石子と羽男2話のネタバレ感想とあらすじ〜中村倫也 VS 宮野真守!?

2022年のドラマ

TBS金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』の第2話は、石子(有村架純)と羽男(中村倫也)の元にやってきたのは、小学生の息子がスマホゲームに課金して高額請求に困っている親子。ゲームの運営会社を尋ねると顧問弁護士は羽男の元同僚で・・・!?
この記事ではドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』のあらすじやネタバレ感想、Twitterなど視聴者からの感想も含めてお伝えします。
1話から最終回の結末まで全話お伝えしていきますので、どうぞお楽しみに〜!



石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー 2話のあらすじ

TBS金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』第2話のあらすじについては、番組ホームページより引用してお伝えします。

石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー 2話のあらすじ


大型ショッピングモールで無料法律相談会を開いていた石子(有村架純)と羽男(中村倫也)のもとに、一組の親子がやってきた。

母・相田瑛子(木村佳乃)は、小学生の息子・孝多(小林優仁)が内緒でスマホゲームに課金して、ゲーム会社から高額請求され困っていた。

返金してもらいたいと相談された羽根らはゲーム運営会社の顧問弁護士を訪ねるが、担当弁護士は羽男の元同僚の丹澤文彦(宮野真守)だった。

羽男は「未成年者取消権」を主張するが、事態は思わぬ方向へ進んでいくことに!

引用元:https://www.tbs.co.jp/ishikotohaneo_tbs/story/

今回のお悩みは、子供がゲームに課金して高額な料金を請求されるという、これもまた身近にありがちな問題のようですね〜。

そして、相手方の顧問弁護士は羽男の元同僚という、これもまたよくありがちなパターン!?(笑)

凸凹コンビの石子と羽男は、どんな方法でこの問題を解決するのでしょうか?

『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』第2話は、2022年7月22日(金)よる10時からスタートです。

どうぞお楽しみに〜〜!

☆TBS金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』の原作や脚本、キャスト・相関図については、こちらに詳しくまとめていますので、ぜひご覧になってくださいね!

石子と羽男の原作は漫画?最終回、結末はどうなる?脚本、あらすじ、相関図まとめ
2022年7月から放送のTBS金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』は有村架純さんと中村倫也さんがW主演をつとめます。まるで漫画のようなタイトルですが、原作は漫画なのでしょうか?ドラマのあらすじや最終回の結末も気になりますよね〜...

☆第1話の振り返りはこちらからどうぞ〜〜!

石子と羽男1話のネタバレ感想とあらすじ〜有村架純と中村倫也の凸凹コンビ誕生!
2022年7月スタートのTBS金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』は有村架純さんと中村倫也さんのW主演によるリーガルエンターテイメントです。 凸凹コンビが身近なトラブルに挑みながら、ともに成長していく姿をコミカルに描いていき...



石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー 2話のネタバレと感想

今回の依頼は小学生の息子・孝多(小林優仁)がスマホゲームに課金して高額請求され、返金をしてほしいとの母親・相田瑛子(木村佳乃)からの相談です。

羽男(中村倫也)は「未成年者取得権」を主張すれば返金は可能であると、ゲーム運営会社の顧問弁護士を訪ねる。

ところが相手方の担当弁護士・丹澤文彦(宮野真守)は、羽男が「リック&ベンジャミン法律事務所」に勤めていた時の元同僚だった!!

ちなみに「未成年者取得権」とは民法第5条で、未成年者が親の許可を得ずに契約した場合は取消しすることができるというもので、未成年の過失は社会全体でカバーするという目的だそうですよ〜。


そもそもこの問題の発端は、受験のために無理をして頑張っている母親のことを心配した孝多が、塾を辞めるために考えたものでした。

以前ゲームに夢中なった生徒が塾を辞めさせられたことを思い出し、孝多がワザとゲームに課金したのです。

ところが、その後も高額な請求がきたことで、アカウントが乗っ取られたのでは?と羽根と石子は捜査に乗り出します。

すると、塾の事務員・深瀬梨沙(富田望生)が、孝多の友達・栄一(横山歩)を脅迫してゲームパスワードを利用し、課金を続けさせていたことが判明する。

梨沙は毒親に育てられたことから、親ガチャでいい親を引き当てた子供たちを恨んでいて、自分の子供のころの境遇に対する不満を塾の子供たちにぶつけていたのです。

石子はガチャガチャは壊れていれば交換できるが、親ガチャは例え毒親であっても交換できる法律はない。だからこそ声を上げてほしい。

問題のある親がいることやスタートラインに差があることは否めないが、たいていの親は子供のために一生懸命頑張っている。そしてまた子供たちも、親の期待に応えようと頑張っている。

そんな親子の間に当たり外れがあるかと石子は問うのでした。

梨沙は不正アクセス禁止法、クレジットカードの不正利用などの罪で実刑に問われることに。

孝多のゲームの課金については「未成年者取得権」が適用され返金可能になったのですが、瑛子は相田家のルールとして返金は求めず、課金の半分は自分の罰として残りの半分は息子の小遣いから返済させることを決断します。

孝多は母親思いのかしこい子供だったのですね〜。
そして、返金を断り小遣いから返済させるという瑛子も、よくできた母親だと感心させられました。

そして、孝多は塾を続けることにしますが、石子はシングルマザーが活用できる救済制度があることを提案します。

自分も同じ境遇だったことで、少しでも法律を役立ててほしいという思いからだったようですね。

石子はやっぱり弁護士に向いてますよね。依頼人に寄り添ったいい弁護士になれると思います。

それにしても、中村倫也VS宮野真守ということで弁護士同士のバシバシの戦いが見られるのかと思いましたが、そういうことではなかったようですね(笑)

第3話に続く・・・。

続きはこちらからどうぞ〜〜!

石子と羽男3話の感想とあらすじ〜ゲストの井之脇海が著作権法違反の罪に!?
TBS金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』の第3話は、ファスト映画を無断でアップロードして告訴された大学生・山田遼平(井之脇海)が、石子(有村架純)と羽男(中村倫也)に国選弁護を依頼。ところが山田は反省するどころか悪態をつくば...



石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー 2話の感想・ツイッターの反応は?

『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』第2話の感想・ツイッターの反応についてお伝えします。



石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー 2話のゲストは?

TBS金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』第2話のゲストをご紹介します!

<第2話ゲスト>

相田瑛子(あいだ えいこ):木村佳乃
孝多の母親。シングルマザー。
息子が内緒でスマホゲームに課金した金額を返して欲しいと潮法律事務所を訪れる。


相田孝多(あいだ こうた):小林優仁
小学生。母に内緒でスマホゲームに課金していた。

丹澤文彦(たんざわ ふみひこ):宮野真守
ゲーム運営会社の顧問弁護士。
羽男の「リック&ベンジャミン法律事務所」時代の元同僚。

深瀬梨沙(ふかせ りさ):富田望生
進学塾の事務員。
毒親に育てられ、親ガチャでいい親を引き当てた子供たちを妬んでいる。

北野栄一(きたの えいいち):横山歩
孝多の友達で同じ塾に通っている小学生。実家が代々医者の家系でお金持ち。

田中絵美瑠(たなか えみる):夏野琴子
孝太の友達で同じ塾に通っている小学生。

母親役がすっかり板についた木村佳乃(きむら よしの)さん。それもそのはず、私生活では俳優で歌手の東山紀之さんとの間に2人の小学生の女の子を持つ母親でもあります。
最近はバラエティ番組でも大活躍ですよね〜。

息子役はドラマ『真犯人フラグ』で主人公の息子・篤斗役を演じて注目を浴びた小林優仁(こばやし まさひと)くん。現在11歳ですがその演技力には定評があり、今後ますます期待される子役です。

そして、羽男の元同僚弁護士役に声優や歌手として人気の宮野真守(みやの まもる)さん。
俳優としてテレビドラマに出演するのは珍しいですよね〜。
元同僚役ということで、羽男の過去が明らかになりそうですね。



☆TBS金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』全話の感想とネタバレあらすじをイッキ見したい方は、ぜひこちらからどうぞ〜〜!

石子と羽男の最終回は?結末までネタバレ感想、全話あらすじのまとめ
ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』は有村架純さんと中村倫也さんのW主演によるリーガルコメディ。真逆な性格の2人がコンビを組んで、ともに成長していく姿を描いた物語です。 この記事はドラマのネタバレ感想とあらすじ、ツイッターなどに...

コメント

タイトルとURLをコピーしました