女神(テミス)の教室の原作は漫画?脚本家はだれ?いつから放送なの?

2023年のドラマ

フジテレビ月9ドラマは北川景子さん主演の『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』
ドラマに原作はあるのでしょうか?原作は漫画や小説?それとも韓国ドラマ?
脚本家は誰なのかも気になります。
記事ではドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』の原作や脚本、あらすじや内容、いつから放送なのかまとめてみました。



ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』に原作はある?原作は漫画や小説?韓国ドラマ?

2023年1月から放送予定のフジテレビ月9ドラマは北川景子さん主演の『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』です。

ところで、漫画にありそうなタイトルですが、このドラマの原作は漫画や小説、流行りの韓国ドラマのリメイクでしょうか!?

結論を言えばこのドラマに原作はありません。脚本家の大北はるかさんと神田優さんによる完全オリジナル作品となっています。

原作がないためネタバレすることもなく、ストーリー展開を考察するのも楽しみになりますね〜♪

後ほど、大北はるかさんと神田優さんについて詳しくご紹介します。



ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』のテミスとは?

フジテレビ月9ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』のタイトルにあるテミスとは、ギリシャ神話に登場する女神・テミスが由来となっています。

テミスは古代ギリシャ語で「普遍なる掟」を意味し、掟を擬人化したものです。

また、「安固、不動」「自然の法則」などといった意味が転じて、「掟」や「法」を意味するようになり、法の女神とも呼ばれています。

主演の北川景子さんは、法科大学院(ロースクール)の女神として生徒たちと向き合う役どころ。容姿端麗でまさにピッタリですよね!

 

ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜」の脚本家はだれ?

先にお伝えしたように、フジテレビ月9ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』は原作のないオリジナル作品です。

このドラマを手がけるのは、脚本家の大北はるかさんと神田優さん。

お二人の経歴や主な作品をご紹介します。

ドラマ「女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』の脚本家・大北はるか

脚本家・大北はるかさんは中学生時代に、森下佳子さん脚本のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年7月〜9月、TBS)を見てドラマ業界に興味を持つようになったそう。

早稲田大学商学部在学中にシナリオの講義を受けたことをきっかけに、脚本家を目指すようになります。

シナリオ・センターで脚本を学び、2014年『爆弾を訊ねて』で第4回TBS連ドラ・シナリオ大賞入選。2015年にフジテレビのドラマ『テディ・ゴー!』で脚本家デビューを果たします。

その後は、ドラマデザイン社のシナリオインキュベーションで研鑽を積み、主にフジテレビのドラマの脚本を担当しています。

また、大北はるかさんの出身地や年齢など詳細は公表されていません。ですが、中学生の頃に『世界の中心で、愛をさけぶ』のドラマを見ていたそう。ということは、現在30代前半といったところでしょうか?

まだお若い方のようですね。今後の活躍が期待されます!

<代表作>

・『好きな人がいること』(2016年、フジテレビ)
・『刑事ゆがみ』(2017年、フジテレビ)
・『グッド・ドクター』(2018年、フジテレビ)
・『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(2019年、2021年、フジテレビ)
・『ナイト・ドクター』(2021年、フジテレビ)
・『ユニコーンに乗って』(2022年、TBS)

☆大北はるかさんが脚本を手がけたドラマ『ナイト・ドクター』はこちらにまとめていますので、どうぞご覧ください♪

ナイトドクターの原作・脚本は?ネタバレあらすじ、キャスト・相関図のまとめ
この夏のフジテレビ系列「月9ドラマ」は、波瑠さん主演の医療ドラマ『ナイトドクター』です。 このドラマに原作はあるのでしょうか?気になりますよね〜。 この記事ではドラマ『ナイトドクター』の原作・脚本、ネタバレあらすじやキャスト・相関図、主...

ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』の脚本家・神田優

脚本家・神田優(かんだ ゆう)さんは東京都出身。

1983年4月20日生まれの39歳です。

多摩美術大学・情報デザイン学科卒業。

ゲームプランナーやゲームシナリオライターとしての経験を持ち、独特の感性でドラマ制作に携わっています。

2013年、2015年にフジテレビヤングシナリオ大賞の最終選考に選ばれています。

<代表作>

・『ラブホの上野さん』(2016年、2017年、フジテレビ)
・『ブラックペアン』(2018年、TBS)
・『下町ロケット』(2018年、TBS)
・『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(2019年、2021年、フジテレビ)
・『アライブ がん専門医のカルテ』(2020年、フジテレビ)
・『漂着者』(2021年、テレビ朝日)
・『うきわ』(2021年、テレビ東京)
・『愛しい嘘〜優しい闇〜』(2022年、テレビ朝日)
・『競争の番人』(2022年、フジテレビ)

☆神田優さんが脚本を手がけたドラマはこちらにまとめています。ぜひご覧ください!

漂着者の原作は漫画?脚本、あらすじ、キャスト、主題歌のまとめ
ドラマ『漂着者』は主演の斎藤工さんに、白石麻衣さんがヒロイン役で出演することで話題となっています。ドラマの原作は漫画なのか?それとも韓国ドラマや海外ドラマのリメイク?脚本家も誰なのか気になります。この記事はドラマの原作や脚本、ネタバレあらす...
競争の番人の原作者はだれ?脚本、あらすじ、キャスト・相関図は?
フジテレビ月9ドラマ『競争の番人』は公正取引委員会を舞台としたミステリードラマ。 坂口健太郎さんと杏さんがW主演を務めます。前作の『元彼の遺言状』に続いて原作者は新川帆立さん。 この記事では『競争の番人』の原作や脚本、ネタバレあらすじ、...



ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』のあらすじ・内容は?

フジテレビ月9ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』のあらすじは、番組ホームページより引用してお伝えします。

青南大学法科大学院に派遣教員としてやってきた柊木は、教員の藍井仁(あおい・じん)と5人のロースクール生たちに出会います。

しかしそこで、目先の“司法試験合格”のみを目指すロースクール生の姿を目の当たりにすることになるのです。

教師側は生徒に司法試験のノウハウを教えることにしか興味が無く、学生たちも単位が取りやすい授業を履修しながら試験の対策になることしか求めていませんでした。

裁判官時代は一つ一つの事案に時間をかけ、「人を知らなければいい法律家にはなれない」を信念に職務を全うしていた柊木。

そんな彼女が、日本の司法を担う学生たちを立派な人材に育て上げるため、授業で重視したのは“人々の行動に隠れたなぜ?”を見つめること。

学生たちが法曹界に進み、実際の事件を扱うとき向き合うのは、法とさまざまな事情を抱えた“人間”です。だからこそ柊木は、まずは人を知ること、知ろうとすることが大切だという信念を教え込むのです。

そこで彼女は毎回、ある判例を取り上げそこに登場する人物の行動に着目。真逆の価値観を持つ藍井や学生たちと切磋琢磨(せっさたくま)しながらも法の教科書には載っていない“気づき”を与えていきます。

ひょんなことから教鞭(きょうべん)を振るうことになった柊木が、法の教科書には全く載っていない「人」を知るための授業を始めます‼︎

引用元:https://www.fujitv.co.jp/themis/#intro

これまでにも、弁護士や裁判官、検察の法曹三者を主人公にしたリーガル作品はたくさんありましたよね。

『HERO』『リーガル・ハイ』『99.9-刑事専門弁護士』『SUITS/スーツ』『離婚弁護士』『スキャンダル専門弁護士QUEEN』『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』『イチケイのカラス』等々。

今年に入ってからは、『石子と羽男–そんなコトで訴えます?–』が大ヒットし、有村架純さんと中村倫也さんの石羽コンビが話題となりました。

本作『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』は、法律家を目指す若者たちが通う法科大学院(ロー・スクール)を舞台にした青春群像劇となっています。

過去にロー・スクールを舞台にしたドラマってあまり記憶がないですよね。

本作はテーマ自体も新しいですが、リーガル&ヒューマンにサスペンス的な展開もあるそうですよ〜。なんだかワクワクしてきます♪

放送が楽しみですね!



ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』はいつから放送なの?

月9ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』は、フジテレビ系の2023年1月期の新ドラマです。

2023年1月からスタートしますが、具体的な放送開始日についてはまだアナウンスはされておりません。発表後に追記しますので、少々お待ちくださいね!

 

ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』の原作は漫画?脚本家はだれ?いつから放送なの?のまとめ

いかがでしたか?

フジテレビ月9ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』の原作や脚本、ネタバレあらすじと内容、いつから放送なのか?についてお伝えしました。

まとめてみると、このドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』は原作のないオリジナル作品となっています。

脚本家の大北はるかさんと神田優さんが手がける完全オリジナルです。

ドラマのあらすじは、ロー・スクールを舞台に裁判官からロースクールに派遣された新任教師と学生たちの成長を描いた青春群像劇です。

ロー・スクールという今までになかったドラマで、リーガル&ヒューマンにサスペンス的な要素が加わった見応えのあるドラマになっているようです。

主演は北川景子さん。同僚の教師役に山田裕貴さん、生徒役に南沙良さん、高橋文弥さん、前田旺志郎さん、前田拳太郎さん、河村花さんらの出演が決定しています。

生徒役の俳優さんは皆さんフレッシュな方ばかりです。中にはデビューして間もない方もいますのでとても楽しみですね!

☆キャストや登場人物・相関図については、こちらにまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね〜!

女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜ドラマキャスト・相関図は?
2023年1月から放送予定のフジテレビ月9ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』 このドラマは、法律家を目指す若者たちが通う法科大学院(ロー・スクール)を舞台にした青春群像劇です。 記事では『女神(テミス)の教室〜リーガル青...

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました