エルピス1話のネタバレ感想とあらすじ〜長澤まさみ主演ドラマスタート!

2022年のドラマ

ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』は、主演の長澤まさみさんがスキャンダルによりエースの座から転落した人気アナウンサー・浅川恵那を演じます。冤罪疑惑を知った恵那は、巨大な組織に阻まれながらも、仲間たちとともに真相の究明に奮闘する姿を描いた物語。
この記事は、エルピス1話の感想とネタバレあらすじをお伝えします。



エルピス〜希望、あるいは災い〜1話のあらすじ

ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』第1話のあらすじは、番組ホームページより引用してお伝えします。

第1話「贖罪とバラエティ」

大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)は、かつてゴールデンタイムのニュース番組でサブキャスターを務め、人気、実力ともに兼ね備えた女子アナだったが、週刊誌に路上キスを撮られて番組を降板。

現在は、社内で“制作者の墓場”とやゆされる深夜の情報番組『フライデーボンボン』でコーナーMCを担当している。

そんなある日、番組で芸能ニュースを担当する新米ディレクターの岸本拓朗(眞栄田郷敦)に呼び止められた恵那は、ある連続殺人事件の犯人とされる死刑囚が、実は冤罪かもしれないと相談される。

両親が弁護士という裕福な家庭で育った拓朗は、持ち前のルックスも手伝って、仕事の実力とは裏腹に自己評価が高く、空気が読めない男。

とある理由で報道、ましてや冤罪事件とはもう関わりたくないと思っている恵那の気持ちなどお構いなしに、事件の真相を追うために力を貸してほしいと頭を下げる。

しかし、拓朗がそこまで躍起になるのには、ある事情があって…。

拓朗によれば、冤罪疑惑はある有力筋から得た情報だという。だが、かつて自分が報道したこともある事件だけに、にわかには信じられない恵那。

そのうえ事件が起きたのは10年近くも前で、犯人とされた男の死刑もすでに確定している。

恵那は、すでに風化した事件を掘り起こすことは得策ではないと一蹴するが、それでも拓朗は懲りずに、新入社員時代の指導担当で報道局のエース記者・斎藤正一(鈴木亮平)を頼る。

そして、事件当時の話を一緒に聞きに行こうと無邪気に恵那を誘うが…。

引用元:https://www.ktv.jp/elpis/story/01/

いよいよ、長澤まさみさん主演のドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』がスタートしますね〜!

死刑囚の冤罪疑惑を追って巨大な組織に阻まれながらも、仲間たちとともに真相の究明に奮闘する姿を描いた、本格的な社会派エンターテインメント!!

主人公・恵那は一度は失った “ 自分の価値 ” を取り戻すことができるのでしょうか!?

ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』第1話は、2022年10月24日(月)よる10時スタートです!どうぞお楽しみに〜〜!!

☆ドラマの原作や脚本、キャスト、登場人物・相関図は、こちらの記事にまとめていますので、ぜひご覧ください♪

エルピスの原作は実話?脚本やネタバレあらすじ、キャスト・相関図は?
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』は長澤まさみさんが主演を務め、眞栄田郷敦さんと鈴木亮平さんが共演することで話題となっています。また、エルピスの原作は実話をもとに作られたものと言われていますが、はたしてその真相は!? この記事ではド...



エルピス〜希望、あるいは災い〜1話のネタバレと感想

エルピス〜希望、あるいは災い〜1話のネタバレ

大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)は、実力のある人気女子アナだった。

ゴールデンタイムのニュース番組でサブキャスターをも務めていた彼女は、あるスキャンダルでその座を奪われた。

現在は、社内で制作者の墓場とも言われている、深夜の情報番組「フライデー・ボンボン」のコーナーMCを務める。

どこで誰に陰口を叩かれても聞こえないよう、常にイヤホンをつけ、報道から左遷された村井喬一(岡部たかし)に罵詈雑言を浴びせられても、受け流す日々を過ごしていた。

しかし、その裏では不眠症や拒食症に苦しみ、ロケに遅れてしまうこともあるほどだった。

その「フライデー・ボンボン」で新米ディレクターを務めるのが、岸本拓朗(眞栄田郷敦)。

彼は、弁護士の両親に大切に育てられた自称エリートで、相手が怒るのは自分が悪いのではなく、相手の機嫌が悪いだけだと思えてしまうほど能天気な男だった。

その日の収録でも、映画の告知で日付のカンペを出せず、恵那にフォローしてもらう始末。

自分のコーナーが終わり、そそくさと持ち場を離れる拓朗は、ヘアメイクの大山さくら(三浦透子)が「話したいことがある」と声をかけられた。

収録後の飲み会でさくらは拓朗を連れ出し、アイドルを口説く拓朗の声を録音した音声を聞かせる。

番組スタッフは、「フライデー・ボンボン」専属アイドルである「ボンボンガールズ」との恋愛は禁止されていたにも関わらず、拓朗はそのアイドルを口説いていたのだ。

アイドル本人から音声を買い取ったさくらは、音声を公開されたくなければ、ある事件を調査して欲しいと依頼する。

その事件は、12年前に起こった若い女性を狙った連続殺人事件。

犯人は既に捕まっており、最高裁で死刑判決が出ているのだが、さくらは冤罪だと主張する。

実は、この犯人が捕まるきっかけは、家出少女を匿っていたことでロリコンと報道されたからだった。

しかし、その少女こそ、母の内縁の夫からひどい暴力を受けていたさくらで、おじさんは家出をしていくところのない彼女を助けただけだったのだ。

さくらからその話を聞いた拓朗は、元々報道で冤罪特集をしていた恵那に相談を持ち掛ける。

拓朗は強引に事件の概要や情報を恵那に話し、報道部に持ち込んで欲しいとお願いするが、自分で行きなさいと言われてしまう。

恵那の報道部の同期に話に行くが、案の定断られてエレベーターを待っていると、新入社員時代に指導担当をしてくれた斎藤正一(鈴木亮平)と再会。

当時その事件を取り上げたという斎藤に時間を作ってもらった拓朗は、恵那にも来るよう伝える。


約束のレストランに恵那が現れないことを愚痴る拓朗に、斎藤が呆れて真実を話す。

恵那の転落のきっかけとなったスキャンダルは、路上でのキス写真が週刊誌に掲載されたからであり、その相手で当時の恋人だったのが斎藤なのだ。

それを聞いて動揺する拓朗の前に、恵那が現れた。

レストランで事件について聞いた斎藤は、苦肉の策として自分なら特集を組むと答える。

飲み会中、いつものように途中で帰る恵那を追いかけた拓朗は、特番の企画を出すことを宣言。

冤罪事件を取り上げる大変さを説くが、「やるしかない」と答える拓朗に恵那も覚悟を決める。

2人で企画書を作り、村井にプレゼンをするが、やはり却下されてしまう。

村井に冤罪を扱う怖さや重さを突きつけられ、怯える拓朗。

恵那は、そんな村井に向かって吐き気を必死にこらえながら反論し、トイレへ駆け込んだ。


諦めようとする拓朗を必死に説得する恵那に、拓朗は自分の保身のためにこの話を持ち掛けたことを白状する。

そんな拓朗に、恵那は「もう飲み込みたくないものは飲み込まない」と宣言をしてその場を去った。

さくらに今回の取り組みを報告すると、右手の傷を見せられる。

号泣する拓朗は、さくらの話にではなく、その傷を見て自分の過去のトラウマを思い出していた・・・

そして、ずっと行方不明だった女子中学生が12年前と同じ方法で殺され、同じ場所に遺棄された。

果たして、その犯人が当時の真犯人なのか?

「僕は善人ではない」という拓朗の過去とは・・・?

これから、どう物語が展開していくのでしょうか。

 



 

エルピス〜希望、あるいは災い〜1話の感想

このドラマは、実際にあった事件から着想を得た物語だそう。

それぞれの関係性や、事件の概要がわかった1話。

物語に、コメンテーターをしている副総理がどう関わってくるのか、斎藤や村井が事件を追う恵那にどう関わってくるのか。

どれが伏線なのかを考えながら見るのも楽しいですね!


個人的には、恵那が身を引くことで斎藤が異例の出世をしたんじゃないかなぁとか・・・

事件はもちろん、それぞれのキャラクターのバックグラウンドも気になるところです。

また、このドラマはニュースや番組が舞台なのですが、本家本元ということもあって、撮影の様子や現場のセットなどが、とてもリアルに再現されてるように感じました。

テレビの世界を覗き見するような気持でも見られるドラマかもしれません。

次回も楽しみです!

第2話の続きはこちらからどうぞ〜。

エルピス2話のネタバレ感想とあらすじ〜新たな事件は模倣犯か、真犯人の仕業か?
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』2話は、かつての連続殺人事件を彷彿とさせる事件が発生。犯行手口や現場が同じことから、模倣犯かそれとも真犯人の仕業か!?冤罪の可能性に恵那(長澤まさみ)は、ついに始動する! この記事は、エルピス2話の...

☆ドラマを一気見したい方は、ぜひこちらから!

エルピスの最終回は?結末までネタバレ感想、全話あらすじのまとめ
ドラマ『エルピス〜希望、あるいは災い〜』は長澤まさみさんが主演を務め、眞栄田郷敦さんと鈴木亮平さんが共演します。物語はテレビ局を舞台に、冤罪疑惑の真相究明に奮闘する姿を描いた本格的社会派ドラマです。 この記事ではエルピスの感想やネタバレあ...

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました