アトムの童2話のネタバレ感想とあらすじ〜敵は親友だった男!闇に堕ちた親友

2022年のドラマ

TBS日曜劇場『アトムの童』第2話は、新たなパートナーを探す那由他(山崎賢人)はかつての親友・隼人(松下洸平)と偶然再会。
海(岸井ゆきの)は2人の関係、そして興津(オダギリジョー)との因縁を知ることに・・・。
この記事ではドラマ『アトムの童』第1話のあらすじやネタバレ感想をお伝えします。



アトムの童2話のあらすじ

TBS日曜劇場『アトムの童』第2話のあらすじについては、番組ホームページより引用してお伝えします。

第2話「 敵はかつての親友 」

新生「アトム玩具」がついに動き出した。ところが、那由他(山﨑賢人)から一向にゲームのアイデアが出てこない。社長の海(岸井ゆきの)は「ジョン・ドゥ」再結成を促すが、那由他は頑なに拒否する。

新たなパートナーを探すことになった那由他は、海に連れられゲームジャムのイベントに参加。その会場で隼人(松下洸平)とばったり会い…。

二人の態度に深い溝を感じた海は、ネットゲームカフェの森田(岡部大)を訪ねる。森田の口から語られたのは、那由他と隼人と公哉(栁俊太郎)の関係、そして興津(オダギリジョー)との因縁だった。

引用元:https://www.tbs.co.jp/atomnoko_tbs/story/

いよいよ物語が動き出しましたね〜。

那由他(山崎賢人)はかつての親友・隼人(松島洸平)と思いがけずに再開しますが、どうやら昔のままの関係とはいかないようです・・・。

TBS日曜劇場『アトムの童』第2話は、2022年10月23日(日)よる9時放送予定です!

どうぞお楽しみに〜〜!!

☆第1話の振り返りは、こちらからどうぞ〜。

アトムの童1話のネタバレ感想とあらすじ〜バカにするなよ!!ゲーム産業へ挑戦!
TBS日曜劇場『アトムの童』第1話は、安積那由他(山崎賢人)は「ゲーム業界のバンクシー」と称される、若き天才ゲーム開発者。しかし現在は姿をくらましていた。そんな中、老舗玩具メーカー「アトム玩具」は経営再建のために那由他を探していた・・・。 ...



アトムの童2話のネタバレと感想

アトムの童2話のネタバレ

アトムでゲーム作りを再開した安積那由他(山崎賢人)。

アトムの社員・各務(塚地武雅)、八重樫(でんでん)、富永繁雄(風間杜夫)はキャラクター作り、ゲーム本体は那由他が1人で作ることとなっていた。

最初の土台となるアイデアは浮かんだものの、いざ試作してみるとおもしろくない。

テーマやイメージが定まらず、行き詰ったまま時間だけが過ぎていた。

停滞する那由他を見かねた富永海(岸井ゆきの)は、もう1人のジョン・ドゥである、菅生隼人(松下洸平)に連絡することを提案。

しかし、那由他はそれを頑なに拒否。

海は仕方なく隼人を諦め、新しいパートナーを見つけるよう那由他に命令する。

実は、那由他と隼人は、親友:緒方公哉(柳俊太郎)の死をきっかけに決別してしまっていたのだった。

現在、SAGASの代表作となっている「スマッシュスライド」は、本当は那由他と隼人が作っていたゲーム。

制作過程で必要になった資金を調達するため、公哉が興津晃彦(オダギリジョー)と契約を結ぶ。

しかし、そのせいでゲームを奪われたと責任を感じ、公哉は自ら命を絶ってしまった。

そして、その出来事をきっかけに那由他はゲームを辞め、隼人は敵であるSAGASに就職。

隼人はSAGASに就職する本当の目的を誰にも言わず、2人はそれ以降一度も顔を合わせてはいなかったのだ。

一方、隼人は興津がジョン・ドゥを探していることを知り、自ら素性を明かした。

興津からジョン・ドゥの新作としてゲームを作るよう言われた隼人は、ある条件を提示する。

やっとチャンスをつかんだ隼人と、パートナー探しを始めた那由他と海は、即席で作られたチームで、短時間でゲームを作るというイベントで再会。

しかし、隼人の顔を見た那由他が、帰ってしまう。

残された海は、隼人に那由他がゲームを作り始めたことと、行き詰っていることを伝える。

協力を拒否しながらも、那由他の作ったゲームを見た隼人は「働きアリ」と思わず呟いてしまう。

それを聞いた海は、那由他にそのアドバイスを伝える。

頑なにアドバイスを無視しようとする那由他だったが、結局イメージが膨らんでしまい、ゲームが形になった。

それを見た海は、那由他のいない間に隼人をアトムの事務所に連れてきて、そのゲームをプレイさせる。

なんとか一緒にできないかと説得する海に、隼人は「ジョン・ドゥの名前でゲームをリリースする」と告げてその場を去った。

それを知り激高する那由他に、海は隼人の言葉とは裏腹な言動を伝え、向き合わせようと声をかけた。

翌日、那由他は公哉の実家を訪ね、隼人のことを尋ねる。

そこで公哉の母が見せてくれたのは、仏壇に供えられた「スマッシュスライド」の制作名義をジョン・ドゥに変更する、という条件の付いた契約書。

実は、隼人がSAGASに入社した本当の理由は、「スマッシュスライド」を取り返すため。

そのために、自分が今後制作するゲーム全てと引き換えにしようとしていることを知った那由他は、隼人の元へ急ぐ。

那由他は、ゲームを楽しんで作って欲しいこと、一緒にゲームを作りたい相手は隼人だということを伝えた。

しかし、隼人は興津との契約に向かってしまい、那由他は途方に暮れた。


那由他を振り切った隼人だったが、契約書になかなかサインできずにいた。

そんな隼人に、「過去をさっぱり水に流して、これからを考えよう」という興津。

その言葉で目が覚めた隼人は、ゲームを作る楽しさを思い出し、契約を破棄した。


失意の中、ゲームセンターで対戦ゲームをしていた那由他。

そこに突然、対戦相手が現れる。

戦い方から相手が隼人だと気付き、2人は思い出のゲーム機でその絆を取り戻した。


隼人の歓迎会をした翌日、事務所に海と入ってきたのは、財務顧問のムカイという男性。

この男は、味方か敵か・・・。


裏でうごめく、様々な思惑。

やっと始動したアトムに訪れる、次なる試練とは!?

第3話につづく。



アトムの童2話の感想

さて、今まで止まっていた時間が動き出した2話。

隼人がSAGASに入った理由がわかってから、今までの言動を考えると色々なことが腑に落ちました。

那由他の荒々しさと、隼人の冷静さ。

外から見ると静と動ですが、根っこは似てるんだなぁと感じさせられます。

SAGASに公哉と那由他との未来を奪われた隼人が、どんな思いで入社を決めたのか。

過去にしがみついて、苦しみながら戦ってきたことを考えると、涙が出そうでした。

那由他が契約を止めるシーンの2人のやり取りが絶妙でしたね・・・

山崎さんと松下さんの演技力で、長年いがみ合った親友っていう距離感がひしひしと伝わってきました。

そして、隼人が契約を破棄してからの表情の変化にも注目!

ゲームセンターでの那由他とのやり取りからは子供っぽさが、ふとしたところで見せる表情に柔らかさが出て、やっと解放されたんだなぁと感じました。

またまた大波乱の予感の3話も楽しみです!

☆第3話の続きは、こちらからどうぞ〜!

アトムの童3話のネタバレ感想とあらすじ〜銀行の裏切り!会社倒産の危機!!
TBS日曜劇場『アトムの童』第3話は、経営再建に向け順調に進むだすアトム玩具。ところが、やよい銀行から突然、融資の即時返還要求が!那由他(山崎賢人)らは資金調達のため、大規模プレゼン大会に参加することに・・・。 この記事ではドラマ『アトム...

☆全話を一気に観たい方はこちらから!!

アトムの童(こ)最終回は?結末までネタバレ感想、全話あらすじまとめ
TBS日曜劇場『アトムの童』は山崎賢人さんが主演を務めます。 若き天才ゲーム開発者が廃業の危機にある老舗玩具メーカーと手を組み、因縁の大企業に挑んでいく姿を描いた物語。 この記事ではドラマ『アトムの童』の感想やネタバレあらすじを、最終回...

☆ドラマの原作や脚本、キャスト・相関図、放送日については、こちらに詳しくまとめていますので、ぜひご覧になってくださいね〜♪

アトムの童の原作は漫画?脚本家は?あらすじから最終回、結末予想!
山﨑賢人さんが主演のドラマ『アトムの童(こ)』の原作は漫画?それとも小説でしょうか?脚本家は誰なのかも気になりますよね? この記事はドラマ『アトムの子』の原作は漫画や小説なのか?脚本家やキャスト・相関図のまとめと、あらすじから最終回結末を...



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました