日本沈没ドラマ2021ネタバレ2話〜結末までの感想とあらすじ〜

2021年のドラマ

TBS日曜劇場『日本沈没~希望のひと~』第2話は田所博士(香川照之)の関東沈没説は暴論だとされ、天海(小栗旬)はあらぬ疑いをかけられる。はたして天海はこのピンチをどうやって切り抜けるのでしょうか!?
この記事では第2話のネタバレ感想や考察、あらすじについてお伝えしたいと思います。



日本沈没〜希望のひと〜  2話のあらすじ

ドラマ『日本沈没〜希望のひと〜』は2021年10月17日(日)よる9時から放送予定です。
2話のあらすじについては番組HPより引用してお伝えします。


『日本沈没〜希望のひと〜』2話のあらすじ

田所博士(香川照之)の予測通り、日之島が沈んだ。それは、関東沈没の前兆が起きたということになる。

環境省の天海啓示(小栗旬)は未来推進会議で、対策を早急に行うように訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼)は日之島が沈んだのはただの地滑りだと真っ向から否定し、東山総理(仲村トオル)と共に会見を開き、説明を行う。

納得がいかない天海だったが、週刊誌に天海が企業から不正にお金をもらっていたという記事が掲載される。

疑惑を否定する天海の言い分は聞き入れられず、環境省では謹慎処分となり、未来推進会議からも外されそうになってしまう。

絶体絶命のピンチの中、天海は田所から「解決の糸口になるかもしれない」と海上保安庁の海底調査のデータを入手するように頼まれる。

天海は経済省の常盤紘一(松山ケンイチ)にデータの入手をお願いするが・・・。

一方、記者の椎名実梨(杏)は、天海の地元、愛媛に行き、天海の母・佳恵(風吹ジュン)に接触を図っていた。そこで椎名は重要な情報を入手する。

内外に追い込まれて行く天海と田所。国民を守るために逆転の一手を打つことはできるのか!?

第1話のおさらいはこちらからどうぞ〜〜!

『日本沈没』ドラマネタバレ!最終回まで全話の感想とあらすじまとめ
2021年秋のTBSドラマ、日曜劇場『日本沈没~希望のひと~』がいよいよスタートしますね〜。 このドラマは小松左京の人気SF小説が原作ですが、2023年の東京を舞台にしたもので、主要人物のほとんどがオリジナルキャラクターで原作に大きなアレ...



日本沈没〜希望のひと〜  2話のネタバレ感想

天海啓示(小栗旬)をはめたのは誰だ?

記者・椎名実梨(杏)の調べで、記事の出どころは経済界の重鎮、里城副総理(石橋蓮司)の差金によるものだった。

東山総理(仲村トオル)が推進する「COMSコムス」の一端をになう天海(小栗旬)を引きずりおろすために偽りの記事をでっち上げたのだ。

そして、天海は環境省とDブランズ社の癒着についてしらべ、犯人を特定する。

Dブランズ社に便宜をはかり、見返りに多額の不動産を入手していた真の黒幕は、藤岡勲環境生活局長(小林隆)だった!この記事を利用し、自分の不正を天海になすりつけようとしたのだ。

天海にとって藤岡は、世良教授(國村隼)に紹介し日本未来推進会議に推薦した恩人であったが、決して不正を許すことはなかった。

のちに、環境省とDブランズ社の癒着の真相は椎名によってスクープ記事として週刊誌に掲載された。

こうして、天海の不正疑惑の疑いははれた。

 

 



 

データの改ざんを主張する田所博士(香川照之)

データが改ざんされているという田所博士(香川照之)は、本物のデータの入手を急ぐように指示する。

天海は海で暖かい水を体験したことや疑問をねじ伏せようとする世良教授のふるまい、そして何より、もし自分たちが日本の環境を守るためにコムスを推進してきたことが日本沈没の一因となっているのであれば、その責任をどう償っていくべきか悩んでいた。

天海は関東沈没説をハッキリさせるために、藤岡に同行して、国土交通省と深いつながりのある生島自動車の会長・生島誠(風間杜夫)に会うことに成功。

生島が手掛けている東京湾岸での未来都市計画をやめるように訴え、「コムスを推進したものとして関東沈没説を恐れている。あらゆるデータを検証してハッキリさせたい」と話し、そのために海上保安庁からデータを取り寄せてほしいと願い出る。

 



関東沈没説の真偽が明らかに!?

生島の説得が功をそうし、海上保安庁から本物のデータを入手した天海は、日本未来推進会議でデータが改ざんされた証拠を提示する。

潜水艇調査の映像には田所博士のいっていたとおり、スロースリップ現象が写っていたのだ。

データを改ざんしたのは潜水艇で不調を訴えた、国土交通省の安藤靖(高橋努)。
安藤は涙ながらに「私からの指示は総理からの指示だ」と世良教授(國村隼)からの指示に従ったことを認めた。

それに対し世良は、自分が1%でも認めれば日本の信用を失ってしまうと話しはじめる。
起こるはずのない関東沈没説におびえ、危機管理にほんそうしたあげくに日本経済を停滞させる。

そして、世界から称賛されている日本が誇る環境技術「COMSコムス」が、関東沈没の一因になっているとなれば、日本の未来をつぶすことになると・・・。

天海は世良に関東沈没がおこりうる確率についてたずねると、10%という答えが返ってきた。
つまり、世良教授は関東沈没説をみとめたのだ!



日本の未来はどうなる?

本物のデータを検証し終えた田所博士は総理官邸によばれた。

東山総理(仲村トオル)をはじめ、里城副総理(石橋蓮司)、長沼内閣官房長官(杉本哲太)らが見守るなか、関東沈没のシュミレーション映像がながれる。

そして、田所博士は遅くとも1年以内に関東沈没がはじまると話す。

天海は「時間がない。私たちで関東沈没から国民を守らなければいけない」と訴えるのだが・・・

 



日本沈没〜希望のひと〜  2話のまとめ

田所博士の関東沈没説は暴論だとされ、天海はあらぬ疑いをかけられる。

そんな二人のピンチを救うために、本物のデータを入手することに成功した天海。

決してあきらめずに行動する天海はやっぱりすごい!!

さて、ついに関東沈没へのカウントダウンがはじまってしまいましたね〜。

ですが、まだ関東沈没説に異論をとなえるものたちが・・・

はたして天海と田所は、この危機にどうやって立ち向っていくのででしょうか!?

この続き第3話はこちらからどうぞ〜!

日本沈没ドラマ2021ネタバレ3話〜結末までの感想とあらすじ〜
日曜劇場『日本沈没~希望のひと~』の第3話は、田所博士(香川照之)の新たなる見解に早急に国民に知らせるべきと進言する天海(小栗旬)ですが、官僚たちは誰ひとりとして同意するものはいなかった。明日にでも起こりうるこの危機に天海がついに決断する!...



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました