真犯人フラグ7話ネタバレ感想と考察〜亀田運輸の社員がリークした!?

2021年のドラマ

ドラマ『真犯人フラグ』の第7話は、拘束される光莉(原菜乃華)の動画から、その行方を追う凌介(西島秀俊)たち。しかし警察では、真帆(宮沢りえ)ら家族はすでに死亡しているのではと推測する。一向に進展しない状況にいらだちを見せる凌介。さらにぷろびん(柄本時生)が凌介と瑞穂(芳根京子)の不倫を告発する動画を公開し、窮地に立たされる・・・。

この記事では第7話のネタバレ感想や真犯人について考察していきたいと思います。



 

真犯人フラグ 7話のあらすじは?

日本テレビ系日曜ドラマ『真犯人フラグ』の7話のあらすじについては、番組のHPより引用してお伝えします。

真犯人フラグ 7話のあらすじ

拘束される光莉(原菜乃華)の動画を見た凌介(西島秀俊)は、すぐさま警察に通報。

サイバー捜査班と、一星(佐野勇斗)らプロキシマの一同がほぼ同時に動画解析を始める。

その結果、動画撮影された場所として、ある廃墟が特定される。

すぐさま、凌介は、瑞穂(芳根京子)と一星とともに廃墟へ向かう。

凌介たちが暗闇の中で光莉の姿を探していると・・・!?

勝手に動きすぎる凌介たちに、危険だから警察に任せてるように告げる阿久津(渋川清彦)。

しかし、手がかりは出てくるのに一向に進展しない状況に焦燥感と疲労を募らせる凌介は、一刻も早く真帆(宮沢りえ)たちを取り戻すために行動せずにはいられないと反論。

その脳裏からは光莉の姿が離れずにいた・・・。

警察では、光莉の生存は濃厚だが、背景に飛び散っていた大量の血痕が本物の血液であれば、真帆と篤斗(小林優仁)はすでに死亡している可能性が高いという見方が出てくる。

動画の送信元が判明し、阿久津がその場所に踏み込み・・・!

一方、瑞穂は、ぷろびん(柄本時生)の直撃を受ける。

ぷろびんは「あんた、炊飯器旦那と不倫してんだろ!?」と、凌介と瑞穂がキス寸前にも見える隠し撮り画像を突きつける。

場所は社内の給湯室。

社内の人間の誰かが凌介と瑞穂を陥れようとしていると知り、瑞穂はショックを受ける。

まもなく、凌介と瑞穂の不倫を告発するぷろびんの動画が公開され、瞬く間に拡散。

凌介へのバッシングが激しくなるだけでなく、瑞穂もマスコミの標的になってしまう。

そんな中、自宅ポストに投函された嫌がらせのビラの中に、ある怪文書を見つける凌介。

それは、冷凍遺体の箱に入っていた『お探しのものです』の文字に酷似していて・・・!?

 

 

☆第6話のおさらいはこちらからどうぞ〜〜!

真犯人フラグ6話ネタバレ感想と考察〜謎の男(前野共哉)は敵か味方か!?
ドラマ『真犯人フラグ』の第6話は、朋子(桜井ユキ)が真犯人では?という皆の予想に反し、凌介(西島秀俊)は状況的に不可能ではと分析する。そんな中、謎の男(前野朋哉)があらわれて・・・。この謎の男とはいったい何者なのでしょうか?はたして敵なのか...

 

 



真犯人フラグ 7話のネタバレ感想

拘束される光莉(原菜乃華)の動画を解析した一星(佐野勇斗)は、凌介(西島秀俊)、瑞穂(芳根京子)と共に動画が撮影された場所に向かう。

現場にたどり着いた凌介たちは建物の中を捜索し始める。と同時に警察も現場に到着。

ところが建物には誰もおらず、家族の手がかりは一向につかめなかった。

落胆する凌介に瑞穂は苦しい時ほど笑顔を忘れずにと励ます・・・。



翌日、警察は動画の配信元を突き止める。

動画を配信したのは光莉をストーカーしていた男だったが、知らない女に頼まれてやったことだという。



一方、瑞穂はぷろびん(柄本時生)からの直撃にあい、さらに隠し撮りされたキス写真とも見えるような画像をアップされ、凌介の不倫相手としてマスコミの標的になってしまう。

凌介はマスコミの前で、その写真は家族の無事を信じてムリをしてでも笑えと励ましてくれているところだと説明する。

そして彼女は自分の時間を犠牲にしてまで家族を探す手伝いをしてくれている。彼女を否定することは人の優しさを否定することと同じだと。

さらにマスコミの一言はその人の人生をダメにしてしまうこともあるが、家族を見つけ出す力にもなる。自分はその力を信じたい。これ以上彼女を苦しめないでほしいと訴えるとその場に倒れこんでしまう・・・。



その頃、一星は息子の優斗(小林優仁)が行方不明になったときに身につけていたと思われる洋服が、フリマアプリに出品されていることを突き止める。

日野(迫田孝也)の店に集まった面々は、やはり朋子(桜井ユキ)が関係しているのではと疑う。

凌介はそれを確かめるために朋子の部屋を訪れるが、何も聞き出すことができなかった。

しかし、朋子の息子・清明(桑名愛斗)の様子がおかしいことに気がつく・・・。

自宅に戻った凌介が郵便受けにたまったチラシをかたずけていると、その中に見覚えのある文字が・・・。

「それでも探しますか?」と書かれた紙には、なぜか真帆(宮沢りえ)と住愛ホームの林(深水元基)の二人が写った写真が付いていた。


凌介が驚いていると、突然玄関のチャイムが鳴る・・・。



第8話につづく。








またしても、家族の手がかりはつかめませんでしたね。

朋子の家の押入れに隠された秘密もまだ明らかにされず、いったいいつまで引っ張るつもりなのか!?(笑)

それも気になりますが、無機質な真っ白い部屋に食べ物らしきものが入ったタッパーを差し入れする謎の女性(香里奈)はいったい何者なのか?

今回も、携帯に「充さん」からの着信が入りますが、凌介の後をつけまわす中村充(前野朋哉)との関係も気になりますよね〜。


そして謎の女その②、生駒ちゃんの行動もかなり怪しいというか、何が目的なのかが全然ナゾです!(笑)

優斗の洋服をフリマアプリに出品した人物に、出品を取り下げるようメールしたのはどーして?

生駒ちゃんも誰かの共犯者なのかもしれませんが・・・。


さらに謎の女その③、猫おばさん。

今回も「魔王の娘が息子をさらって」とかなんとか?いったい何を知っているというのか?

猫おばさんを演じている平田敦子さん自体と〜ってもインパクトがある方だけに、その不気味な存在感はハンパないですよねぇ(笑)


次回の第8話では、真帆と林の不倫がとりだたされますが、その真実はいかに・・・!?

来週をお楽しみに〜〜!

第7話の続きはこちらからどうぞ〜〜!

真犯人フラグ8話ネタバレ感想と考察!真帆(宮沢りえ)が不倫!?
ドラマ『真犯人フラグ』の第8話は・・・。 凌介(西島秀俊)と瑞穂(芳根京子)のキス写真は誤解だったことが伝えられると、今度は妻の真帆(宮沢りえ)の密会写真が拡散され、凌助は不倫された夫として同情されるように・・・。 さっそく瑞穂と一星(...






 

 

 

真犯人フラグ 7話の真犯人を考察!

光莉の動画をアップするように依頼した人物は、どうやらその謎の女、香里奈さんのようですね。

しかも、瑞穂がいつもクレーム対応している女性の声は香里奈さんでしたよね。

凌介のことをヒドイ男だ、死ねばいいとまで言い放っている様子は、明らかに凌介に恨みを抱いているようです。

そこで、ここまでの話から考察してみると・・・。

冷凍遺体の少年の母親は香里奈さんなのではないでしょうか!?

少年と光莉には何らかの関係があって、少年の死に凌介が関係していると逆恨みしているのではないでしょうか?

そして、充(前野朋哉)は香里奈の夫で少年の父親。行方不明になった息子を探していると考察します!

そうなると生駒ちゃんは香里奈の共犯者ということも考えられますね〜。

 

 



ドラマ『真犯人フラグ』の原作・脚本・キャスト・主題歌についてはこちらにまとめていますのでどうぞご覧ください。

真犯人フラグは漫画?小説?原作、脚本、あらすじ、キャスト・相関図まとめ
2021年10月から放送予定の日本テレビ系・新日曜ドラマ『真犯人フラグ』。 主演は、西島秀俊さん。共演に宮沢りえさんと芳根京子さんらが出演するとあって話題となっていますよね〜!このドラマの原作はマンガや小説なのでしょうか? この記事では...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました