日曜の夜ぐらいはドラマの原作は?脚本、キャスト相関図、あらすじまとめ

2023年のドラマ

2023年4月期のテレビ朝日系新ドラマ『日曜の夜ぐらいは』は、主演の清野菜名さんに岸井ゆきのさん、生見愛瑠さんが共演します。
このドラマは、どこにでもいる平凡な女性3人の友情を描いた物語です。
ドラマ『日曜の夜ぐらいは』の原作や脚本、キャスト・相関図、あらすじ、いつから放送なのかをまとめてみました。



日曜の夜ぐらいは…ドラマの原作は?

2023年4月からスタートする、テレビ朝日系新ドラマ『日曜の夜ぐらいは…』

主演の清野菜名さんに、実力派の俳優陣が共演するとあって話題になっています!

このドラマ『日曜の夜ぐらいは…』に、原作はあるのでしょうか?

原作は漫画や小説?それとも韓国ドラマのリメイク!?

実はこのドラマには原作はありません。

脚本家・岡田惠和さんによるオリジナルストーリーとなっています!

完全オリジナル作品なので、ストーリー展開を考察する楽しみもありますよね〜♪

岡田惠和さんについては、次の章で詳しくご紹介したいと思います。

 



日曜の夜ぐらいは…ドラマの脚本は?

先にお伝えしたように、ドラマ『日曜の夜ぐらいは』の脚本を手がけるのは岡田惠和(おかだ よしかず)さんです。

岡田惠和さんは東京都三鷹市出身で、1959年2月11日生まれの64歳。(2023年3月現在)

ドラマ好きであれば、ご存知の方も多いですよね〜。

私も大好きな脚本家で、リズム感のあるユーモアたっぷりの会話劇が魅力の一つです!

代表作に、テレビドラマ『ビーチ・ボーイズ』『彼女たちの時代』『最後から二番目の恋』『泣くな、はらちゃん』『ど根性ガエル』『奇跡の人』『この世界の片隅に』『姉ちゃんの恋人』『にじいろカルテ』ほか多数。

NHK連続テレビ小説は、『ちゅらさん』『おひさま』『ひよっこ』と3本の朝ドラも手がけています!

映画は、『いま、会いにゆきます』『世界から猫が消えたなら』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『いちごの唄』『余命10年』など。

原作漫画の脚本を手がけることも多いですが、印象に残るオリジナル作品もたくさんあって、私的にはドラマ『最後から二番目の恋』シリーズや『泣くな、はらちゃん』『姉ちゃんの恋人』『にじいろカルテ』が大好きでした♡



日曜の夜ぐらいは…のあらすじは?

ドラマ『日曜の夜ぐらいは』のあらすじについては、番組ホームページより引用してお伝えします。

あらすじ

古ぼけた団地、郊外の借家、街中を空しく走るタクシー。時代に取り残され、活気を失い、どことなくもの寂しさが漂うどこにでもある光景に、特筆すべき要素はない。

だが、それぞれの窓の奥に目を凝らせば、そこにはさまざまな事情を抱えた暮らしがあった。

足の不自由な母との二人暮らしを支えるため、休みなくバイトを続ける娘、そして家族から縁を切られながらも、退屈な毎日に楽しみを求めてタクシー運転手を続ける女性、

両親との縁が浅く借家暮らしを送りながら祖母と工場勤務を続ける孫娘…。

離れた場所に住み、お互いの存在も知らない3人は、あるラジオ番組をきっかけに運命的な出会いを果たす。

そして、お互いに戸惑いながらも心を通わせ始めた彼女たちにある“奇跡”が起き…漫然とした暮らしの中で行き詰まっていた3人の人生が、静かに動き出す…!

引用元:https://www.asahi.co.jp/drama_22_abctv/



日曜の夜ぐらいは… キャスト・相関図は?

日曜の夜ぐらいはのキャスト・スタッフ一覧

<キャスト>

岸田サチ:清野菜名
野田翔子:岸井ゆきの
樋口若葉:生見愛瑠
岸田邦子:和久井映見
市川みね:岡山天音
住田賢太:川村壱馬(THE RAMPAGE)

<スタッフ>

脚本:岡田惠和
監督:新城毅彦
企画プロデュース:清水一幸
制作著作:朝日放送テレビ

日曜の夜ぐらいはのキャスト 岸田サチ:清野菜名

岸田サチ(きしだ さち):清野菜名

主人公。
車椅子生活をしている母親と暮らす20代の女性。
自分の感情を表現するのが苦手で、とても不器用。

清野菜名 プロフィール


生年月日:1994年10月14日
出身地:愛知県稲沢市
身長:160cm
血液型:B型
趣味/特技:歌うこと/ギター・ドラム・球技・陸上・アクション・殺陣
所属事務所:トップコート

代表作
テレビドラマ『トットちゃん』『半分、青い。』『やすらぎの郷』シリーズ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』『今日から俺は!!』『婚姻届に判を捺しただけですが』
映画『TOKYO TRIBE』『パーフェクト・レボリューション』『キングダム2 遥かなる大地へ』『耳をすませば』

清野菜名(せいの なな)さんは、夫で俳優の生田斗真さんと結婚後、2022年3月9日に無事第1子を出産。

2021年10月に放送のドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』以来、1年半ぶりの連続ドラマで主演を務めますよ〜!

 

日曜の夜ぐらいはのキャスト 野田翔子:岸井ゆきの

野田翔子(のだ しょうこ):岸井ゆきの

不良に憧れて学生時代を過ごし、複雑な家庭環境に育つ。
元ヤンキーの女性タクシードライバー。

岸井ゆきの プロフィール


生年月日:1992年2月11日
出身地:神奈川県
身長:150.5cm
血液型:AB型
趣味/特技:映画鑑賞・音楽鑑賞・古着屋巡り・お菓子作り/泡立てること
所属事務所:ユニマテ

代表作
テレビドラマ『99.9刑事専門弁護士』『真田丸』『まんぷく』『恋せぬふたり』『アトムの童』
映画『愛がなんだ』『やがて海へと届く』『神は見返りを求める』『犬も食わねどチャーリーは笑う』『ケイコ目を澄ませて』

先日、映画『ケイコ 目を澄ませて』で、第46回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を見事獲得した岸井ゆきの(きしい ゆきの)さん。

今や、映画やドラマに引っ張りだこの実力派女優です!

そんな魅力あふれる岸井ゆきのさんについて、記事にまとめていますので、こちらもぜひご覧になってくださいね〜♪

岸井ゆきの結婚相手(旦那)はだれ?歴代の熱愛彼氏や好きなタイプは?
映画やテレビドラマで活躍中の女優・岸井ゆきのさん。NHKドラマ『恋せぬふたり』で主演をつとめ話題となっています。可愛らしい外見から若手女優さんと思っていましたが、もうすぐ30歳を迎えるそう!結婚はしているのか?結婚相手の旦那さんも気になりま...
岸井ゆきの本名や実家の親・兄弟、家族構成は?父親は芸能人って本当!?
多くのドラマや映画で活躍中の岸井ゆきのさん。話題作にも引っ張りだこの人気女優です。 そんな岸井ゆきのさんの本名や実家の家族、父親は芸能人という噂も気になります。 記事では岸井ゆきのさんの本名や実家の親・兄弟など家族構成、父親は...

 

日曜の夜ぐらいはのキャスト 樋口若葉:生見愛瑠

樋口若葉(ひぐち わかば):生見愛瑠

祖母と一緒に借家で暮らす女性。
ラジオが大好きで、ちくわぶ工場に勤務している。

生見愛瑠 プロフィール


生年月日:2002年3月6日
出身地:愛知県稲沢市
身長/体重:165cm/45kg
血液型:O型
趣味/特技:
所属事務所:エイベックス・マネジメント

代表作
テレビドラマ『おしゃれの答えがわからない』『恋です!ヤンキー君と白状ガール』
映画『モエカレはオレンジ色』『湯道』

めるるの愛称で人気の生見愛瑠(ぬくみ める)さん。
モデルやバラエティ番組で活躍する一方、最近では女優としても演技力に磨きがかかってきましたね〜!

2022年に公開の映画『モエカレはオレンジ色』ではヒロイン役もつとめています♪

女優として、これからますます期待されるめるるについては、こちらの記事で紹介しています。

ぜひ、ご覧になってくださいね〜〜!

生見愛瑠は本名?読み方や名前の由来は?高校大学、学歴やドラマ出演作も紹介!
めるるの愛称で人気の生見愛瑠さん。 スタイル抜群で可愛いと評判の彼女ですが、ちょっと変わった名前も気になりますよね〜。 この記事では生見愛瑠さんの読み方や名前の由来について、出身高校・大学など学歴や経歴、出演作品についてまとめてみました。

 

日曜の夜ぐらいはのキャスト 岸田邦子:和久井映見

岸田邦子(きしだ くにこ):和久井映見

サチの母親。
車椅子生活で外出の機会も少なく、サチ以外の人との交流がない。

和久井映見 プロフィール


本名:和久井良子

生年月日:1970年12月8日
出身地:神奈川県横浜市
身長:158cm
血液型:A型
趣味/特技:楽器演奏
所属事務所:アルファーエージェンシー

代表作
テレビドラマ『スワンの涙』『愛しあってるかい!』『夏子の酒』『妹よ』『ピュア』『バージンロード』『華岡青洲の妻』『必殺仕事人シリーズ』『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』『姉ちゃんの恋人』
映画『ぼくと、ぼくらの夏』『就職戦線異状なし』『息子』『虹の橋』『バースデイプレゼント』『さんかく窓の外側は夜』

和久井映見(わくい えみ)さんは、高校生の時にスカウトされ芸能界入り。

若い頃は歌手としても脚光を浴びました。

日本アカデミー賞最優秀主演女優賞と助演女優賞の受賞をはじめ、多くの賞を獲得するなど息に長い演技派の女優さんです。

また、番組でナレーションを担当することもあり、独特の声がとても魅力的です。

 

日曜の夜ぐらいはのキャスト 市川みね:岡山天音

市川みね(いちかわ みね):岡山天音

ラジオ番組の旅行企画で世話役を務めるベテランリスナー。

岡山天音 プロフィール


本名:岡山天音

生年月日:1994年6月17日
出身地:東京都国立市
身長:175cm
血液型:AB型
趣味/特技:ダンス/絵を描くこと
所属事務所:ユニマテ

代表作
テレビドラマ『ひよっこ』『同期のサクラ』『オリバーな犬、(Gosh!!)このやろう』『最愛』『恋なんて、本気でやってどうするの?』
映画『帝一の國』『ポエトリーエンジェル』『愛の病』『キングダム2遥かなる大地へ』『沈黙のパレード』

岡山天音(おかやま あまね)さんは、2009年に中学生日記のオーディションに合格し、俳優デビュー。

多くのテレビドラマや映画に出演する、個性派俳優です。

岡山天音さんについて、いろいろ深掘りしていますので、よかったらこちらの記事ものぞいて見てくださいね〜!

岡山天音の結婚相手や歴代の彼女は?本名や学歴、父親についても調査!
auのCM、三太郎シリーズの一休役やドラマ『最愛』で刑事・藤井役を演じている岡山天音さん。 個性的なイメージの俳優さんですが、結婚相手は誰なのでしょうか?歴代の彼女についても気になりますよね〜。また、顔が似てることから父親は俳優のきたろうさ...

日曜の夜ぐらいはのキャスト 住田賢太:川村壱馬

住田賢太(すみた けんた):川村壱馬(THE RAMPAGE)

カフェ・プロデュース会社に勤務する男性。
サチの通勤途中に開店したカフェのスタッフとして、顔見知りとなる。

川村壱馬 プロフィール


生年月日:1997年1月7日
出身地:大阪府大阪市阿倍野区
身長:170cm
血液型:B型
趣味/特技:空手
所属事務所:LDH JAPAN

代表作
テレビドラマ『PRINCE OF LEGEND』『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.0』
映画『PRINCE OF LEGEND』『HiGH&LOW THE WORST』『貞子DX』

川村壱馬(かわむら かずま)さんは、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーで、ボーカル、ダンサーを務めています。

幼少期から俳優に興味があったそうで、これから俳優としてのパフォーマンスも期待されますね!

日曜の夜ぐらいはのキャスト・相関図は?

ドラマ『日曜の夜ぐらいは』のキャスト・相関図は、後日追記します。



日曜の夜ぐらいはドラマはいつから放送?

ドラマ『日曜の夜ぐらいは…』は、2023年4月30日にスタートする予定です。

テレビ朝日系で新設されるドラマ枠で、毎週日曜よる10時からの放送になります。

新ドラマ枠、1作目の作品ということで、キャストやスタッフ製作陣も張り切っているようですね!

脚本家・岡田惠和さんによる完全オリジナルストーリー。

どうぞお楽しみに〜!!

☆2023年4月スタートの新ドラマは、他にもたくさん注目されていますよ〜!

こちらもぜひ、ご覧くださいませ♪

2023年春ドラマのオススメは?4月スタート新ドラマ情報まとめ!
2023年4月から放送・配信される新ドラマのラインナップも着々と揃ってきています。 人気漫画やベストセラー小説が原作のドラマや新進気鋭の脚本家が手がけるオリジナルドラマ、 人気俳優が主演の話題のドラマなど目白押し! 記事では、2023年(春...



コメント

タイトルとURLをコピーしました