テッパチ最終回のネタバレとあらすじ〜宙(町田啓太)は試練を乗り越えられるのか!?

2022年のドラマ

ドラマ『テッパチ!』最終回は、宙(町田啓太)はバディ・馬場(佐野勇斗)のためにできる事はないかと苦悩していた。そんな折、土砂災害現場の出動要請を受け、再び人命救助の重圧を感じてしまう。はたして宙は、この試練を乗り越えることができるのでしょうか!?
この記事ではドラマ『テッパチ!』最終回のあらすじやネタバレ感想をお伝えします。



テッパチ 最終回のあらすじ


フジテレビ水10ドラマ『テッパチ!』最終回のあらすじについては、番組ホームページより引用してお伝えします。

テッパチ! 最終回のあらすじ

桜間冬美(白石麻衣)のもとに、病気休暇中だった馬場良成(佐野勇斗)から退職届が送られてきた。馬場のために何をすればいいのかわからず苦悩する国生宙(町田啓太)。

そんな宙たちのことを心配していた八女純一(北村一輝)は、馬場がいまも病気休暇ということになっていると冬美から教えられる。

宙と連絡を取った八女は、馬場の退職届がまだ受理されていないことを伝える。
続けて八女は、馬場にしてやれることは何もないが最後まで信じてやることはできる、と告げる。「それがバディってもんだろ。だから先ずはお前がしっかりしろ」。八女は、そう宙に語りかけた。

八女の言葉で少し前向きになれた宙は、入院中の芝山勝也(水沢林太郎)の見舞いに行く。リハビリを続けていた芝山は、宙の顔を見るなり敵意を向けた。

するとそこに風間速人(工藤阿須加)が現れ、「宙の話を聞いてやってほしい」と頭を下げる。そのおかげで、宙は芝山と話す機会を得るが、「あんたが死ぬ気で何かやってみろ」と激しく拒絶される。

それから数日後、宙たちは、出動要請を受け、大雨の影響で発生した土砂災害の現場に向かう。初めての土砂撤去作業で、宙は人命救助という重みを感じながら頑張るが……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/teppachi/story/story11.html

宙(町田啓太)は、これまで苦楽を共にしてきたバディの馬場(佐野勇斗)のために、何かできる事はないかと苦悩しているようですね。

「まずはお前がしっかりしろ」という八女の言葉を受け、入院中の柴山のもとを訪れますが、自分が死ぬ気でやってみろと逆に言い返されてしまいます。

そんな中、再び災害現場への出動命令が!

はたして、宙はこの試練を乗り越えることができるのか!?
そして、馬場は再起することができるのでしょうか・・・!?
冬美(白石麻衣)との恋の行方も気になりますね〜!!

ドラマ『テッパチ!』最終回は、2022年9月14日(水)よる10時からスタートです。

どうぞお楽しみに〜〜♪

ドラマの原作や脚本、キャスト・相関図については、こちらに詳しくまとめていますので、ぜひご覧になってくださいね〜!!

テッパチの原作は漫画?意味は?ネタバレあらすじ、脚本、相関図のまとめ!
2022年7月からスタートするフジテレビ水10ドラマ『テッパチ!』 主演は町田啓太さんで自衛隊を舞台とした熱血ドラマですが、原作はマンガや小説なのでしょうか?それとも韓国ドラマのリメイク!?『テッパチ!』の意味も気になりますよね? この...

ドラマ『テッパチ 』第10話の振り返りは、こちらからどうぞ〜〜!

テッパチ10話のネタバレとあらすじ〜馬場(佐野勇斗)がオーディションに!?
フジテレビ水10ドラマ『テッパチ!』第10話は、広報活動でお見合い番組に出演することになった宙(町田啓太)らメンバーたち。 そんな中、馬場(佐野勇斗)は冬美(白石麻衣)から音楽隊のオーデションのチャンスを与えられることに・・・!? この...



テッパチ 最終回のネタバレと感想

テッパチ 最終回のネタバレ

宙(町田啓太)は自衛隊を去った馬場(佐野勇斗)との思い出を振り返り、何をしてやれるか考えていました。

すると八女3佐(北村一輝)からの電話で、馬場の退職願がまだ受理されていないことを知った宙。八女3佐は「ただ信じてやれ、それがバディだ」と話し、「お前自身がしっかりしろ」と宙を激励します。

さらに、宙のもとにやって来た風間(工藤阿須加)がアドバイスをすると、宙は真っ先に芝山(水沢林太郎)のことが頭に浮かび、彼に会いに行きます。
しかし、芝山は相変わらず冷たい反応でした。

そこに風間が現れ、宙の話を聞いてやって欲しいと頭を下げます。
芝山はしぶしぶ宙の話を聞くことに。

宙は次のオリンピックのことを話し始めますが、「どれだけ大変か分かってんのか」と芝山は激怒し、「人に言う前に、まず自分で死ぬ気でやっているところを見せてみろ」と突きつけます。

宙は芝山の力になれないかと思っていたのです。八女3佐や仲間たちのおかげで変わることができた経験があるから。

ベンチに座る宙と風間の前に小学生の女の子が現れます。
彼女の名前は「しらいはるか」
宙のドッグタグを欲しがりますが、代わりに宙は似た形のタグと笛をプレゼントします。


そんなある日、豪雨による土砂災害が発生し、出動命令が下ります。
大木班が現場に出向くと、それは酷いありさまでした。

さっそく土砂の撤去作業が開始され、金子(桐山漣)ががれきの中からタグを見つけます。
そのタグは宙がはるかにあげたものでした。

これを受け、桜間1尉(白石麻衣)がはるかの安否確認をしますが、家族とは連絡が取れず、近隣からの情報で、はるか一家が災害現場付近にいたことが判明!

被災後生還確率は発生から72時間が勝負と、隊員たちは気合を入れ捜索を再開します。


一方、自宅でくすぶっている馬場は宙からのメッセージを聞きます。
最後に「お前からも逃げない、俺はお前のバディだからな」と決意の言葉がありました。

この言葉が馬場の心に刺さり、頬には涙がこぼれます。


その頃、救助現場では活動終了命令が下されることに・・・。
しかし、宙はどうしても諦められません。

宙の熱意に、桜間1尉は捜索活動の続行を決断します。
捜索再開の指示を受けた大木班のメンバーらは、気合いを入れ直し捜索活動に励みます。

やがて辺りは暗くなり、暗闇の中での捜査が続けられますが、一向に手掛かりがありません。

すると、宙たちのもとに走って来る人物が!
馬場は任務に復帰したのです。
大木班は温かく迎え入れ、力を合わせ捜索に当たります。

実は、馬場のもとに八女3佐が訪れていました。
「絶望に直面した人の気持ちが分かる。今の馬場なら」と話す八女の言葉に、心動かされた馬場は被災地に駆けつけたのでした。

必死に捜索にあたる宙たちに、笛の音が聞こえる奇跡が起こります。
宙と馬場が笛の音の方へ近づくと、
土砂の中に埋もれたはるかを発見、無事救出することに成功!
その直後に両親も発見され、生存反応が確認されると、3人は救助ヘリで病院に運ばれていきました。

 

後日、宙と馬場は、はるかの見舞いに病院を訪れます。
するとそこには、芝山が待っていました。

芝山はニュースで宙たちの救助活動を目にしていました。
宙の死ぬ気で頑張る姿に心打たれた芝山は、もう一度オリンピックに挑戦すると宣言します。

その帰り道、馬場はトランペットを諦めないと決意を伝え、宙もまた「これからは逃げ回らないで、ラグビーをやってみる」と前向きな言葉を口にします。

駐屯地に帰って来た宙は、桜間1尉に呼び出されます。
彼女は夢がかない、アメリカの陸軍学校に留学することを伝え「あなたのおかげで、私も少し変われた気がする」と告げその場を去ろうとします。

「あんたのおかげで、俺・・・」と言いかけた宙に、いきなりかけ戻りキスをする桜間。
これが宙に対する彼女の答えでした。


後日、総合火力演習に臨むことになり、ガゼン張りきる大木班のメンバーたち。
そこに八女3佐が激励に訪れ、「もう一人前のテッパチだ」と満足そうに微笑むのでした。

宙は気合を入れ、新たな一歩を踏み出します!

おしまい。

 

テッパチ 最終回話の感想

前回、桜間は馬場が提出した退職願を手元に、彼が本当に自衛隊を辞めたいと思っているのか、突発的にそんな行動に出てしまったのか、見極めるために受理していなかったのは、ファインプレーでしたね。

すっかり、馬場が自衛隊を辞めてしまったと思っていたので、ちょっと安心しました。

どこまでいっても、馬場を見捨てずに信じて待っている宙の姿に、彼の信念を感じました~。

そこに至るまでの八女3佐の言葉の数々、そして馬場へのメッセージにもあった、「お前からも逃げない、俺はお前のバディだからな」という宙の言葉はとても感動的でした。

病院でリハビリをしている芝山を訪ねた帰りに、小学生の女の子「しらいはるか」ちゃんと出会ったシーンでは、最初、何でこのシーンがあるのかな?と思っていました。

でも、これって今回の重要な伏線ポイントだったんですね~。
後になって分かりました。宙がはるかちゃんにあげたネームタグと笛が、命運を分けることになるなんて!

ゲリラ豪雨の発生で土砂災害が起こってしまい、大木班も出動しますが、あんなひどい状態の現場を見ると、私だったら心が折れちゃいます。

捜索活動の場面がしっかりとられていて、見応えがありましたね~。
ついに、はるかちゃん、そしてご両親が発見された時にはホッとしました。

宙をはじめ、馬場や芝山が「諦めない」と決意する姿に、何だか元気をもらえます。

また、それを影で支える八女3佐や風間ら先輩たち。
とくに八女3佐の存在の大きさは凄いです!

最後に、とうとう桜間は自分の気持ちを態度であらわしましたね〜♡
いつかは・・・と思っていましたが、最後の最後でやってくれました!

ラストカットで宙が新しい第一歩を踏み出す姿は、この先の未来が明るくなるような、そんな感じを受けました。

 



テッパチ 最終回の感想・ツィッターの反応は?

フジテレビ水10ドラマ『テッパチ!』最終回の感想やTwitterの反応についてお伝えします。


まいやんの起用に関しては賛否両論ありましたが、最終回の結末で納得した感じですね〜。

自衛隊全面協力との前振りが大きかっただけに、少し物足りない感は否めませんが、自衛隊の活動を再認識できるドラマだったのではないでしょうか?

個性的な面々が勢ぞろいでしたが、私的にはやっぱり八女3佐の存在が大きかったですね〜!

本当にあんな上司がいるのか〜〜!?(笑)

何かと自衛隊のあるまじき行為が話題になっていますが、このドラマをきっかけに正すべきところはしっかりと見直されることを期待しています。

長い間、お付き合いいただきましてありがとうございました〜〜!


コメント

タイトルとURLをコピーしました