アトムの童3話のネタバレ感想とあらすじ〜銀行の裏切り!会社倒産の危機!!

2022年のドラマ

TBS日曜劇場『アトムの童』第3話は、経営再建に向け順調に進むだすアトム玩具。ところが、やよい銀行から突然、融資の即時返還要求が!那由他(山崎賢人)らは資金調達のため、大規模プレゼン大会に参加することに・・・。
この記事ではドラマ『アトムの童』第1話のあらすじやネタバレ感想をお伝えします。



アトムの童3話のあらすじ

TBS日曜劇場『アトムの童』第3話のあらすじについては、番組ホームページより引用してお伝えします。

第3話「 銀行からの使者」

那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)が「アトム玩具」でゲーム作りを始めて10カ月。繁雄(風間杜夫)たちがデザインしたキャラクターはPC画面の中でイキイキと動き出し、経営再建に向け順調な滑り出しをうかがわせた。

ところがその矢先、やよい銀行の小山田(皆川猿時)から突然、融資金の即時返金を迫られる。期限は1カ月。従業員総出の資金集めが始まる。

そんな折、パブリッシャーの晶(玄理)が、投資家とゲームクリエイターをつなぐ大規模プレゼン大会の参加を提案。那由他たちはラストチャンスに賭けるが…!?

引用元:https://www.tbs.co.jp/atomnoko_tbs/story/

順調な滑り出しを見せるアトム玩具に、またしても予期せぬピンチが訪れます!

そんな中、パブリッシャーの晶(玄里)からの大規模プレゼン大会の参加提案を受ける。

はたして、那由他(山崎賢人)たちは、チャンスをものにすることができるのでしょうか!?

TBS日曜劇場『アトムの童』第3話は、2022年10月30日(日)よる9時スタートです!

どうぞお楽しみに〜〜!!

☆第2話の振り返りは、こちらからどうぞ〜。

アトムの童2話のネタバレ感想とあらすじ〜敵は親友だった男!闇に堕ちた親友
TBS日曜劇場『アトムの童』第2話は、新たなパートナーを探す那由他(山崎賢人)はかつての親友・隼人(松下洸平)と偶然再会。 海(岸井ゆきの)は2人の関係、そして興津(オダギリジョー)との因縁を知ることに・・・。 この記事ではドラマ『アト...



アトムの童3話のネタバレと感想

アトムの童3話のネタバレ

ゲーム業界のバンクシーと呼ばれた「ジョン・ドゥ」こと安積那由他(山崎賢人)と菅生隼人(松下洸平)。

決裂していた2人は富永海(岸井ゆきの)のもと、再びアトム玩具でゲーム制作をはじめた。

1年かけて「ATOM WORLD」を作り、後はセーブやポーズ、メニュー選択などを組み込めば完成するところまでこぎつけ、いよいよ発売まで3ヶ月ほどとなった。

そんな中、工場が焼けた時に5,000万円を融資してもらった約束手形の返済期限が迫っていたため、海は財務顧問の鵜飼(林泰文)と共にやよい銀行の支店長・小山田(皆川猿時)を訪ねる。

期日の書き換え、いわゆる「ジャンプ」を依頼すると、小山田は銀行の方針が変わり、できなくなったと言い5,000万円の返済を求めた。

しかし、これは小山田の策略で、退職後にSAGAS役員として雇用してもらうことを条件に、興津晃彦(オダギリジョー)がアトムを買収できるよう仕向けていたのだ。

 

土地・技術・全てを担保として融資を受けているため、この返済ができなければアトム玩具の土地も技術も全てを奪われてしまうこととなり、みんなで途方に暮れていた。

SAGASへの売却を勧める鵜飼の言葉に、海は「このゲームが世界をひっくり返すところが見たい」と残りの1ヶ月でどうにか融資先を探すことを決意。

那由他と隼人はゲームの制作、それ以外のメンバーで過去の取引先や銀行を片っ端からあたるが、融資先は見つからないまま時間だけが過ぎていった。

 

ある日、カップラーメンをすすりながら「絶対このゲーム出そうね」という海の顔が、7年前に亡くなった親友・公哉(柳俊太郎)と重なった那由他は7年前の過ちを振り返る。

当時、「自分たちはいいゲームを作ればいい」と思って資金作りを公哉に任せてしまっていたが、自分たちも手伝うべきだったと反省し、今度はみんなで最高のゲームを作りたいと隼人に伝える。

同じ思いを持っていた隼人は、那由他と共に最高のゲームを作ることを決意した。

 

早速、隼人はパブリッシャー・相良晶(玄理)を招き、資金作りの方法をレクチャーしてもらうことに。

最初に取り組むのは「エレベーターピッチ」という、移動している投資家にプレゼンを仕掛けるという方法。

短時間で簡潔にわかりやすいプレゼンをする訓練を開始し、みんなで案を出し合いながら内容を考え、那由他・隼人・海の3人が練習を重ねた。

いよいよ実行当日を迎えるが、結果は惨敗で1件もリアクションを貰うことはできなかった。

ゲームを売り込むことの大変さを知った那由他は、公哉がどんな思いでこの営業活動をしていたのかを考えはじめる。

 

そんな中、支店長の説得を任されているはずの鵜飼は、支店長に会わずに会社に帰ると「説得は難しい」とみんなに報告し、SAGASへの売却を強く勧めていた。

それに反発する那由他と隼人を見て、相良は次の手「ゲームtoマッチ」という、ゲーム制作者とアジア中の投資家を繋ぐ大きなプレゼン大会への参加を提案。

悩んだ3人は、3日後に迫るこのプレゼンに挑戦することを決めたのだった。

 

その帰り、電話をしようとする鵜飼を呼び止め、那由他は最寄り駅まで車で送った。

道中で営業や会社の話をしている時、鵜飼が言った「社員がアトムの一番のファンなんですね」という言葉にヒントを得た那由他はお礼を伝える。

しかし、鵜飼はアトムの動きを小山田に報告するために送り込まれた、スパイだったのだ。

 

そして迎えた「ゲームtoマッチ」当日。

相良の指導で、海が英語であいさつ、隼人がゲーム内容を説明し、那由他が質疑応答を担当することになっていた。

無事説明を終えた2人の後、いよいよ那由他の質疑応答の時間となる。

誠実に答える那由他の前に現れたのは、興津。

わざと那由他を追い込むような質問を繰り返し、アトムにこだわる理由を問う興津に、那由他は公哉の話を始める。

那由他は、公哉が興津の心を動かしたことを例に挙げ、公哉がジョン・ドゥの一番のファンであったように、自分もアトムの一番のファンだからアトムでのゲーム制作にこだわっているんだと話した。

ゲームへの強くて熱い想いを冷静に話し切った那由他は、盛大な拍手に包まれたが、結局出資を申し出る人は現れなかった。

それは、興津が裏で出資者を事前にけん制していたためであり、物事は全て彼のシナリオ通りに事が進んでいた。

 

落胆ムードの中、ネットカフェを営む那由他の友人、森田(岡部大)が名刺を持って駆けこんでくる。

その名刺はインド人の社長のもので、カフェの常連客だった。彼はネット配信でプレゼンを見て興味を持ち、話を聞きたいと言ってくれているという。

彼が指定してきた面会日は29日、奇しくもその日は返済期限前日。

アトム玩具にとって、最後の勝負の日となった。

 

確証はないが、希望が見えて少し明るくなったアトム玩具だったが、出社し、パソコンを立ち上げた那由他は突然焦り始める。

なんと、今まで作っていたゲームが全て消えていたのだ・・・。

第4話に続く。



アトムの童3話の感想

第3話は、那由他の精神的な成長を見た回でしたね。

ゲームに関してはすぐ感情的になって、意地っ張りで自分勝手だった1話の那由他を考えると別人のよう。

公哉の死を受け入れられ、いい意味でちゃんと過去のことにできたというのが、一番大きいのかもしれません。

公哉を失ってバラバラになっていた那由他と隼人は、海と出会ってまた始めることができた。

「今度は同じ失敗を繰り返したくない」という那由他の言葉は、グッとくるものがありました。

なにより、隼人と那由他が一緒にいる時の空気感が自然で、長年の親友感がちゃんと出ていていいですね。

今回の目玉はやっぱり、「ゲームtoマッチ」の那由他でしょう。

興津の嫌味な質問に冷静に答えるだけでなく、ちゃんと攻撃も仕掛けるあたりに那由他の頭の回転の速さを感じました。

そして、鵜飼はやっぱり悪者(笑)

でも、きっと気持ちを動かされて寝返ってしまうんだろうなぁと・・・期待!

海の直属の先輩だった井手さんが、これからちょっと関わってきそうな予感です。

荒波に揉まれ、チームとしての絆が深まってきたアトム玩具。

無事に「ATOM WORLD」を発売することはできるのでしょうか・・・。

第4話も楽しみです!!

 

☆第4話の続きはこちらからどうぞ〜。

アトムの童4話のネタバレ感想とあらすじ〜アトムに潜む裏切り者は誰だ!?
TBS日曜劇場『アトムの童』第4話は、ゲームの完成を目前にしてデータが消えてしまう。 プレゼンまで時間が迫る中、那由他(山崎賢人)と隼人(松下洸平)は急ピッチで復旧を試みるが、意見が分かれ口論になってしまう・・・。 この記事ではドラマ『...

☆全話を一気に観たい方はこちらから!!

アトムの童(こ)最終回は?結末までネタバレ感想、全話あらすじまとめ
TBS日曜劇場『アトムの童』は山崎賢人さんが主演を務めます。 若き天才ゲーム開発者が廃業の危機にある老舗玩具メーカーと手を組み、因縁の大企業に挑んでいく姿を描いた物語。 この記事ではドラマ『アトムの童』の感想やネタバレあらすじを、最終回...

 

☆ドラマの原作や脚本、キャスト・相関図、放送日については、こちらに詳しくまとめていますので、ぜひご覧になってくださいね〜♪

アトムの童の原作は漫画?脚本家は?あらすじから最終回、結末予想!
山﨑賢人さんが主演のドラマ『アトムの童(こ)』の原作は漫画?それとも小説でしょうか?脚本家は誰なのかも気になりますよね? この記事はドラマ『アトムの子』の原作は漫画や小説なのか?脚本家やキャスト・相関図のまとめと、あらすじから最終回結末を...



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました