真犯人フラグ4話ネタバレ感想と考察〜凌介(西島秀俊)の記者会見は吉と出るか?

2021年のドラマ

ドラマ『真犯人フラグ』の第4話は、陵介(西島秀俊)が家族に生命保険をかけていたというデマが広がり、ふたたび勤務先へ抗議が殺到する!
陵介はこの騒ぎをおさめるために、身の潔白を説明しようと記者会見を開くのだが・・・。

この記事では第4話のネタバレ感想や犯人について考察していきたいと思います。



 

真犯人フラグ 4話のあらすじは?

日本テレビ系日曜ドラマ『真犯人フラグ』の4話のあらすじについては、番組のHPより引用してお伝えします。

真犯人フラグ 4話のあらすじ

陵介(西島秀俊)が真帆(宮沢りえ)の保険金の受取人になっていることがネットで拡散される。

しかも、生命保険の加入は失踪直前。

マスコミもこの情報をおい、光莉(原菜乃華)と篤斗(小林優仁)にも生命保険をかけていたというデマが広がり、真に受け止めた志乃生(丘みつ子)と三郎(浜田晃)に問い詰められる陵介。

警察の捜査により、光莉のスマホと真帆の指輪が発見された現場で犯人のものらしき足跡が見つかる。

阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)は光莉がストーカー被害にあっていたという情報から、彼女の学校付近で聞き込みをするが・・・。

陵介に関する陰謀論動画を作り続けるぷろびん(柄本時生)のYou Tubeチャンネルがガイドライン違反でBANされる。

復活を目論むぷろびんと町山(遼太郎)のもとに、何者かによる情報提供のメッセージが届き・・・!?

亀田運輸では苦情電話がますます増え、会社を辞めたいと言い出す社員も出てくる。

太田黒(正名僕蔵)から責任を問われる中、凌介は支社長に呼び出される。

大阪の本社にまで抗議が殺到し、会社的に大問題となっていた。

支社長は、記者会見で身の潔白を説明し、世間に誹謗中傷をやめてほしいと訴えるようにと凌介に告げる。

陵介は、瑞穂(芳根京子)と一緒に記者会見の練習をすることに。

瑞穂は「負けないでください」と陵介を励ますのだった。

そして、記者会見当日。会場には多くのマスコミが集まる。

生中継もされる中、陵介は報道陣からの質問に丁寧に答えていく。

しかし、記者からの陵介の不倫現場写真を突きつけられ・・・!?

 

 

ドラマ『真犯人フラグ』3話のおさらいはこちらからどうぞ〜!

真犯人フラグ3話ネタバレ感想と考察〜橘(佐野勇斗)に犯人予想フラグ!?
ドラマ『真犯人フラグ』の第3話は、失踪した事件に進展が・・・。 「真帆(宮沢りえ)たちは誘拐された」と断言する男が現れたのだ! 橘(佐野勇斗)と名乗るこの若い男とはいったい誰なのか・・・!? この記事では、第3話のネタバレ感想や犯...

 

 



真犯人フラグ 4話のネタバレ感想

凌介(西島秀俊)は記者会見に向けて瑞穂(芳根京子)の指導のもと練習を重ね、万全の体制で望んだ。

記者会見の途中では不倫現場の写真では?と新たな問題を記者から突きつけられますが、凌介の真摯な対応に、これまでの疑惑の全てがはらされたかのように思えたのですが・・・。

そして、ぶろびん(柄本時生)は新たな動画をアップする。それは、亀田運輸が冷凍遺体を運んだという事実を隠ぺいしたというものだった。

このことで事態は一変し、亀田運輸は大炎上し、凌介は出社停止を命じられる。

そんななか、朋子(桜井ユキ)が真帆(宮沢りえ)に作り方を教わったという、がめ煮をもってやってくる。

がめ煮の味に家族との思い出がよみがえり、思わず涙する凌介・・・。

凌介は一星(佐野勇斗)から呼び出され、「至上の時」で瑞穂、河村(田中哲司)らと会うことに。

一星は不倫現場として写真を投稿した人物と光莉(原菜乃華)のローファーが埋められていた情報を流した人物がいっしょであることをつきとめ、冷凍遺体の情報をぷろびんに提供した人物も同一なのではと話す。

 

その頃、朋子の家では息子・清明(桑名愛斗)が探し物をしていた。
朋子の部屋の押し入れを開け、何かをみて驚く清明!

背後にいた朋子は、押し入れを閉めて「しーっ」とまるで口止めをするかのようなしぐさをみせる。

 

凌介が帰宅して部屋の明かりをつけると、窓ガラスが割れ勢いよくサッカーボールが飛び込んできた。

それは見覚えのあるサッカーボールだった!

 

第5話につづく・・・。

 



いやぁ〜、次から次へと凌介の身にふりかかる難事件!?

不倫現場と思わせる写真に写っていたのは、家族が行方不明になった当日、凌介が「先生〜」と間違われて?抱きついてきた謎の女性、生駒ちゃんでしたねー。

生駒ちゃんが凌介や家族とどのような関係があるのかはまだわかりませんが、明らかに何かを知っているようですねぇ。

そして、凌介にかいがいしく食事の世話をする朋子にも、どうやら秘密があるようですね〜。

あの押し入れにはいったい何が隠されているのでしょうか!?

 

第4話の続きはこちらから〜〜!

真犯人フラグ5話ネタバレ感想と考察〜ぷろびん(柄本時生)のネタ元が黒幕?
ドラマ『真犯人フラグ』第5話は・・・。 ことごとく凌介(西島秀俊)の行動が裏目に出てしまい、ネットではぷろびん(柄本時生)が新たに動画を投稿!凌介の自作自演説が拡散していく。そんななか、瑞穂(芳根京子)は一星(佐野勇斗)から「同盟を組みた...

真犯人フラグ 4話の真犯人を考察!

送られてきた冷凍遺体や新居現場に埋められた光莉のローファー、生命保険疑惑。それに不倫現場と思わせる写真はいずれにしても同じ人物が情報提供をしているようですね。

しかも、包丁を研いでいる不気味な姿の女性や謎の女性・生駒ちゃんもかなり怪しげだし、これらの事件には複数の女性の影がチラついていますよね〜。犯人は複数いる?

そして、この事件を操っている黒幕がいると考察します!
よほど凌介にうらみをもつ者の犯行なのか?

妻の宮沢りえさんも関わっているような感じも否定できませんね〜。

ちなみにドラマ『真犯人フラグ』の番組HPで、一番怪しいのは誰?#みんなの真犯人フラグに投票された今週のランキングは・・・?

1位は・・・橘一星(佐野勇斗)
2位は・・・二宮瑞穂(芳根京子)
3位は・・・相良真帆(宮沢りえ)

あいかわらず、佐野勇斗さんが1位のようですね〜!
そして芳根京子さんが宮沢りえさんを抜いて2位に浮上しましたよ〜〜!

 

それではまた、来週をお楽しみに〜‼︎

 

 

 



 

ドラマ『真犯人フラグ』の原作・脚本・キャスト・主題歌についてはこちらにまとめていますのでどうぞご覧ください。

真犯人フラグは漫画?小説?原作、脚本、あらすじ、キャスト・相関図まとめ
2021年10月から放送予定の日本テレビ系・新日曜ドラマ『真犯人フラグ』。 主演は、西島秀俊さん。共演に宮沢りえさんと芳根京子さんらが出演するとあって話題となっていますよね〜!このドラマの原作はマンガや小説なのでしょうか? この記事では...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました