真犯人フラグ18話ネタバレ感想と考察!バタコと真帆の関係が明らかに!?

2022年のドラマ

真犯人フラグ真相編・第18話は瑞穂(芳根京子)や一星(佐野勇斗)の過去が明らかになる。それぞれの思惑が見え隠れする中、篤斗(小林優仁)の病室に大きな箱が届けられる・・・。
一方で凌介(西島秀俊)は、忘れていたバタコ(香里奈)と真帆(宮沢りえ)の関係を思い出す!?
この記事では、第18話のあらすじやネタバレ感想、真犯人や黒幕について考察していきたいと思います。

真犯人フラグ 真相編 18話のあらすじは?

日本テレビ系日曜ドラマ『真犯人フラグ』真相編、第18話のあらすじについては、番組のHPより引用してお伝えします。

真犯人フラグ 真相編  18話のあらすじ

瑞穂(芳根京子)から、姉が殺された過去があると知らされた凌介(西島秀俊)。瑞穂は凌介に協力していた訳を話し・・・。

篤斗(小林優仁)の病室に大きな段ボールを運んできた鼓太郎(坂東隆汰)。危険を察知した篤斗がナースコールを押そうとすると、その手を強く握って止め、箱を開ける・・・!果たして中身は!?

SNSで一星(佐野勇斗)と陽香(生駒里奈)の高校時代の写真が拡散され、一星へのバッシングが高まる。光莉(原菜乃華)がいくら連絡しても、一星は音信不通だった。

不安になった光莉は、すみれ(須藤理彩)の定食屋を訪ねるが、一星はちょうど出て行ったばかりだった。すみれは光莉に、一星から託された封筒を渡す。

中身は凌介が書庫にしているトランクルームの鍵。
それは、光莉がある目的で一星に取ってきてほしいと頼んだものだった。

一方、団地の物陰には、相良家をじっと見つめる強羅(上島竜兵)の姿が。
そこに現れた河村(田中哲司)は強羅をけん制すると金を渡し、ある人物の調査を依頼して・・・。

真帆(宮沢りえ)を捜す手がかりを見つけようとホームビデオを見返すと、凌介も忘れていたバタコ(香里奈)と真帆の思いがけない関係が浮かび上がり・・・!?

ついに、バタコが篤人を誘拐した理由が明らかに!
さらに、ある人物が真相を語り、逮捕される!!
そして突然、姿を消す仲間とは・・・!?

相良家を取り巻く人物たちの過去が明らかになってきましたね〜。

それぞれの思惑も見え隠れしてきましたよ〜!

第18話は、2022年2月27日(日曜)よる10時30分から放送の予定です。

お楽しみに〜〜!!

 

☆前回、第17話のおさらいは、ぜひこちらからご覧くださいませ!

真犯人フラグ17話ネタバレ感想と犯人の考察!あっちゃんは洗脳されていた!?
真犯人フラグ真相編・第17話はバタコ(香里奈)の逮捕により、危機感を募らせる朋子(桜井ユキ)。そんな中、篤斗(小林優仁)が恐怖の監禁生活について語り始め、洗脳されていたことが明らかに!? この記事では、第17話のあらすじやネタバレ感想、真...

 



真犯人フラグ 真相編  18話のネタバレ感想

鼓太郎(坂東龍汰)が篤斗(小林優仁)の病室に運んできた箱の中に、清明(桑名愛斗)が隠れていた。清明は篤斗に謝罪し、母・朋子(桜井ユキ)のためにあの日のことは黙ってほしいと懇願する。

 

一星(佐野勇斗)が凌介(西島秀俊)のトランクルームの鍵を持っていたのは、光莉(原菜乃華)に頼まれて盗んだという。それはトランクルームに保管してある凌介の本を古本屋に売って、家出資金にするためだったという。

凌介は大切にしていた本の行方を追跡する。すると、その本を古本屋に売ったのは陽香(生駒里奈)で、本が売られたのは光莉を拉致する1ヶ月以上も前だったことが判明する!?

凌介たちはいつから陽香とグルだったのか?と一星を問い詰める。
すると一星は、まるで吹っ切れたかのように、全ては自分が計画し陽香を利用してやったものだと話し始める。

事件当日、陽香が駅でわざと凌介にぶつかり鍵を盗み、その様子を一星が撮影。

後日、不倫疑惑写真としてSNSにアップしたり、光莉のローファーを埋め情報操作して炎上させることでわざと凌介をおとしいれ、助けるふりをしてメンバーたちの信頼を得たという。

光莉の監禁動画については、トランクルームで光莉にお芝居をさせ、画像を編集したものだった。

陽香に光莉を拉致させ痛めつけたのも、刺激がほしくなりだんだんエスカレートしていったと話す。

そして、自分が陽香に捕まって監禁されたというのも自作自演だったという。

怒りに震える凌介に一星はゲームとして楽しんでいただけ。これから本当の勝負が始まると告げる。

その後、駆けつけた阿久津(渋川清彦)らに連行された。

 

一方、バタコの過去が明らかになる!

17年前、息子の圭樹がサッカー教室のスタメンテストを受ける日に、交通事故で亡くなってしまう。

それまで夫の充(前野朋哉)や義母からサッカーをすることを反対されていたため、圭樹を殺したのはバタコだと責められ、そのショックで息子の死を受け入れられずにいた。

そんなある日、サッカー教室で篤斗がスタメンの10番をもらい、はしゃいでいる姿を目にする。

その時側にいた真帆を見て、同じ日に出産した隣のベットにいた女性であることに気づく。

そして、病室で取り違えられた!本当の息子は篤斗なのだ!と思い込んでしまったのだ。


鼓太郎は清明からSOSを求められたことを凌介に明かす。そして、朋子が押し入れのふすまに書かれた赤い文字を消している動画を見せた。さらに失踪当時、赤い傘をさしていた女性が朋子だったことをつきとめる!


一方、強羅(上島竜兵)から情報を入手した河村(田中哲司)は、占い師に会いに行く。すると、その占い師は何とあの猫おばさんだった!

そして、3年前に紹介者に連れられて瑞穂(芳根京子)と真帆(宮沢りえ)が占いに来ていたことが明らかになる!?

 

 



いやぁ〜、瑞穂と真帆が繋がっていたとは・・・。これは想定外ですよね〜!
ということは、やはり林(深水元基)が関係しているってことなのでしょうか?

それにしても、まるで別人のように変わってしまった一星はどうなの〜!?
これには裏がありそうですけどね・・・。

そして、猫おばさんが占い師だったなんて〜(笑)
でもなぜか妙に納得したのは私だけでしょうか?

真犯人フラグ 真相編  18話の真犯人・黒幕を考察!

なぜ瑞穂は以前から真帆と面識があったことを隠していたのでしょうか?
それも一緒に占いをしに行くほどの仲だったなんて。

単なるスーパーで出会った従業員と顧客というわけではなさそうですよね。

やはりこれには林が絡んでいるのだと考察します。

姉は林がらみで殺害され、林を追っているうちに真帆と林の間に何か関係があると気づき、真帆に近づいたのではないでしょうか?

バタコについては息子を殺したと姑にののしられたことで自分を責め、悩んでいた。
そして篤斗の本当の母親になることで、自分の存在を肯定したかったのではないでしょうか?

そのためには凌介や家族がジャマで殺すしかないと考えたのでは?

そして一星の証言はウソだと思います。パソコンで何かを調べていましたよね〜。
あれは瑞穂の姉の事件を知ったから。これに林が関係していることをつきとめ、本当の真犯人をおびき寄せるためにわざと逮捕されたのではないでしょうか?

3人の失踪はそれぞれ別の事件ですが、実は裏で繋がっていて、それらの一連の事件を裏で巧みに操っている真犯人がいると考えます。

ズバリ!その真犯人・黒幕は至上の時のマスター日野だと考察します!
学生時代から真帆に憧れていて、凌介が真帆を大切にしていないことに腹を立て、自分が真帆を幸せにすると策略を立てたのではないでしょうか?

もともと凌介や河村と大学で文芸サークル仲間だったわけですから、推理小説の筋書きを書くのは得意ですよね〜。

決して自分の手は汚さずに、それぞれの思惑をうまく利用して操っていたのではないでしょうか!?

 

残りが後わずかいうことで、一気に話が進んできましたね〜。
秋元先生〜!散りばめられた伏線が、パズルの最後のワンピースがバチッとはまるような展開を期待していますよ〜!

 



 

ドラマ『真犯人フラグ』の原作・脚本・キャスト・主題歌についてはこちらに詳しくまとめていますのでどうぞご覧ください。

真犯人フラグは漫画?小説?原作、脚本、あらすじ、キャスト・相関図まとめ
2021年10月から放送予定の日本テレビ系・新日曜ドラマ『真犯人フラグ』。 主演は、西島秀俊さん。共演に宮沢りえさんと芳根京子さんらが出演するとあって話題となっていますよね〜!このドラマの原作はマンガや小説なのでしょうか? この記事では...

 

ドラマ『真犯人フラグ』の脚本を手がけた脚本家・高野水登(たかの みずと)さんについては、こちらに詳しくまとめていますよ〜♪いったいどのような方なのでしょうか?気になった方は、こちらからチェックしてみて下さいね〜!

高野水登あなたの番です脚本家の経歴wiki調査!ドラマ作品を紹介!
日本テレビで放送され大ヒットしたドラマ『あなたの番です』の脚本を担当した高野水登さんをご存知でしょうか?この秋にスタートする新ドラマ『真犯人フラグ』で脚本を手がけ注目されていますが、高野水登さんとはいったいどのような方なのでしょうか? ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました