真犯人フラグ1話ネタバレ感想と考察〜犯人は真帆(宮沢りえ)なのか?

2021年のドラマ

ドラマ『真犯人フラグ』の第1話は、誰もがうらやむ幸せな家族・相良家。
ある日のこと、この家の主人・相良凌介(西島秀俊)が帰宅すると、妻(宮沢りえ)と子供たちがこつぜんと姿を消した。3人は事件に巻き込まれたのか?それとも妻たちの自作自演なのか・・・!?

この記事では、第1話のネタバレ感想や犯人について考察していきたいと思います。

真犯人フラグ 1話のあらすじは?

日本テレビ系日曜ドラマ『真犯人フラグ』の1話は、2021年10月10日(日)夜10時30分から放送の予定です。1話のあらすじについては、番組のHPより引用してお伝えします。

真犯人フラグ 1話のあらすじ

中堅の運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部に勤務する相良凌介(西島秀俊)は、妻の真帆(宮沢りえ)、高校2年生の娘・光莉(原菜乃華)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)の4人家族。一家は団地住まいだが、建設中のマイホームの完成を心待ちにしていた。

ある雨の日、凌介の部署に配達中のトラックが事故に遭ったという連絡が入る。このままでは配達がとどこおってしまうため、凌介は事後処理に追われるものの、部下の瑞穂(芳根京子)のサポートでことなきをえる。

その晩、凌介が帰宅すると、家に誰もいなかった。真帆と光莉の携帯に連絡しても、つながらない。3人で映画にでも行ったのか・・・?

凌介は、大学時代の友人・河村(田中哲司)からの誘いを思い出す。凌介たちと同じサークルだった日野(迫田孝也)が店を出したので、開店祝いでサークル仲間が集まることになっていたのだ。涼介は、日野の店へ向かう。

涼介が店に着くと、すでに他の友人たちは帰った後で日野が片付けをしていた。学生時代に戻った気分になり、はしゃぐ凌介と日野。日野はおどける凌介と写真を撮る。そこに河合も合流。河合は今、最も売れている週刊誌「週刊追求」の編集長。

3人で楽しく飲み、深夜に帰宅した凌介は異変に気付く。真帆たちは、まだ帰っていない。すぐさま真帆の母・志乃生(丘みつ子)に連絡するが、3人は実家にも行っていなかった。

夜が明けても、真帆たちは帰ってこない。真帆が出かける前に炊飯器のタイマーをかけていったらしく、前日の夜にご飯が炊けていたと気づく凌介。帰って夕飯を用意するはずだったのだ・・・!

凌介は警察に届け出る。しかし、家出の可能性もあり緊急性が認められないといわれてしまう。凌介は真帆のパート先や光莉と篤斗の学校をたずねて周囲の人々に話を聞いてまわるものの、手がかりはつかめない。

こまり果てた凌介は、川村に相談。事件性を感じた河村は「記事にすれば注目されて警察も動くかも」と、週刊追求で記事にすることを提案。とまどいつつも、凌介はその提案に乗る。

河村の手腕で、真帆たちの失踪は事件として注目され、凌介に同情の声があつまる。しかし、あるSNSの投稿をキッカケに、凌介は”悲劇の夫”から一転、”疑惑の夫”へ・・・!

愛する家族を取りもどすため、”真犯人” と ”世間の目” との戦いが始まる・・・!!

西島秀俊さんと宮沢りえさんが夫婦役で出演するとあって、しかも宮沢さんが連続ドラマに出演するのは実に17年ぶりだそうでとても楽しみにしていました。

ですが、宮沢さん演じる妻・真帆は子供たちとともに、1話からすぐにこつぜんと姿を消してしまうようですね〜。2話以降は、何か重要な場面で回想のような形で出演することになるのでしょうか?

このドラマ『真犯人フラグ』は、企画・原案を手がけた秋元康さんと、ドラマ『あなたの番です』の制作スタッフが集結して作られる完全オリジナルの新作ミステリーです。

あな番では、まさか主演の原田知世さんが第1章のラストで殺されてしまうという驚きの結末で、第2章へと続いていきましたよね〜。

このドラマも2クールでの放送なので、あっと驚くような展開が待っているのかもしれませんね。
そして、今回もまた、犯人を考察して楽しむ視聴者がふえそうですね!!



 

真犯人フラグ 1話のネタバレ感想!

妻子と連絡が取れなくなって3日がたち、夫の凌介(西島秀俊)は、大学時代の友人で週刊追求の編集長・河村敏夫(田中哲司)からの提案を受け、このことを記事にしてネットに流し家族を探すことに。

案の定、SNSで大きな反響をよび、凌介に同情が集まったことで警察もやむなく事情を確認するため凌介の元を訪れる。

ところが、妻子が行方不明になった夜、大学時代の仲間・日野渉(迫田孝也)がはじめた店の開店祝いに訪れた際、ふざけて撮られた凌介の写真がネットにアップされると、話は一転する。
家族が突然姿を消したという “悲劇の夫”から “犯人は夫なのでは?” と疑惑の目を向けられることに。

そんな矢先、残業で会社にいた凌介の元に大きな段ボールの荷物が届く。
差出人は「相良凌介」、自分の名前が書いてある。

不審に思った凌介は、部下の二宮瑞穂(芳根京子)と箱の中身を確認することに・・・
すると、箱の中には氷が箱いっぱいに敷きつめられ、息子のもと思われる片腕のようなものが!!

2話に続く・・・



 

いやぁ、初回から衝撃のラストでしたね〜。

まるで、「あな番」を思わせるような展開にゾクゾクっとしました!

でも、あの腕はホンモノなのでしょうか?
次週の放送で明らかになるのでしょうが、しょっぱなから家族を殺されてしまっては凌介はどうなってしまうのか?心配です。

誰もがうらやむ幸せいっぱいの家族。人から恨みをかうようには思えませんでしたが、自分に身に覚えはなくても逆恨みってことも考えられますしね・・・

それにしても、原作者の秋元康さん。
息子の片腕を送りつけるなんて、
怖すぎ!残忍すぎますよ!(笑)

 

第2話の続きはこちらから〜〜!

真犯人フラグ2話ネタバレ感想と考察〜悲劇の夫から疑惑の夫へ!〜
ドラマ『真犯人フラグ』の第2話は、家族がとつぜん行方不明になり、凌介(西島秀俊)には世間から同情の声が集まりますが、YouTubeぷろびん(柄本時生)が投稿した動画によって、陵介は、”悲劇の夫”から一転、”疑惑の夫”へと真犯人のフラグが立て...

 

 

真犯人フラグ 1話の犯人を考察!

このドラマがはじまる前から、考察ミステリーということだったので、初回から登場人物をガン見しちゃいました〜(笑)

新居の建設予定地でとられた家族の記念写真になぜかハウスメーカーの担当者・林洋一(深水元基)がいっしょに写っているのも気になったし、その写真をとった時の妻・真帆(宮沢りえ)のようすもちょっと変だったような・・・

しかも、そこに通りかかった猫おばさん(平田敦子)の「何も起こらないといいけど」みたいな発言はどういうこと?まわりはごく普通の家が立ち並ぶ住宅街のようだけど、この土地に何かヒミツがあるのかもしれませんね。

凌介の会社の社員たちの中にも、幸せそうな凌介にしっとしている者もいるかもしれないし、部下の二宮瑞穂(芳根京子)もいい人のフリをしているだけかもしれない・・・。

息子のサッカー教室のコーチ・山田元哉(柿澤優人)も怪しそうだし、凌介を「先生〜」と間違えて?抱きついてきた謎の女・元木陽香(生駒里奈)も怪しい・・・。

疑えばキリがないけど、このドラマは2クール放送(6ヶ月間)なので、これから登場人物も増えて行くし、まだまだ先は長い・・・。

なので、ハッキリ言って犯人はまだわかりませ〜ん!(笑)

 

 



 

真犯人フラグ 1話のまとめ

いよいよ話題のドラマ『真犯人フラグ』がスタートしましたね〜。

主演の西島秀俊さんと民放連続ドラマに実に17年ぶりの出演となる宮沢りえさんとの夫婦役も、とても楽しみにしていましたが、妻役の宮沢りえさんは早くも1話で姿を消してしまいましたね〜。

予想通りではありますが、今後は回想シーンなどで出演することになりそうですね。
個人的にはちょっとザンネンです〜!

息子の片腕らしきものが届くという衝撃のラストは、まるで『あなたの番です』『漂着者』を思わせるような展開で、まさに原作者の秋元康さんのお得意のパターンでしたね!



ドラマ『真犯人フラグ』の原作・脚本・キャスト・主題歌についてはこちらにまとめていますのでどうぞご覧ください。

 

真犯人フラグは漫画?小説?原作、脚本、あらすじ、キャスト・相関図まとめ
2021年10月から放送予定の日本テレビ系・新日曜ドラマ『真犯人フラグ』。 主演は、西島秀俊さん。共演に宮沢りえさんと芳根京子さんらが出演するとあって話題となっていますよね〜!このドラマの原作はマンガや小説なのでしょうか? この記事では...

ドラマ『真犯人フラグ』の脚本を手がけた脚本家・高野水登(たかの みずと)さんについては、こちらに詳しくまとめていますので、どうぞご覧ください。

高野水登あなたの番です脚本家の経歴wiki調査!ドラマ作品を紹介!
日本テレビで放送され大ヒットしたドラマ『あなたの番です』の脚本を担当した高野水登さんをご存知でしょうか?この秋にスタートする新ドラマ『真犯人フラグ』で脚本を手がけ注目されていますが、高野水登さんとはいったいどのような方なのでしょうか? ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました