プリズム最終回のネタバレ感想とあらすじ〜皐月と陸、悠磨にとっての幸せとは?

2022年のドラマ

NHKドラマ10『プリズム』最終回は、ガーデンが完成し別れの日がやってきます。
皐月(杉咲花)と陸(藤原季節)、優磨(森山未來)は互いの思いを確認し、それぞれの道へ歩き出そうとしますが・・・。
この記事ではドラマ『プリズム』最終回のあらすじやネタバレ感想、ツイッターの感想も含めてお伝えします。



プリズム最終回のあらすじ

NHKドラマ10『プリズム』最終回のあらすじについては、番組ホームページより引用してお伝えします。

プリズム 最終回のあらすじ

皐月(杉咲花)は、陸(藤原季節)の父、朔治に会いに行く。
ガーデンのために皐月が作ったテラリウムを持って。
その中に陸が見た大切な思い出の話が、朔治を動かす。

ガーデンは無事オープンの日を迎える。
しかし、その日は悠磨(森山未來)との別れの日でもあった。
皐月は陸に、悠磨のようなガーデナーになると誓う。

互いの思いを確認し合い、それぞれの道へ進もうとする三人だが…

引用元:https://www.nhk.jp/p/ts/VW95PNPX88/episode/te/LJYM5L528Z/

ドラマはいよいよ最終回、結末を迎えます。

皐月と陸、悠磨の3人は互いに正直な思いを伝え、それぞれ新たな道へと進もうとしているようですね。はたして、3人にとっての幸せとは・・・?

NHKドラマ『プリズム』最終回は、2022年9月13日(火)夜10時からの放送です。

どうぞお楽しみに〜!!

ドラマの原作や脚本、キャスト・相関図、主題歌などについては、こちらに詳しくまとめていますので、ぜひご覧になってくださいね〜♪

プリズム(ドラマ)の原作は?脚本、キャスト・相関図、あらすじのまとめ
2022年7月から放送のNHKドラマ『プリズム』は主演・杉咲花さん、共演は藤原季節さん、森山未來さん、ほかです。 この物語はガーデン造りを通して、男女3人の人間性や恋愛模様が描かれています。 ドラマ『プリズム』に原作はあるのでしょうか?...

NHKドラマ『プリズム』第8話の振り返りはこちらからどうぞ!

プリズム8話のネタバレ感想とあらすじ〜皐月はついに思いを爆発させる!?
NHKドラマ10『プリズム』の第8話はプロジェクトを断念することになり、皐月(杉咲花)と陸(藤原季節)、悠磨(森山未來)は出来る限り庭を仕上げようとする。 そんな中、ついに皐月は抑え込んでいた思いを、陸と優磨にぶつける・・・。 この記事...

 



プリズム最終回のネタバレと感想

プリズム最終回のネタバレ

陸(藤原季節)の実家を訪れた皐月(杉咲花)は、陸の父・朔治(矢島健一)に、持って来たテラリウムを見せながら自分の思いを語ります。

そのテラリウムには皐月の思い出が詰まっていて、陸もこれを見ると昔の家族の幸せだったころを思い出すと話していたことを。

陸にもう一度、あの頃の庭を見せてあげたい!
陸が今手掛けているガーデンに、この想いを託しているのです。

このことを熱心に伝える皐月でしたが、「くだらない」と一蹴する朔治。

皐月は必死に訴えますが、朔治はその場を後にしてしまいました。

帰り際、見送りに来た章子(霧島れいか)が、朔治の本当の気持ち、変わらなければいけないのに変われない自分に苦しんでいることを皐月に伝えます。

 

一方、陸は悠磨(森山未來)とともに、2人が出会った思い出の地を訪れます。

昔の思い出を語り合い、懐かしむ2人。

「誰にも知られずに気持ちよく過ごせたら、こんなことにはならなかったかも」と悠磨は呟きますが、結果的に陸と皐月を混乱させてしまったことを謝罪します。

すると、陸は涙を流し変わってしまうのが怖かったと、胸の内をさらけ出すのでした。

そして、2人は大切な思い出を手放す決心をします。

 

その頃、耕太郎(吉田栄作)と信爾(岡田義徳)の間で、引越の話が持ち上がっていました。
耕太郎は賃貸ではなく、物件の購入を考えていました。先日のように、万一、自分の身に何か起こった時、信爾に心配させたくないという配慮でした。

耕太郎からの思いがけない提案に、微笑む信爾。

 

ある日の夜、陸のもとに妹の花蓮(小野莉奈)がやって来て、彼氏ができたことを打ち明けます。
その流れで皐月のことに触れられた陸は「離れていても、相手の存在を感じるだけで十分じゃないか」と話します。

すると、花蓮は皐月が父を訪ねて実家に来たこと、そして陸の口座にお金を振り込んだことを伝えます。

父親から再び融資を受けた陸は、ガーデンプロジェクトが継続できることに。
関係者の面々が集まり、一丸となってガーデンを完成させます。

そして、ついにガーデンのお披露目の日。
そこには大人から子供まで笑顔があふれており、中には耕太郎と信爾、そして梨沙子(若村麻由美)の姿も!3人を目にした皐月たちは、感慨深く感じるのでした。

人々が去った後、皐月たちは今後のことを語り合います。陸は会社を引き継ぎ立て直すこと、悠磨は友人からの誘いで長野のプロジェクトに参加すること、皐月はガーデナーになるため造園会社で修行することなど、お互いの目標や夢を口にします。

3
人はそれぞれの道を歩み始めます。

 

後日、耕太郎は皐月の部屋を訪れ、互いに近況を伝え合います。
最後に自分が入っている2つの生命保険のうち、1つを信爾を受取人にして欲しいと伝えます。
皐月は快く承諾するのでした。

 

一方、皐月とルームメイトを解消した綾花(石井杏奈)は、剛(寛一郎)と同棲をはじめ、その後妊娠が発覚。剛は結婚を申し出ますが、せっかく声優として売れて来た彼女は複雑な心境でした。
綾花はある条件を提示します。

そして2人の結婚式当日。剛は「妻とお腹の中の子を支えるために、産休&育休に入る」と宣言!
綾花の条件とは、このことだったのです。

 

時は流れて1年後・・・。

皐月が庭の手入れをしていると、その庭の持ち主から仕事の依頼が舞い込みます。
息子たちが帰国するので、彼らの庭を皐月に任せたいと。

皐月はさっそく、陸と悠磨に連絡を取り協力を願い出ます。
再び集まった3人は、皐月のコンセプトをもとにガーデンデザインを始めます。

この仕事が終わってバラバラになっても、お互いに変わりながら、またどこかで会えると話す皐月と悠磨。

すると陸が、いつかイギリスの「チェルシー・フラワー・ショー」に、3人で挑戦しようと提案します。このショーはガーデナー達の憧れの場。

また新たに、大きな目標を見つけた皐月と陸、そして悠磨。

3人は未来に向かい、前に進みます!

おしまい。

 

 

プリズム最終回の感想

何だか清々しい気持ちになれて良かったなぁ~と思いました。

前回は、皐月、陸、悠磨の3人が、自分たちの気持ちを吐き出して、それぞれに傷ついていて、ちょっと辛かったので。

ガーデンデザインが終わると悠磨が消えるという約束をしていたけれど、3人とも成長して「この仕事が終わってバラバラになっても、お互いに変わりながら、またどこかで会える」って言えるようになったなんて、成長しましたねぇ~。

離れていても、何だか心がつながっている気持ちがしますよね。

それから、いろいろな愛の形を見せてもらった気がしました。
皐月の父・耕太郎の信爾に対する愛。何か形にして残してあげたいという気持ちが嬉しい!

完成したガーデンを見に来た2人に一緒に寄り添って梨沙子もいたので、ホッとしました。

そして剛と綾花の結婚。
仕事に順風が吹いてきた綾花が剛に提案し、条件を付けたのはなかなかでした。
剛もその条件をかなえてあげ、社員たちもそれを受け入れてくれたのも、心が晴れる気分でした。

陸のセクシャリティーに嫌悪し、反対していた朔治の愛も見逃せません!
彼の妻・章子の言葉「薄々自分でも間違っていると分かっている」「変わらなければいけないのに変われない自分に苦しんでいる」は、心にググっと来ました。

そして、ガーデンへの陸の思いを知った朔治が、陸の口座に運営資金を振り込んだと分かり、この親子も少し前進した感じでしたね。

そして何より、皐月たち3人です!
ガーデンデザインを任された皐月のもとに陸と悠磨が集まるシーンは、新しい3人の関係を目にした気がしました~。

こんな形の愛もあるんだなぁ~と、何だか新しい提案をされた気分でした。
3人が新しい目標に向かって歩んでいくラストシーンでは、晴れやかな気持ちで終わって、良かったです。

 



プリズム最終回の感想・ツイッターやヤフーの反応は?

NHKドラマ10『プリズム』最終回の感想・ツイッターやヤフーの反応についてお伝えします。

何と!私の大好きなドラマ『最愛』の脚本家、清水友佳子さんもコメントされているではありませんか〜!!

本当に誠実で丁寧に描かれた、素敵なドラマでしたね♡

杉咲花さんをはじめ、キャストのみなさんの素晴らしい演技に感動しました。

また、単発でもいいので、続編やって欲しいです!!

長い間、お付き合いいただきまして、ありがとうございました〜♪
 



☆NHKドラマ10『プリズム』全話の感想とネタバレあらすじをイッキ見したい方は、ぜひこちらからどうぞ〜〜!

プリズムのドラマ感想〜最終回結末までネタバレあらすじもお伝えします!
NHKドラマ10『プリズム』は主演の杉咲花さんと藤原季節さん、森山未來さんの思いがプリズムのように交錯していく物語です。 この記事ではドラマ『プリズム』の視聴後の感想やネタバレあらすじ、ツイッターやヤフーに寄せられた感想も含めてお伝えしま...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました