『最愛』1話のネタバレ感想〜愛に隠された謎ときサスペンスの幕が上がる!

2021年のドラマ

ドラマ『最愛』第1話は、愛情にあふれ幸せに暮らしていた梨央(吉高由里子)の身にとつぜん起こったある事件。やがて時は過ぎて・・・15年後、思いもよらない形で再び再会した初恋の人・大輝(松下洸平)は事件の真相を追う刑事だった!

この記事では、ドラマのネタバレ感想や、事件についての考察、あらすじについてお伝えします。



最愛 ドラマ 1話のあらすじ

最愛ドラマ1話のあらすじについては、TBS金曜ドラマ『最愛』のHPより引用してお伝えします。

「真田ウェルネス」の社長・真田梨央(吉高由里子)は、”世界を変える100人の30代”に選ばれる気鋭の実業家。その彼女が、かつて心を通わせた宮崎大輝(松下洸平)と15年ぶりに再会した時、大輝は刑事、梨央は殺人事件の重要参考人だった・・・。

15年前の2006年、岐阜県。梨央は東京の大学の薬学部に進学を希望する高校3年生。白山大学陸上部男子寮の寮夫として忙しく働く父・麻宮達雄(光石研)に代わり、弟・優(柊木陽太)の面倒をよく見る、寮の看板娘だった。

その梨央が恋心を抱いていたのが、陸上部のエースである大輝。彼が出場する駅伝の地区選考会に駆けつけ、精一杯声援を送る梨央。大輝もまた梨央に想いを寄せており、彼女の推薦入試が終わったら告白しようと決めていた。

そんなある日の夜、達雄が留守にしていた寮で”事件”が起こる・・・。梨央を心配した母・真田梓(薬師丸ひろ子)は、弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)を梨央の元へと向かわせる。

金曜ドラマ『最愛』のビジュアルポスターが解禁になりました。ドラマに出演する12人のメインキャストが手で顔を覆ったモノクロになっていて、「真相は、愛で消える」というキャッチコピーも気になりますよね〜。はたしてその意味とは・・・?

吉高由里子さん演じる主人公・梨央と事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)は学生時代に相思相愛だった二人。時は過ぎて、偶然にも15年後に再び再会するとはやはり運命だったのでしょうか?

サスペンスの要素が満載のこのドラマですが、二人の恋の行方も気になるところですよね!

 



最愛 ドラマ 1話のネタバレ感想と考察

その日の夜、白山大学陸上部の男子寮で寮夫として働く父・麻宮達雄(光石研)の代わりに留守をあずかることになった梨央(吉高由里子)。

大学受験を目前に控え、寮の食堂で勉強をしていたはずの梨央だったが、目が冷めるとそこは自宅だった。そこに帰ってきた父・達雄のようすがおかしい・・・。
梨央の腕にはスリ傷のようなものがあるが、何も覚えていない。

何もなかったかのように達雄に見送られ、大学受験に向かう梨央。
試験を終えて、その手応えを感じているようだ。

数日後、梨央が記憶をなくしたあの夜、男子寮に遊びにやってきた薬学部の学生・渡辺康介(朝井大智)が行方不明になっているという。

息子を探しに父親の渡辺昭(酒向芳)がやってくるが、陸上部員たちは康介は訪ねてはきたが、すぐに帰って何も知らないと話す。

そんな折、父・達雄がくも膜下出血で急逝。
葬儀の準備に追われる中、記憶をなくしたときに着ていた服を見つけた梨央。
あの夜、男子寮に遊びにきた渡辺康介に襲われた記憶がよみがえる・・・。

梨央は東京の大学へ行くことをためらうが、弟・優(柊木陽太)に背中を押され、上京することを決意、病気の優のために薬を開発すると約束する。

陸上部のエース・宮崎大輝(松下洸平)は梨央のもとを訪れ、互いに心を通わす。
そして、泣き出す梨央を抱きしめ「元気出せ」と励ました。

最後の大学駅伝大会の日、弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)と母・真田梓(薬師丸ひろ子)のもとへ向かう梨央。

梨央はカーラジオから聞こえてくる駅伝の実況に耳を傾けていたが、思わず車を降りて大輝の最後の勇姿を見届ける。

そして大輝には何も告げずに東京へと向かった・・・。

やがて、時は流れ15年が経ったある日。

渡辺康介の父・昭の遺体が発見される。
この事件を担当するのは、捜査一課の刑事となった大輝。

大輝は15年ぶりに梨央と再会することに。
ところが、「真田梨央です。はじめまして」と、まるで別人のような態度の梨央・・・。

第2話につづく・・・。

☆第2話の続きはこちらからどうぞ〜!

『最愛』2話ネタバレ感想〜吉高由里子が15年後はまるで別人に?
ドラマ『最愛』第2話は、思わぬ形で15年ぶりに再会した梨央(吉高由里子)と大輝(松下洸平)。なぜか素知らぬふりをする梨央。大輝は莉央に任意で事情聴取を行うのですが・・・。 この記事では、ドラマのネタバレ感想や事件についての考察、あらす...

 

いよいよはじまりましたね〜♪

吉高由里子さん。高校生役ってどうかと思ったけど、私的にはぜんぜんオッケー!(笑)
ほぼ、すっぴんでもめっちゃ可愛いわぁ〜。

でも、15年後はすっかり雰囲気も変わっちゃってましたね・・・

どちらかというと東京タラレバ娘の倫子(りんこ)役のイメージが強い吉高さんですが、このドラマではちょっと違った一面が見れそうですね〜!

さて、15年前の渡辺康介が行方不明になった事件ですが、あの日の夜、父・達雄が泥だらけで帰ってきて、何も覚えていないと話す梨央に「梨央と優は俺がぜったい守るから」と言ってましたよね。

流れからすると、自分の身を守るために梨央が康介を殺してしまい、達雄が康介の遺体をどこかに遺棄したということになりますが、そんな単純な筋書きではないですよね〜

あの時梨央は意識を失っていたようだし、記憶がなかったのも薬学部でクスリに詳しい康介が梨央に何かしたのかもしれない。大麻パーティのようなこともやっていたようだし。

そこで私の予想は、弟の優がやったのではないかと考察します!

帰りの遅い梨央を迎えにきて、梨央が襲われそうになっている現場に遭遇。
梨央を助けようとしてとっさに殺してしまったのではないでしょうか?
だって興奮すると記憶がなくなってしまう病気なんですよね。

しかし、15年後に康介の父・昭も殺害されてしまうとはいったいどういうことなのでしょうか?

このドラマも「考察」する視聴者が増えそうですね!!



ドラマ『最愛』の原作(げんさく)や脚本については、こちらに詳しくまとめていますのでどうぞご覧ください。

最愛ドラマの原作は韓国ドラマ?漫画?脚本、あらすじ、放送日のまとめ
2021年10月から放送のTBS金曜ドラマ『最愛』で、主演を務める吉高由里子さん。 初めての社長役を演じることで話題となっていますが、このドラマの原作は韓国ドラマやマンガなのでしょうか?気になりますよね〜。 この記事ではドラマ『最愛』に...

ドラマ『最愛』に出演しているキャスト・登場人物については、こちらにまとめていますのでどうぞご覧ください。

最愛のキャスト一覧と相関図は?2021年秋のTBS金曜ドラマ!
2021年10月から放送予定のTBS金曜ドラマ『最愛』。 主演は吉高由里子さん。そして、新たに松下洸平さんと井浦新さんが共演することが決定しました。この記事ではドラマ『最愛』に出演するキャストの一覧や登場人物・相関図について、キャスト情報...

ドラマ『最愛』の主題歌は、宇多田ヒカルさんが書き下ろした新曲「君に夢中」に決定!
この曲に込められた想いについて、こちらにまとめていますのでどうぞご覧ください〜♪

『最愛』ドラマの挿入歌洋楽を歌うのはだれ?主題歌や曲に込められた想いとは?
TBS金曜ドラマ『最愛』は、主人公・梨央(吉高由里子)と梨央の初恋の相手で刑事の大輝(松下洸平)、そして梨央を全力で守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心としたサスペンスラブストーリーです。ドラマには欠かせない音楽ですが、主題歌や挿...

コメント

タイトルとURLをコピーしました