねてから誘われていたマレーシアの会社に転職することを決断。さらに、現地では建築士としてとわ子の仕事も見込めるとして、とわ子に「人生を一緒に生きるパートナーになってくれませんか」とプロポーズをする。

そのことを八作(松田龍平)に伝えた唄(豊嶋花)は、「取り乱すから」と慎森(岡田将生)には内緒にしておくようお願いするが、運悪くそこへ慎森が現れる。その後、バッティングセンターで大史と待ち合わせていたとわ子の元に、なぜか八作、慎森が現れる。慎森いわく、八作がプロボウラーと結婚することになった、と。困惑しながら結婚報告する八作の話を聞いていたとわ子だったが、そこに遅れてきた大史が現れて…。

唄の応援もあり、四度目の結婚や新天地での生活に期待をふくらませつつも、一方では社長として会社と社員たちの行く末も気になるとわ子。そんな彼女に対して、元夫たちはそれぞれの思いを胸に行動を起こす。



『大豆田とわ子と三人の元夫』第9話のネタバレ感想!

『大豆田とわ子と三人の元夫』第9話のネタバレ感想をお伝えします。

プロポーズされるとわ子(松たか子)

小鳥遊(オダギリジョー)はかねてから誘われていたマレーシアの会社に転職することを決断し、とわ子(松田たか子)にプロポーズをした。「人生を一緒に生きるパートナーになってくれませんか?」

娘の唄(豊嶋花)は「家まであって、女としてこれ以上の幸せってある?」と結婚を後押しするが、とわ子はまだプロポーズの返事をしていないという。

そのことを伝えにオペレッタにやってきた唄。「これまで2回見てきて、結婚はあるね」と八作(松田龍平)に話す。そこへ、偶然にも慎森(岡田将生)がやってきて、「取り乱すから内緒にするように」とお願いして店を出る唄。
「僕に内緒って何ですか?」と問い詰める慎森に、思わず「僕、結婚するんです」と八作。誰と結婚するのか、どこで知り合ったのかと、怪しむ慎森に “英字新聞マン”から電話が入るが、いきなり着信拒否をする。鹿太郎(角田晃広)だから大丈夫だという慎森に「僕の名前は、なんて登録してあるんですか?」と尋ねる八作。慎森は「内緒です」と答えるが、八作は慎森の携帯に電話をかけ確かめてみる。携帯には”無意識過剰マン”の表示が。うつむく八作に「ごめんなさい」と謝る慎森。

とわ子はバッティングセンターで誰かと待ち合わせをしていた。
そこに、八作と慎森が現れ「ここってストーカーセンター⁉︎」と叫ぶとわ子。どうやら、2人は八作の結婚をとわ子に知らせるためにつけてきたようだ。すぐにそれが嘘だと見破るとわ子。
慎森は「じゃあ誰がいったい結婚するの?」と驚いていると、そこにやってきたのは小鳥遊だった。3人とも、とわ子のことが好きだと話す。モテモテのとわ子は上機嫌で、3人のバッティングする様子を鼻歌まじりに楽しんでいる。

しろくまハウジング・松林(高橋メアリージュン)の本心は?

しろくまハウジングでは、とわ子の進退問題が問われているが、何故か小鳥遊は会議に出席せず、とわ子は少し気にしているよう。

その夜、とわ子は自宅に松林(高橋メアリージュン)を誘って夕飯をともにする。
とわ子は、今まで会社に貢献してくれた松林をねぎらい、これからのしろくまハウジングに対する松林の考えを聞く。しろくまハウジングの全員を残し、マディソンと折り合いをつけていきたいという松林に、社長を譲ってもいいと話すとわ子。「せっかく社長が頑張ってきたのにごめんなさい」と涙する松林に「あなたは間違ってないよ」と答えた。
とわ子はマレーシアに行けない理由がまたひとつ減ったと思った。

 

慎森(岡田将生)の想い

慎森は、小鳥遊についての情報をつかんでいた。
その後、とわ子の家を訪ねると、出かけようとしていたとわ子の携帯を取り上げ、小鳥遊はやめたほうがいいと説得をはじめる。「もう1人はイヤなんだよ。限界なんだよ。誰かに頼りたいんだよ。守ってもらいたいんだよ」と弱音を吐くとわ子。その言葉に「人の孤独を埋めるのは愛されることじゃない。愛することだよ」と涙ぐむ慎森。
そして「君には愛する人がいて、その人も君を愛している。それは、僕でも小鳥遊でもない」と…

その時、こわ子の携帯にメッセージが入る。マディソンに株式不正取引の疑いで家宅捜査が入ったと。驚くとわ子に「心配しなくていい。その人は君のパートナーじゃない、田中さんだよ」と慎森はいう。

小鳥遊(オダギリジョー)の考え

とわ子は小鳥遊に会いに行く。
ここにいていいのかと尋ねるとわ子に小鳥遊は「逮捕される瞬間に立ち会えるかもしれない」と冗談で言い返すが、社長案件なので任意で事情聴取を受けるかもしれないと。
ただ、これは自分にとって良い知らせだと。社長は退任になり恩人である社長と争うことなく旅立つことができる。しろくまハウジングの買収についても頓挫するだろうと。
そうすればとわ子も安心して社長を辞めることができる。支度が整ったということだと小鳥遊は話す。

 

八作(松田龍平)の想い

その頃、オペレッタでは八作が誰かの気配を感じていた。
その気配を少し前から気にしていた八作は、とわ子のもとを訪ねる。
とわ子は、突然の訪問に「パスタがのびるから」といって追い返そうとするが、八作は「言っておかなければならないことがある」と切り出した。「君と結婚して良かった。幸せだった。幸せになってください」八作はインターフォン越しにそう話すと、手を振り帰って行った。

しろくまハウジングの行方は?

翌日、とわ子は松林も交えて、マジソンの今後の対応について話し合う。
社債を発行してマジソンに買われた株を買い戻すというとわこの案に、松林は手助けをするという。とわ子は「頼りにしてる」と松林に伝える。社員たちも松林の助けが必要なようだ。
もとのしろくまハウジングに戻りつつある社内の様子に、とわ子は安堵する。

とわ子最後の決断

その夜、とわ子は小鳥遊を自宅に招くために、ご馳走を作り準備をしている。
唄から電話が入り、これからいっしょに会わないかと誘うが「自分が決めることでしょ。ママはそんなに強くないんだから、誰かに守ってもらったほうがいいよ」と言われる。
「そうだね」といって電話を切るとわ子だが、まだプロポーズの返事を迷っている様子だ。
とわ子は、母親の写真をみつめながら、昔母親が言っていた言葉を思い出す。
「とわ子は1人でも大丈夫になりたい?それとも誰かに大事にされたい?」

小鳥遊がとわ子の家にやってきた。
事情聴取は大丈夫だったのかと心配するととわ子をよそに、小鳥遊はマレーシアで暮らす家の写真を見せてとわ子を喜ばせようとする。夕食の支度を手伝う小鳥遊。その様子を見つめるとわ子。
2人は食事をしながら会話もはずみ、楽しい時間はゆっくりと流れた。

そして、別れ際に2人はそっと抱き合い、とわ子は小鳥遊の頬にキスをする。

幸せの行方は・・・

小鳥遊を見送った後、オペレッタの八作のもとを訪れるとわ子。
とわ子は「今、まあまあ好きだなぁって思う人とお別れしてきた」と告げる。
八作は「それはもったいないことをしたね。」といい、話の続きを聞く。
「1人は寂しいけど、好きではない自分といるのはもっと寂しい。1人でも幸せになれると思うんだよね。ムリかな?」そう話すとわ子に「ぜんぜん余裕でしょ。なれるなれる」と言葉を返す八作。
その時、誰かが店のドアを開けたような気配を感じる2人。
「最近よく物音がして、とわ子が自分の様子を見にきたのかと思っていた」という八作。
とわ子は「私もあなたを好きになって結婚して良かった。今でも好きだよ」と話す。
「両思いだね」と微笑む八作に「あなたを選んで、ひとりで生きることにした」と告げるとわ子。
そして、今も側にかごめがいるという。「3人じゃ恋愛にならないよ。こうやってかごめのことを思い出して、3人で生きていこうよ」と。八作はとわ子の思いに「そうだね」とうなづく。
2人がかごめとの思い出話をしていると、鹿太郎と慎森から2人の携帯に連絡が入る。
携帯越しにいつもの言い争いをはじめる2人。それを楽しそうに聞いている八作ととわ子。

電話の後、八作ととわ子は、あの時続いていたらどんな夫婦になっていただろうと想像する。
ささいなことで喧嘩したり、子供のことで意見し合ったり、どちらかが病気になったり、お互いを思い合ったり、死ぬときは側にいたり…夫婦なんて強いところで繋がってるのではなく、逆に弱いところで繋がっているのかもと想いをめぐらせていた。

第10話(最終回)に続く・・・

とわ子は誰とも結婚しないとは思っていたけど、なんて素敵な大人の恋なんだろうとため息が出た。誰もが優しくて思いやりに溢れている。とわ子は周りの人たちのことを気遣い、周りの人たちもそれぞれにとわ子を思いやる。おそるべし坂本ワールド!!
すでに、最終回のような展開だったけど、残すところはあと1回!何か、予期せぬことが起こりそうな予感がするのは私だけでしょうか!?
『大豆田とわ子と三人の元夫』来週は、いよいよラストです!

ドラマの原作やキャストについてや各話ごとのネタバレ感想については、こちらにまとめていますので、どうぞご覧ください。

大豆田とわ子と三人の元夫の原作は漫画?脚本・キャスト・相関図のまとめ
2021年春の新ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」がいよいよスタートします。脚本:坂元裕二 × 主演:松たか子のタッグでおくるロマンティックコメディ!ドラマのキャストや気になる情報をお届けしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫のナレーションは誰?1話の感想とあらすじ
2021年の春の新ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』がフジテレビ系で4月13日火曜夜9時からいよいよスタートしました。脚本家・坂元裕二さんと主演の松たか子さんのタッグでおくるロマンティックコメディ!記念すべき第1回目のゲストは斎藤工さん!こ...
大豆田とわ子と三人の元夫の主題歌はラップ?2話の感想とあらすじ
『大豆田とわ子と三人の元夫』第2話は、三番目の元夫・慎森(岡田将生)にスポットをあてたストーリーになっています。 ドラマのあらすじやネタバレ感想について、また早くも話題になっているこのドラマの主題歌についても詳しくお伝えしたいと思います。...
大豆田とわ子と三人の元夫3話のゲストは神尾楓珠〜ネタバレ感想とあらすじも!
『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話は2番目の元夫・鹿太郎(角田晃広)にまつわるストーリーになっています。ゲストは神尾楓珠さん! ドラマのネタバレ感想やあらすじ、ゲストの神尾楓珠さんについてもお伝えしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫のオペレッタシェフ役に長岡亮介(浮雲)が登場!
大豆田とわ子と三人の元夫5話ネタバレ感想!スカパラ谷中敦が登場!
『大豆田とわ子と三人の元夫』第5話は5月11日夜9時から放送予定です。 第5話は、4度目のプロポーズ「もう一度結婚するならあなたがいい」〜三人の元夫たちの憂鬱と題してストーリーが繰り広げられます。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感...
大豆田とわ子と三人の元夫6話ネタバレ感想!市川実日子”かごめ”の死
『大豆田とわ子と三人の元夫』第6話は5月18日(火)夜9時から放送予定です。 第6話は全員集合地獄の餃子パーティーと題してストーリーが繰り広げられ、第1章が完結します。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思い...
大豆田とわ子と三人の元夫 7話のネタバレ感想!オダギリジョーが恋人に?
『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話は5月25日(火)夜9時から放送されました。 いよいよ第2章の幕開けです! ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫 8話のネタバレ感想!とわ子の恋の行方は?
『大豆田とわ子と三人の元夫』第8話は6月1日(火)夜9時から放送予定されました。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。
大豆田とわ子と三人の元夫最終回ネタバレあらすじ感想!
『大豆田とわ子と三人の元夫』第10話(最終回)は6月15日(火)夜9時から放送予定です。 ここでは、ドラマのあらすじやネタバレ感想についてお伝えしたいと思います。

 

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました